柴田常恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

柴田 常恵(しばた じょうえ、1877年7月18日 - 1954年12月1日[1])は明治から昭和にかけての日本の考古学者。

生涯[編集]

愛知県春日井郡大曽根村(現・名古屋市東区)の浄土真宗・瑞忍寺の住職の三男として生まれる[2]1897年に上京し、苦学しながら私立真宗東京中学高等科に入り、さらに私立郁文館中学内の史学館で歴史学を勉強した[3]。この頃、坪井正五郎の講演を聴き、考古学に興味を持ったという。1902年東京帝国大学雇となり、理学部人類学教室に勤務し、1906年には理科大学助手[4]となった。坪井を助け、『東京人類学雑誌』の編輯にあたり、各地の遺跡・遺物の調査に従事した[3]

1919年に史跡名勝天然紀念物法が公布され、内務省が所轄することになった時に、その翌年から嘱託に任命され、考査員[5]という役職で関与することになる。その後、慶應義塾大学の講師となり、1937年には日吉加瀬白山古墳、日吉矢上古墳の発掘調査などに関係した[6]。1950年より文化財専門審議会委員を務める。1954年12月1日、脳溢血のため死去[2]。77歳没。

業績[編集]

柴田の研究分野は多岐にわたるが、特に歴史考古学にあったと言える[7]。寺院出身であり仏教上の教理・教典に明るく、仏教考古学は得意な領域であった。1929年には埼玉郷土会を設け、『埼玉史談』という雑誌を刊行しその顧問となった。大場磐雄は柴田の業績を評して「全体に地味で学会を驚かしたという論著は少ない」が、大正末年頃から指導を受け、学問の師として尊敬の念に変わりはない、と書き残している[7]

編著[編集]

参考文献[編集]

  • 署名なし「柴田常惠氏の訃」、『史学』第28巻第1号、慶應義塾大学、1955年、 131頁、 NAID 120003534981

脚注[編集]

  1. ^ 署名なし 1955
  2. ^ a b 田中秀典「柴田常恵資料の整理・保存作業」
  3. ^ a b 斎藤忠 『考古学史の人びと』 第一書房、1985年、305p。
  4. ^ 文部大臣官房秘書課『文部省職員録 大正5年11月1日調』文部省、1916年、p.103
  5. ^ 『職員録 大正9年』内閣印刷局、1923年、p.65
  6. ^ 斎藤忠 『考古学史の人びと』 第一書房、1985年、307p。
  7. ^ a b 斎藤忠 『考古学史の人びと』 第一書房、1985年、308p。