五条家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
五条家
家紋
左三階松
本姓 菅原氏高辻庶流[1]
家祖 五条高長
種別 公家半家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
支流、分家 東坊城家半家
清岡家(半家)
桑原家(半家)
前田家(地下家
凡例 / Category:日本の氏族

五条家(ごじょうけ)は堂上家公家である。家格は半家

概要[ソースを編集]

菅原為長の子高長従二位式部大輔)(1210年-1285年)を祖とする。官位は高長の子長経1242年-1315年)以降、大学頭文章博士式部大輔を経て中納言大納言極官とする。後に東坊城家清岡家桑原家が別れ出た。

家業は紀伝道江戸時代の家禄は171[1]明治維新後は為栄子爵に叙せられた[1]

代々朝廷主催の相撲節会においては相撲司としてその運営を取り仕切ったことや、野見宿禰の子孫ということもあり、紀伝道のみならず相撲の司家として鎌倉時代以来君臨してきた。

なお南北朝時代に大外記として活躍した公家五条頼元の一族は清原氏の家系であり、菅原氏の五条家とは無関係である。

横綱免許に関する五条家と吉田司家との確執[ソースを編集]

しかし、相撲の司家としての五条家の名声は、熊本藩主・細川家の家臣である13代吉田司家当主吉田追風が積極的な相撲興行を展開し、江戸相撲において横綱免許を発給するようになってから失墜することとなる。

ようやく文政6年(1823年)、大関柏戸利助玉垣額之助への横綱免許交付をきっかけに立て続けに吉田司家に先んじて横綱免許を発給するなどして吉田司家への逆襲を始める[2]。五条家単独で12代横綱・陣幕久五郎に横綱免状を発給して以降、明治時代吉田司家西南戦争西郷隆盛軍に加担してその責任を問われたことを契機に五条家単独で大阪相撲京都相撲力士に横綱免許を発給したが、横綱免許を濫発したことが却って横綱の権威を損なう結果を招いた。

(ただし、明治10年(1877年)にすでに五条家から横綱免許を得ていた14代・境川浪右エ門は、吉田司家から横綱免状を発給される。)

更に明治末期に大阪相撲の実力力士・21代横綱若嶌權四郎が五条家から横綱免許を受けたことに続き、若嶌權四郎の後継者とされていた23代横綱大木戸森右エ門の横綱免許取得を巡る対立から、五条家頼みの綱である大阪相撲と吉田司家との間に亀裂を招く結果をも招いた。

終に、明治44年(1911年)に大阪相撲の主催団体大阪相撲協会が吉田司家と和解したことにより、江戸時代以来の横綱免許を巡る混乱に終止符が打たれた。このことは、相撲の世界における吉田司家に対する五条家の完全な敗退を意味した。五条家自身は既に京都相撲の力士・大碇紋太郎に横綱免許を発給したことを最後に相撲界との縁から遠ざかっており、以後、相撲界における五条家の消息は不明となった。

系図[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]