笠原使主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
笠原使主
時代 古墳時代
生誕 不明
死没 不明
墓所 不明(埼玉古墳群内の可能性あり)
官位 武蔵国造
主君 安閑天皇
氏族 笠原氏
父母 父:波留古[1]
母:不詳
兄弟 使主檜前舎人和爾古[1]久良売[1]
物部兄麻呂[1](笠原)倉見[1]
テンプレートを表示

笠原 使主(かさはら の おみ、おぬし[2])は、古墳時代豪族武蔵国造)。笠原氏)を初めて名乗った[1]ので、本拠は武蔵国埼玉郡笠原郷(現・埼玉県鴻巣市笠原)だったと思われる。武蔵国造の乱の勝者として知られる。


武蔵国造の乱[編集]

使主は同族(系図[1]によればいとこ)の小杵国造の地位を長年争っており、安閑天皇元年(534年?)12月に小杵は密かに上毛野小熊)にたすけを求めて使主を謀殺しようとした。気づいてにげ出た使主が朝廷に助力を求めると、朝廷は使主を国造として小杵を誅したので、それを受けて使主は国家の為に横渟橘花多氷倉樔の4処の屯倉を置いた。この一連の事件は武蔵国造の乱と呼ばれる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 日本書紀
  • 『古代豪族系図集覧』近藤敏喬東京堂出版、1993年、312頁。ISBN 4-490-20225-3
  • 東京都中野区中野区史. 上巻東京都中野区、1943年、112頁。2018年6月24日閲覧。リンクは国立国会図書館デジタルコレクション、100コマ目。

外部リンク[編集]