千葉国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
千葉国造
No image available.svg
本姓 大私部氏
家祖 武多乃直
種別 神別天孫
出身地 伊勢国
主な根拠地 千葉国
(のちの下総国
著名な人物 #人物を参照
支流、分家 大伴氏
凡例 / Category:日本の氏族

千葉国造(ちはのくにみやつこ・ちはこくぞう)は、千葉国を支配した国造

概要[編集]

祖先[編集]

氏族[編集]

大私部氏(おおきさいべうじ、)で、同族に大伴氏がいる。上海上国造下海上国造と同族。

大私部氏は、『新撰姓氏録』右京皇別下には「大私部、開化天皇の皇子、彦坐命の後なり。」とあり、飯田武郷が「私字をキサイとよめる由は、『漢書』の張放伝に大官私官とある下の服虔が註に、私官は皇后の官と見え、また『後漢書』百官志に、中宮私府令一人とも見えたり。私字を后の称に用たる、漢国の例に拠りたる書さまとぞ見えたる。かくて私部をキサイベと唱うは、中昔よりの音便にして、雅しくはキサキベと唱うべきなり。(中略)敏達天皇よりも前の御世に、后の奉為に定置れたりし部に大私部の氏を賜いたりしなるべく、敏達天皇の御世に置かれたる私部はそれとは別なるべし。」と述べたように[2]、6世紀以前に太后の為に設けられた伴部として伝えられ、その性格は私部御名代部御子代部日祀部などと同じく、皇室直轄の部民であった[3][4]

概要[編集]

千葉国造が置かれた時期は、『記紀』にも『先代旧事本紀』「国造本紀」にも記載されず、『日本後紀』延暦24年(805年)癸卯条や、翌大同元年(806年)癸巳条に「千葉国造大私部直善人」の名前が見えるのみである。これによれば、大私部直善人が外従五位下を賜ったのは平安時代初期のことで、大化改新が行われてから161年にもなるから、国造の制度は既に廃止されている。そして全国には中央から国司が派遣され、土着の豪族の多くは郡司以下に任ぜられ、堂々たる律令国家となっていて、既に中央集権的国家体制は確立していた。そこで千葉国造は、「『先代旧事本紀』「国造本紀」の成立過程には存在せず、律令制施行以後に任命されたいわゆる律令国造である」とする見解と、「改新前の千葉国造が、改新以後もそのまま国造の称号を公許され、その家柄にふさわしい直の姓を継承したと」する見解に分かれる[3][4]

前者の見解によれば、改新前の房総は総の国と呼ばれ、その北半部には、印旛沼周辺に本拠を置く印波国造と、現利根川下流一帯に君臨する下海上国造とがあったが、改新後の地方行政区画によって下総国となり、印波国造の領土は、後に『延喜式』や『和名抄』などに記録される印旛郡埴生郡千葉郡葛飾郡相馬郡猿島郡結城郡岡田郡の8郡に分けられ、下海上国造の領土は、海上郡匝瑳郡香取郡の3郡となった。そして印波国造の後裔は印旛郡の郡司に、下海上国造の後裔は海上郡の郡司に任ぜられ、新設の千葉郡からは千葉国造が選任されたとする。『続日本紀天応元年(781年)条に「下総国印旛郡大領外正六位上丈部直牛養」、『万葉集』巻二〇に「印波郡丈部直大麻呂」とあり、『日本三代実録仁和元年(885年)3月19日の条に、「下総国海上郡大領外正六位上海上国造他田日奉直春岳」、『万葉集』巻二〇に「海上郡海上国造他田日奉直得大理」の名が見えるのは、このような家柄の人々であると考えられる[3][4]

しかしながら、大化前代の国造の称号は、前述の「海上国造他田日奉直春岳」、「海上国造他田日奉直得大理」や『続日本紀神亀元年正月条の「出雲国造外従七位下出雲臣広嶋」・天平14年4月条の「伊豆国造日下部直益人」などのように、国造制が廃止された後も、神事祭祀を主宰する旧国造の家柄に対して、姓と共に賜わったと見るのが妥当であるから、大化前代に千葉国造が存在していたことが可能となり、印波、下海上両国造の任命が応神天皇朝にあることなどから、千葉国造のそれも右と大体同時代にあるものとすることができる。即ち、この頃になって、房総北半部の有力氏族が続々大和朝廷の勢力下に服属し、それらのうちの最有力な首長が国造に任ぜられたと考えられる[3][4]。そのため、千葉国造が改めてヤマト王権に屈服したのは、印波、上海上の国造(6世紀後半)や伊甚国造(6世紀前半)と同じく、敏達天皇の時代を大きく遡らない時代であったと考えられる[3][4]

