野見宿禰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
『前賢故実』による野見宿禰
野見宿禰
(荒川亀斎作)

野見宿禰(のみのすくね)は、土師氏の祖として『日本書紀』などに登場する人物である。阿陀勝来日田維穂命の父。

人物[編集]

天穂日命の14世の子孫であると伝えられる出雲国の勇士で、第12代の出雲国造である鵜濡渟(宇迦都久怒)の子。またの名を襲髄命という[1]垂仁天皇の命により当麻蹴速角力(相撲)(『日本書紀』では「捔力」に作る)をとるために出雲国より召喚され、蹴速と互いに蹴り合った末にその腰を踏み折って勝ち、蹴速が持っていた大和国当麻の地(現奈良県葛城市當麻)を与えられるとともに、以後垂仁天皇に仕えた[2]。また、垂仁天皇の皇后日葉酢媛命の葬儀の時、それまで行われていた殉死の風習に代わる埴輪の制を案出し、土師臣(はじのおみ)のを与えられ、そのために後裔氏族である土師氏は代々天皇の葬儀を司ることとなった[3]。第13代の出雲国造、襲髄命はこの野見宿禰のことである[4]播磨国の立野(たつの・現在の兵庫県たつの市)で病により死亡し、その地で埋葬された[5]

ところで、埴輪創出についての考古学的な知見からは、記紀が語る上述のような伝説は史実ではないとされているが[6]、こうした伝説も土師氏と葬送儀礼との関係から生まれたものであろうとの説がある[7]。それによると、まずその名前は、葬送儀礼の一環としての古墳の築営に際して、様々な条件を吟味した上での適当な地の選定ということが考えられ、「野」の中から墳丘を築くべき地を「見」定めることから「野見」という称が考案されたのではないかとし、次に相撲については、古墳という巨大な造形物を目の当たりにした人々が、これを神業と見て、その任にあたった土師氏の祖先はさぞかし大力であったろうとの観念に基づくものではないかと見る。そして、土師氏が古墳造営を含めた葬送儀礼全般に関わったことから、これを死の国と観想された出雲国に結びつけ、その祖先をあるいは出雲出身としたり、あるいは都と出雲の中間である播磨国に葬られたとしたのではないかと見、最後に火葬の普及などの変遷を経て古墳時代が終焉を迎える頃、その技術が不要とされた土師氏が、自らの祖先の功業を語る神話として大事に伝承したものであろうと説く。もっとも以上の説の当否はともかくとして、少なくとも野見宿禰が祖先として土師氏に崇められたことは確かである。

後裔[編集]

土師氏の中には、姓を菅原に改めた氏があり、その菅原氏から公家五条家が出たが、五条家は野見宿禰の子孫であることから相撲司家となった。

野見宿禰に関係する主な神社[編集]

野見神社(愛知県豊田市野見山町
土師の氏族の先祖である野見宿禰を祀っている。
片埜神社大阪府枚方市
社伝によれば、当麻蹴速に勝った野見宿禰が垂仁天皇から河内国を賜り、この神社を創祀したという。
石津神社(大阪府堺市堺区
神社創建時の初代の神主
神魂神社島根県松江市
伝承では、この神社の裏山にある岩を用いて修行したともいわれている。
菅原天満宮(島根県松江市)
この神社の近くに野見宿禰の墳墓がある。
大野見宿禰命神社(鳥取県鳥取市

その他、野見宿禰神社(兵庫県たつの市、東京都墨田区)や各地の野見神社で祀られ、当麻蹴速との相撲に因み、相撲のとして穴師坐兵主神社奈良県桜井市)の摂社相撲神社や、菅原道真公を祀る天満宮でも道明寺天満宮大阪府藤井寺市)などでも祀られている。

脚注[編集]

  1. ^ 『出雲国造伝統略』
  2. ^ 『日本紀』垂仁天皇7年条
  3. ^ 『日本紀』垂仁天皇32年条。なお、垂仁天皇の漢風諡号である「垂仁(を垂れる)」は、この殉死を廃止したとの説話に因むものである。
  4. ^ 『出雲国造伝統略』。この説によれば、土師氏のみならず出雲氏(出雲国造)の祖先でもあることになる。
  5. ^ 播磨国風土記揖保郡立野条。
  6. ^ 詳しくは埴輪の項目を参照。
  7. ^ 西郷「ノミノスクネ考」。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]