豊島郡 (武蔵国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京府豊島郡の範囲(桃:後に東京市に編入された区域)

豊島郡(としまぐん)は、武蔵国および東京府にあった近世以降の郡域は、概ね東京都千代田区中央区港区台東区文京区新宿区渋谷区豊島区荒川区北区板橋区および練馬区の大部分(大泉町・西大泉・西大泉町・南大泉・大泉学園町を除く)の区域にあたるが、行政区域として画定されたものではない。

郡域[編集]

古代の郡域は、おおよそ現在の白子川新河岸川隅田川日本橋川神田川に囲まれる領域と考えられている。和名抄には日頭、占方、荒墓、湯島、広岡、余戸、駅家の7がある。湯島を除けば現在の地名への比定は容易ではないが、以下の様な説がある。

日頭(ひのと)
文京区小日向を遺称地とする説がある。
占方(うらかた)
浦方とみて海浜部とする説、万葉集(巻14-3374)「武蔵野に占部肩焼き…」との関連を指摘する説、武蔵国国分寺瓦に基づき「白方」の誤りとする説がある。
荒墓(あらはか)
好字に改称されたとして文京区大塚とする説、郷の配置から練馬区石神井あたりとする説がある。
湯島(ゆしま)
文京区湯島を遺称地とする。
広岡(ひろおか)
中山道板橋宿のうち平尾宿(現・板橋3丁目)を遺称地とする説がある。続日本紀(宝亀11年5月11日条)に新羅郡の沙良真熊らに広岡造を賜姓した記事があり、新座郡と隣接していたことが指摘される。なお渋谷区広尾は明らかに荏原郡に入るため遺称地と考えがたい。
余戸(あまるべ)
新宿区淀橋を遺称地とする説がある。
駅家(うまや)
郡衙とされる北区西ヶ原の近辺に比定される。

郡衙跡は、現在の東京都北区滝野川公園内の御殿前遺跡であるとされる。

なお、古代までは港区および千代田区の南西部(麹町地区)は荏原郡にあり、中世に江戸氏が開発を行ったことで、荏原郡の北端が豊島郡に属することになったと考えられている。逆に墨田区の牛島、江東区の永代島などは近世に葛飾郡となるまでは豊島郡に属していたとされる。

歴史[編集]

近世以降の沿革[編集]

所属町村の変遷は北豊島郡#郡発足までの沿革南豊島郡#郡発足までの沿革をそれぞれ参照

脚注[編集]

  1. ^ 村数の数え方には諸説あり、「角川日本地名大辞典」の記述では「旧高旧領取調帳」では148村、4万8,738石とある。町地の在方分も村数に含まれていると思われる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1878年
次代:
北豊島郡南豊島郡