本拠[編集]

支配領域[編集]

国造の支配領域は千葉国と呼ばれた地域、後の下総国千葉郡、現在の千葉県千葉市に相当する。

先代旧事本紀』「国造本紀」に記載はないが、後の『日本後紀延暦24年(805年)10月8日条には、千葉国造大私部直善人従五位下を授けるとあり、翌大同元年(806年)1月28日条では下総国大掾に任じられている。『日本後紀』の他には千葉国造の名は見らないが、『諸系譜』第一冊所収の系図では上海上国造五十狭茅宿禰の子・武多乃直が応神朝に国造に任命されたとされる。

系図には五十狭茅宿禰の子の代で上海上国造、下海上国造、千葉国造の三国に分離しているため、五十狭茅宿禰が香坂王忍熊王の反乱に加担して敗北し、それによって応神朝に分割されたと見る説がある[5]

千葉の名の由来としては、「多くの葉が繁茂する」の意で、たくさんの草木が生い茂る原野だったからとも、土地の繁栄を願ったからとも説かれる。

人物[編集]

氏神[編集]

不明。

関連神社[編集]

系譜[編集]

天照大御神
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天忍穂耳命
皇室多臣、阿多隼人等祖)
天之菩卑能命
(侫媚於大己貴神
天津日子根命
山背国造凡河内国造三上氏等祖)
 
 
建比良鳥命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
出雲建子命
櫛玉命、伊勢津彦)
伊佐我命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
神狭命
(諸忍毘古命)
美志印命
神武朝定賜素賀国造
津狡命彦建忍雄心命
(神武朝近江国馬見丘、近江国出雲臣祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
身狭耳命櫛瓺前命出雲色多利姫
物部連彦湯支命妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
五十根彦命櫛月命沙麻奈姫
大神君健飯勝命妻)
 
 
 
 
天速古命櫛瓺鳥海命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美都呂岐命櫛田命
出雲国造、筑紫出雲臣、土師連、品治部臣、財部臣、日下部臣、日置部臣、物部臣等祖)
出雲久志祢命
(宍道直祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忍立毛多比命比奈良珠命
崇神朝新治国造祖、成務朝定賜国造)
比古曽乃凝命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兄多毛比命
(大多毛比、成務朝定賜无邪志国造
弟武彦命
(同朝定賜相武国造
忍立毛比命
(同朝定賜上海上国造
建御狭日命
(同朝定賜高国造伊甚国造阿波国造、岩城直、大伴直等祖)
息長命
景行朝供奉、針間国賀茂郡山直祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
荒田比宿禰大鹿国直
(成務朝定賜菊麻国造
五十狭茅宿禰
稚桜宮朝征韓供奉、為活田大神神主)
兄狭日直由加来直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宇志足尼弟媛
仲哀天皇妃)
稲庭直彦狭知直
(諸手直、為活田大神祝部)
黒倍直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長止古直
(上海上国造、檜前舎人直、刑部直等祖)
久都伎直
応神朝定賜下海上国造
武多乃直
(同朝定賜千葉国造、大妃部直、大伴直等祖)
阿米息嶋

脚注[編集]

  1. ^ 中田憲信「東国諸国造系図」『諸系譜』第一冊。
  2. ^ 飯田武郷『日本書紀通釈』(1899年)
  3. ^ a b c d e 千葉市史編纂会議『千葉市史』(千葉市、1974年)
  4. ^ a b c d e https://trc-adeac.trc.co.jp/WJ11E0/WJJS06U/1210015200/1210015200100010/ht002370
  5. ^ 宝賀寿男「第二章 越と阿倍氏族」『越と出雲の夜明け』法令出版、2008年。
  6. ^ 宝賀寿男鈴木真年の別名での系図研究業績」『古樹紀之房間』、2016年。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]