千葉国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千葉国造
No image available.svg
本姓 大私部氏
家祖 武多乃直
種別 神別天孫
出身地 伊勢国
主な根拠地 千葉国
(のちの下総国
著名な人物 #人物を参照
支流、分家 大伴氏
凡例 / Category:日本の氏族

千葉国造(ちはのくにみやつこ・ちはこくぞう)は、千葉国を支配した国造

概要[編集]

祖先[編集]

氏族[編集]

大私部氏(おおきさいべうじ、)で、同族に大伴氏がいる。上海上国造下海上国造と同族。

本拠[編集]

支配領域[編集]

国造の支配領域は千葉国と呼ばれた地域、後の下総国千葉郡、現在の千葉県千葉市に相当する。

先代旧事本紀』「国造本紀」に記載はないが、後の『日本後紀延暦24年(805年)10月8日条には、千葉国造大私部直善人従五位下を授けるとあり、翌大同元年(806年)1月28日条では下総国大掾に任じられている。『日本後紀』の他には千葉国造の名は見らないが、『諸系譜』第一冊所収の系図では上海上国造五十狭茅宿禰の子・武多乃直が応神朝に国造に任命されたとされる。

系図には五十狭茅宿禰の子の代で上海上国造、下海上国造、千葉国造の三国に分離しているため、五十狭茅宿禰が香坂王忍熊王の反乱に加担して敗北し、それによって応神朝に分割されたと見る説がある[2]

千葉の名の由来としては、「多くの葉が繁茂する」の意で、たくさんの草木が生い茂る原野だったからとも、土地の繁栄を願ったからとも説かれる。

人物[編集]

氏神[編集]

不明。

関連神社[編集]

系譜[編集]

天照大御神
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天忍穂耳命
皇室多臣、阿多隼人等祖)
天之菩卑能命
(侫媚於大己貴神
天津日子根命
山背国造凡河内国造三上氏等祖)
 
 
建比良鳥命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
出雲建子命
櫛玉命、伊勢津彦)
伊佐我命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
神狭命
(諸忍毘古命)
美志印命
神武朝定賜素賀国造
津狡命彦建忍雄心命
(神武朝近江国馬見丘、近江国出雲臣祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
身狭耳命櫛瓺前命出雲色多利姫
物部連彦湯支命妻)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
五十根彦命櫛月命沙麻奈姫
大神君健飯勝命妻)
 
 
 
 
天速古命櫛瓺鳥海命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
美都呂岐命櫛田命
出雲国造、筑紫出雲臣、土師連、品治部臣、財部臣、日下部臣、日置部臣、物部臣等祖)
出雲久志祢命
(宍道直祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忍立毛多比命比奈良珠命
崇神朝新治国造祖、成務朝定賜国造)
比古曽乃凝命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
兄多毛比命
(大多毛比、成務朝定賜无邪志国造
弟武彦命
(同朝定賜相武国造
忍立毛比命
(同朝定賜上海上国造
建御狭日命
(同朝定賜高国造伊甚国造阿波国造、岩城直、大伴直等祖)
息長命
景行朝供奉、針間国賀茂郡山直祖)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
荒田比宿禰大鹿国直
(成務朝定賜菊麻国造
五十狭茅宿禰
稚桜宮朝征韓供奉、為活田大神神主)
兄狭日直由加来直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宇志足尼弟媛
仲哀天皇妃)
稲庭直彦狭知直
(諸手直、為活田大神祝部)
黒倍直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長止古直
(上海上国造、檜前舎人直、刑部直等祖)
久都伎直
応神朝定賜下海上国造
武多乃直
(同朝定賜千葉国造、大妃部直、大伴直等祖)
阿米息嶋

脚注[編集]

  1. ^ 中田憲信「東国諸国造系図」『諸系譜』第一冊。
  2. ^ 宝賀寿男「第二章 越と阿倍氏族」『越と出雲の夜明け』法令出版、2008年。
  3. ^ 宝賀寿男鈴木真年の別名での系図研究業績」『古樹紀之房間』、2016年。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]