喜撰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

喜撰(きせん)

喜撰法師(百人一首より)
歌舞伎舞踊の喜撰
  1. 平安時代歌人六歌仙の1人。喜撰法師とも呼ぶ。本項で説明する。
  2. 「わが庵は都の辰巳しかぞ住む世を宇治山と人はいふなり」という喜撰の歌から、宇治茶)の銘柄名。また茶の隠語
  3. 平安時代の六歌仙を扱った天保2年江戸中村座初演の歌舞伎舞踊『六歌仙容彩』の第三幕「喜撰」。喜撰法師が女性を口説く踊りで、坂東三津五郎家が代々得意とした。

喜撰(生没年不詳、伝不詳)は、平安時代初期の歌人六歌仙の1人。

宇治山に住んでいた僧であることと、下に掲げる二首の歌以外は詳細は不明。なお、紀貫之の変名という説もある。また、桓武天皇の末裔とも、橘奈良麻呂の子ともされる[1]。「古今和歌集仮名序」には、「ことばかすかにしてはじめをはりたしかならず。いはば秋の月を見るに、暁の雲にあへるがごとし。詠める歌、多くきこえねば、かれこれをかよはしてよく知らず」と評されている。

歌学書『倭歌作式』(一名『喜撰式』)の作者とも伝えられるが、今日では平安後期の偽書仮託書)と見られている。また、『無名抄』によれば、宇治市御室戸の奥に喜撰の住みかの跡があり、歌人必見であるという。今も喜撰洞という小さな洞窟が山腹に残る。

現在に伝わる詠歌は以下の二首のみ。

  • (小倉百人一首 8番) わが庵は都の辰巳しかぞすむ世を宇治山と人はいふなり(古今和歌集983。また百人一首)
  • 木の間より見ゆるは谷の蛍かもいさりに海人の海へ行くかも(玉葉和歌集400。また孫姫式)

脚注[編集]

  1. ^ 「本朝高僧伝」巻七十四(城州宇治山喜撰傳

関連項目[編集]