初詣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京都 神田明神の初詣飾りつけ例

初詣初詣で(はつもうで)とは、年が明けてから初めて神社寺院などに参拝する行事。一年の感謝を捧げたり、新年の無事と平安を祈願したりする。初参初参り(はつまいり)ともいう。

歴史[編集]

明治神宮の初詣に大勢の人が並ぶ様子
住吉神社の初詣の様子

元々は「年籠り」(としこもり、としごもり)と言い、家長が祈願のために大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神の社に籠る習慣であった。やがて年籠りは、大晦日の夜の「除夜詣」と元日の朝の「元日詣」との2つに分かれ、元日詣が今日の初詣の原形となった。江戸時代末期までは氏神またはその年の恵方の方角の社寺に詣でること(恵方詣り)が多かったのだが、明治以降では氏神や恵方とは関係なく有名な寺社への参詣が普通になっている。また現在でも、除夜に一度氏神に参拝して一旦家に帰り、元旦になって再び参拝するという地方がある。これを二年参りという。

「年籠り」形式を踏まず、単に寺社に「元日詣」を行うだけの初詣が習慣化したのはそれほど古い時代ではなく、明治時代中期のこととされている。明治時代初期までは恵方詣りの風習が残っていたようだが、京阪神において電鉄会社が沿線の神社仏閣をてんでんばらばらに「今年の恵方は○○だ」と宣伝し始めたために、本来の恵方ではない神社仏閣にも詣でるようになり、恵方の意味が薄れ、有名な神社仏閣にお参りするようになったといわれている。関東においても、京成電鉄京浜急行電鉄、成田鉄道(現・JR成田線)など、参拝客輸送を目的として開業された鉄道会社がある。

風習[編集]

寺社へ参拝を行って、社務所でお守り破魔矢風車熊手などを受けたり、絵馬に願い事や目標を書いたりして、今年一年がよい年であるよう祈る。昨年のお守りや破魔矢などは、このときに寺社に納めて焼いてもらう。また神社によっては境内で甘酒神酒などが振るまわれる。

各地の初詣の模様は、12月31日より1月1日早朝にかけてNHK総合テレビ長寿番組ゆく年くる年」などで毎年中継されている。

ルール[編集]

初詣の対象は神社・寺院のいずれでもかまわないとされている。これは明治時代初期に神仏分離が行われる前は、神道大乗仏教、ならびに祖霊信仰が一体化した神仏習合による信仰が一般化していたためである。つまり、初詣に限らず寺社への参詣に神道・仏教の区別は無いとされていたことの名残である。

初詣には、特に定められた規定は無い。デジタル大辞泉の定義では年明け最初の参拝を初詣としている(時期や期間については触れていない)。

一般的には、正月三が日に参拝するのを初詣といっているが、1月中に参拝も初詣とする考え方もある。また、回数に関する規定も無い。多数の神社仏閣に参詣すれば色々なご利益があるという説もあり、その場合神社・仏閣を特に問わない。例えば西日本の一部地域の様に「三社参り」などと言って正月三が日の内に複数(多くは3社程度)の神社に参拝するのが習慣となっている地域もある。宗派による考え方の違いが大きい。

客層[編集]

初詣を行う年齢層にはバラつきがあり、ノーリツが2006年12月に行ったインターネット上のアンケートでは、初詣に毎年行くと答えた年齢層の割合は70歳以上が59.1%だったのに対し、20歳代では44.4%に留まっている。さらに20歳未満では75%がほとんど行かないと回答している[1]。このためか、若年層向けの情報誌では初詣特集にもかかわらず、初詣の後の食事や買い物を取り上げ、初詣そのものはメインにしないものもある。

参拝者数の統計[編集]

初詣の客で賑わう社寺(大須観音名古屋市
特設の賽銭投げ場を設ける明治神宮
初詣客と屋台で賑わう大宮氷川神社参道

警察庁によると2004年の初詣者数上位10社寺は以下である。

  1. 明治神宮東京都渋谷区
  2. 成田山新勝寺千葉県成田市
  3. 川崎大師神奈川県川崎市
  4. 伏見稲荷大社京都府京都市
  5. 熱田神宮愛知県名古屋市
  6. 住吉大社大阪府大阪市
  7. 太宰府天満宮福岡県太宰府市
  8. 氷川神社埼玉県さいたま市
  9. 鶴岡八幡宮 (神奈川県鎌倉市
  10. 浅草寺 (東京都台東区

同様に警察庁から発表された、2006年の初詣者数上位10社寺は以下である。

  1. 明治神宮 305万人
  2. 成田山新勝寺 275万人
  3. 川崎大師 272万人
  4. 伏見稲荷大社 269万人
  5. 熱田神宮 232万人
  6. 住吉大社 226万人
  7. 浅草寺 220万人
  8. 鶴岡八幡宮 213万人
  9. 太宰府天満宮 193万人
  10. 氷川神社 187万人

※2006年初詣参拝者総計、9373万人

なお2009年までは全国ランキングが警察庁から発表されていた。2005年からは集計を主催者発表に統一していたが、何処の寺社も多く見積もり集計方法がまちまちで正確性に疑義があるとして、2009年以後とりやめになっている。例えば、浅草寺は10年の間に100万人以上増加している[2]

関連文献・記事[編集]

参考文献[編集]

  • 平山昇「明治期東京における「初詣」の形成過程」『日本歴史』2005年12月号、60–73頁。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 産経新聞2006年12月18日の記事より
  2. ^ 読売新聞2011年1月4日朝刊37面。

関連項目[編集]