アメノホヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天之菩卑能命

神祇 天津神
全名 天之菩卑能命
別名 天穂比命、天穂日命、天菩比命
素戔嗚尊
天照大神
建比良鳥命大背飯三熊之大人[1]
神社 天穂日命神社
テンプレートを表示
アマテラスとスサノヲの誓約(『古事記』に基づく) SVGで表示(対応ブラウザのみ)

アメノホヒは、日本神話に登場する男神

概要[編集]

古事記』では天之菩卑能命、『日本書紀』では天穂日命、他に天菩比神などと表記される。

天照大御神須佐之男命誓約をしたときに生まれた五男三女神の一柱。天照大御神の右のみずらに巻いた勾玉から成った。物実(ものざね:物事のタネとなるもの)の持ち主である天照大御神の第二子とされ、天忍穂耳命の弟神にあたる。葦原中国平定のために出雲大国主神の元に遣わされたが、大国主神を説得するうちに心服して地上に住み着き、3年間高天原に戻らなかった。後に他の使者達が大国主神の子である事代主神建御名方神を平定し、地上の支配に成功すると、大国主神に仕えるよう命令され、子の建比良鳥命出雲国造及び土師氏らの祖神となったとされる。

また、出雲にイザナミを祭る神魂神社島根県松江市)を建てたとも伝わる[2]

任務を遂行しなかったというのは『古事記』や『日本書紀』による記述だが、『出雲国造神賀詞』では異なる記述になっている。これによれば、アメノホヒは地上の悪神を鎮めるために地上に遣わされ、地上の様子を天照大神にきちんと報告し、子のアメノヒナドリおよび剣の神経津主神とともに地上を平定したした英雄として讃えられている。ただし『出雲国造神賀詞』はアメノホヒの子孫である出雲国造が書いたものであるので、そこは割り引かなければならないかもしれない。名前の「ホヒ」を「穂霊」の意味として「火日」の意味として太陽神とする説がある。

神社[編集]

農業神、稲穂の神、養蚕の神、木綿の神、産業の神などとして信仰されており、旧出雲国内だけでなく日本各地で祀られている。主要なものは以下の通り。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本書紀』巻第二 神代下第九段
  2. ^ 天穂日命が神魂神社を建てたという説は神魂神社の社伝による。しかし『古事記』『日本書紀』『延喜式神名帳』『出雲国風土記』にも神魂神社は出てこず、文献における初見は承元2年(1208年)の鎌倉将軍下文であり、実際の創建は平安時代中期以降とみられている。

関連項目[編集]