建比良鳥命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
建比良鳥命

神祇 天津神
全名 建比良鳥命
別名 武夷鳥命、天夷鳥命、天日照命
神格
天之菩卑能命
出雲建子命または伊佐我命
神社 鷲宮神社
アマテラスとスサノヲの誓約(古事記に基づく) SVGで表示(対応ブラウザのみ)

建比良鳥命(たけひらとりのみこと)は、日本神話に登場する

概要[編集]

古事記』では建比良鳥命、『日本書紀』では武三熊之大人武日照命(たけひなてるのみこと)・武夷鳥命天夷鳥命(あめのひなどりのみこと)と表記され、天日照命(あめのひなでりのみこと)とも称される。これらの異名・異称の同定は出雲国造家として出雲神社の祭祀を受け継いだ千家家が伝える系譜書『出雲国造伝統略』に拠っている。

建比良鳥命の「建」は「勇猛な」、「比良」は、「縁(へり)」と同源であり、物の端・隣との境界の意と解し、名義は「勇猛な、異郷への境界を飛ぶ鳥」と考えられる。「黄泉比良坂」の「比良」も、黄泉国現し国との境界を指し、「山城の幣羅坂」の「幣羅」も村の境界、奥津甲斐弁羅神の「弁羅」も海と陸地の境界である。また鳥取神鳥鳴海神布忍富鳥鳴海神同様、島が人間の霊魂を異郷に運ぶという信仰に基づき、名義の「異郷への境界」は出雲国との境界と考えられる[1]

また別名の天夷鳥命の名義は「高天原から 夷(鄙・ひな=出雲国)へ飛び下った鳥」の意であるから、建比良鳥命と同一の神格と考えられる[2]

神話での記述[編集]

『古事記』では天照大御神と須佐之男命の誓約の段で、天之菩卑能命の子が建比良鳥命であり、出雲国造・无邪志国造上菟上国造下菟上国造伊自牟国造津島県直遠江国造等の祖神であると記されている。

天菩比命之子、建比良鳥命 【此出雲國造无耶志國造上菟上國造下菟上國造伊自牟國造津嶋縣直遠江國造等之祖也】

『日本書紀』では、崇神天皇60年7月、天皇が「武日照命(武夷鳥命とも天夷鳥命ともいう)が天から持って来た神宝出雲大社に納められているから、それを見たい」と言って献上させ、その結果出雲氏に内紛が起き、当時の当主の出雲振根が誅殺されたと記されている。

日本文徳天皇実録』に天安二年三月二十二日条に「在河内國天夷鳥命神授従五位下」とあり、現在の道明寺天満宮にられる天夷鳥命に従五位下が授けられたと考えられる

《崇神天皇六〇年(癸未前三八)七月己酉(十四)》六十年秋七月丙申朔己酉。詔群臣曰。武日照命。〈 一云。武夷鳥。又云。天夷鳥。 〉従天将来神宝。蔵于出雲大神宮。是欲見焉。則遣矢田部造遠祖武諸隅、〈 一書云。一名大母隅也。 〉而使献。当是時。出雲臣之遠祖出雲振根主于神宝。是徃筑紫国而不遇矣。其弟飯入根則被皇命。以神宝、付弟甘美韓日狭与子〓濡渟而貢上。既而出雲振根従筑紫還来之。聞神宝献于朝廷。責其弟飯入根曰。数日当待。何恐之乎。輙許神宝。是以既経年月。猶懐恨忿、有殺弟之志。仍欺弟曰。頃者於止屋淵多生〓。願共行欲見。則随兄而往之。先是。兄窃作木刀。形似真刀。当時自佩之。弟佩真刀。共到淵頭。兄謂弟曰。淵水清冷。願欲共游沐。弟従兄言。各解佩刀、置淵辺。沐於水中。乃兄先上陸。取弟真刀自佩。後弟驚而取兄木刀。共相撃矣。弟不得抜木刀。兄撃弟飯入根而殺之。故時人歌之曰。

椰句毛多菟 伊頭毛多鶏流餓 波鶏流多知 菟頭邏佐波磨枳 佐微那辞珥 阿波礼[3]
於是甘美韓日狭。〓濡渟。参向朝廷、曲奏其状。則遣吉備津彦与武渟河別。以誅出雲振根。故出雲臣等畏是事。不祭大神而有間。時丹波氷上人。名氷香戸辺。啓于皇太子活目尊曰。己子有小児。而自然言之。 玉〓鎮石。出雲人祭。真種之甘美鏡。押羽振。甘美御神、底宝御宝主。山河之水泳御魂。静挂甘美御神、底宝御宝主也。〈 〓。此云毛。 〉 是非似小児之言。若有託言乎。於是。皇太子奏于天皇。則勅之使祭。

— 巻第十四「崇神紀」

出雲国造神賀詞』には、「天夷鳥命に布都怒志命を副へて天降し」という一節がある。

系譜[編集]

天照大御神の子天之菩卑能命の子で、子に伊佐我命と出雲建子命がいる。

祀る神社[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 新潮日本古典集成 古事記
  2. ^ 新潮日本古典集成 古事記
  3. ^ やくもたつ いづもたけるが はけるたち つづらさはまき さみなしに あはれ (日本書紀歌謡020)

関連項目[編集]