北野天神社 (所沢市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
物部天神社・国渭地祇神社・天満天神社
Kitanotenjinsha-saitama-2012.jpg
所在地 埼玉県所沢市小手指元町3-28-29
位置 北緯35度47分21.32秒
東経139度25分43.16秒
座標: 北緯35度47分21.32秒 東経139度25分43.16秒
主祭神 櫛玉饒速日命
八千矛命
菅原道真
社格 県社
創建 不明
別名 北野天神社(総称)
例祭 3月21日(春の例大祭)
地図
物部天神社・国渭地祇神社・天満天神社の位置(埼玉県内)
物部天神社・国渭地祇神社・天満天神社
物部天神社・国渭地祇神社・天満天神社
テンプレートを表示
北野天神社 南側参道にて

北野天神社(きたのてんじんじゃ)は、埼玉県所沢市にある神社

登記上の宗教法人名称は物部天神社・國渭地祇神社・天満天神社であり、その総称として「北野天神社」と呼称される[1]旧社格は県社。

祭神[編集]

歴史[編集]

この神社は、社伝によれば日本武尊が東征の折に創祀したのに始まるとされる。江戸時代には江戸幕府から朱印状を与えられた。

境内[編集]

大納言梅
小手指神社・航空神社

境内の西・南側に鳥居石灯籠が立ち並ぶ参道があり、西側は南北に通る旧鎌倉街道に面し、県道179号線沿いの南側からは複数の階段と鳥居を経て拝殿前に至る。

境内社
  • 小手指神社 - 小手指地域の戦没者(英霊)を祭る。
  • 航空神社
  • 文子天神社
  • 稲荷社
  • 八雲社
境内の樹木
  • 尊桜(みことざくら) - ヤマトタケルが社前に植えたとされている。枯死と蘖(ひこばえ)を繰り返している。
  • 大納言梅 - 天正18年(1590年)前田利家献栽、2015年現在は二代目。菅原道真の末裔を名乗り梅紋を用いた前田利家は小田原攻めの際、荒廃していた当社に立ち寄り社殿を再興し、1本の梅を植えたとされる。当時の彼の官職が大納言であったことに因む名である。
境内その他
  • 北野地名由来記(石碑) - 平成18年(2006年)9月25日建立。近年の区画整理により神社の住所は小手指元町になったが、周辺の地名「北野」は当社に由来する旨が刻記されている。
  • 宗良親王在陣跡
  • 手水舎 - 近年(2010年代)改築され天井に天井画が描かれている。
  • 神楽殿

文化財[編集]

所在地[編集]

埼玉県所沢市小手指元町3-28-29

兼務社[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北野天神社(きたのてんじんしゃ)(北野)”. 所沢市 教育委員会 文化財保護課 (2008年10月31日). 2015年6月閲覧。
  2. ^ 北野天神社江戸出開帳”. おたまじゃくし. 安島喜一 (2001年11月11日). 2015年6月閲覧。
  3. ^ 北野天神社縁起 付 旧軸木七本”. 所沢市 教育委員会 文化財保護課. 2015年6月閲覧。
  4. ^ 尊桜の歌碑”. 所沢市 教育委員会 文化財保護課. 2015年6月閲覧。
  5. ^ 北野天神社中世文書”. 所沢市 教育委員会 文化財保護課. 2015年6月閲覧。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]