芝丸山古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
芝丸山古墳
Shiba-maruyama-kofun zenkei.JPG
全景(左が前方部、右が後円部)
所在地 東京都港区芝公園4-8
位置 北緯35度39分16.65秒
東経139度44分53.07秒
形状 前方後円墳
規模 墳丘長125m(案内板では106m)
築造時期 5世紀
史跡 東京都指定史跡「芝丸山古墳」
テンプレートを表示

芝丸山古墳(しばまるやまこふん)は、東京都港区芝公園にある前方後円墳。東京都指定史跡に指定されている。

概要[編集]

築造は5世紀中頃過ぎ(4世紀後半との説もある)とみられ、墳丘長125メートル(案内板では106メートル前後)という都内では最大級の規模である。江戸時代には後円部頂が崩され、広場になっていたとみられている。

1892年明治25年)、3年間の欧州留学を終えた自然人類学者坪井正五郎日本へ帰国する船上、故郷風景を思い浮かべていると芝公園内にある丸山の高さに不自然さを感じた。翌年の1893年明治26年)に坪井が調査をしたところ埴輪や須恵器などの遺物を発見した。しかし遺構らしいものは確認できず、発見された遺物も周囲の小型円墳由来である可能性も否定できなかった。

1979年(昭和54年)3月31日に東京都指定史跡に指定された。

規模[編集]

  • 墳丘長:125メートル(案内板では106メートル前後)
  • 前方部前端幅:約40メートル
  • 後円部直径:約64メートル
  • くびれ部幅:約22メートル
全景(左手前が前方部、右奥が後円部)

関連項目[編集]