大江千里 (歌人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
大江千里(百人一首より)

大江 千里(おおえ の ちさと、生没年不詳)は、平安時代前期の貴族歌人参議大江音人の子。一説では従四位下大江玉淵の子。官位正五位下[1]式部権大輔[2]中古三十六歌仙の一人。

経歴[編集]

大学寮で学び、清和朝にて菅原是善らと『貞観格式』の撰集に参画している。醍醐朝にて中務少丞兵部少丞・兵部大丞などを務める。この他、家集『句題和歌』の詞書から伊予権守式部権大輔を歴任していたことが知られる。

宇多天皇の頃の歌合に参加、寛平9年(897年)宇多天皇の勅命により家集『句題和歌』(大江千里集)を撰集・献上している。『古今和歌集』の10首を始めとして、以降の勅撰和歌集に25首が入集している。は儒家風で『白氏文集』の詩句を和歌によって表現しようとしたところに特徴がある。一方で大学で学んだ儒者であるが、漢詩作品はほとんど残っていない。

代表歌[編集]

  • 小倉百人一首
    • 23番 月見れば 千々に物こそ 悲しけれ わが身一つの 秋にはあらねど(『古今和歌集』秋上193)

官歴[編集]

系譜[編集]

  • 父:大江音人、一説では大江玉淵
  • 母:不詳
  • 生母不詳の子女
    • 男子:大江維明
    • 男子:大江維繁

脚注[編集]

  1. ^ 「大江氏系図」(『続群書類従』巻第176所収)
  2. ^ 『句題和歌』
  3. ^ 『中古歌仙三十六人伝』
  4. ^ 『句題和歌』序文
  5. ^ a b c 『古今和歌集目録』
  6. ^ 『句題和歌』詞書