仙人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
"八仙渡海図"[1]

仙人(せんにん)また神仙(しんせん)、真人(しんじん)[2]仙女(せんにょ)は、中国本来の神々(仏教を除く)や修行後、神に近い存在になった者たちの総称。神仙は神人と仙人とを結合した語とされる。仙人は仙境にて暮らし、仙術をあやつり、不老不死を得たもの。本来、仙は僊と書き、『史記』封禅書では僊人、『漢書』芸文志では神僊と記される。もともと神である神仙たちは、仙境ではなく、天界天宮等の神話的な場所に住み暮らし、地上の山川草木・人間福禍を支配して管理す。仙人や神仙はいずれも自分の体内の陰と陽を完全調和して、道教の不滅の真理を悟った。彼等は道教の道(タオ)を身に着けて、その神髄を完全再現することができる。基本的に仙人という言葉は男性に指すが、女性の仙人もかなりいる。

概要[編集]

仙人[編集]

仙人は基本的に道教において仙道を体得し不老不死となる。仙人には大きく分けて三種類の仙人がいる。天仙地仙尸解仙である。以下は各仙人についての説明である。

  • 天仙 - 天上に昇って仙人になること。その中でも真昼に衆人が見ている中で天上に昇って仙人になることを白日昇天という。白日昇天はこの天仙についていわれることである。白日昇天は道教の究極的な到達点であるとされ、『魏書』釈老志では「その教え(道教)は、みな邪累を除き去り、心神をあらいきよめ修行を積み功を立て、徳を重ね善を増してゆけば、やがて白日に昇天したり世上に長生することができる」と書かれている[3]

白日昇天を得る方法としては、『抱朴子』金丹篇では、金丹の一種である太清丹を服用するのが最もよく、太清丹の中でも特に9回焼き煉った第九転の丹は、これを一さじ服用すれば直ちに白日昇天できるという[4]

  • 地仙 - 仙道を得てはいるがまだ昇天せず地上の世間に留まって長生すること。天仙になるものは1200の善行を積む必要があり(後述書 p.86)、一方、地仙になるものは300善(天仙の4分の1)をやる必要があるとされ、1回でも悪事をすれば、御破算になるとする(後述書 p.86)。ここでいう善行とは儒教の徳であり、その影響がみられる(規模徳忠 『道教の神々』 講談社学術文庫 10刷2001年 p.86)。
  • 尸解仙 - 体道者が肉体の死を迎えた時、あたかも蝉や蛇の脱皮のように、魂魄が死骸から脱け出て、後日その魂魄が肉体を取り戻すため、棺など死骸が置かれた場所から死骸そのものも消失するとされる。その際、死骸の消失にあたり、あとに衣冠・仙経・刀剣・竹杖を残すとされている[5]尸解にあたって死骸の消失の後に留め置くとされる品物のうち、刀剣・竹杖は、後世になると単なる遺留品のしての意義に留まらず、神仙の神通力の依拠としての意義が付与されて重視された。護身・邪気払い・飛空・変身などの道具とされ、さらに特殊な製法が論じられた。天仙、地仙などがあるが位は尸解仙が一番下である[6]西遊記において孫悟空は「妖仙」などと蔑称されている。神仙、真人もほぼ同義だが、用いられ方にニュアンスの違いがある。

仙人になるために修行をする者は「道士」(羽士)「方士」と呼ばれる。後世専ら、道士は道教修行者一般をさした。方士である徐福始皇帝の命を受けて東海の仙島に仙薬を求めて出航した。徐福は日本に逢着したともいわれ、日本各地に徐福伝説が残る。中国の軍師として知られる呂尚諸葛亮なども仙術を修得していたと付会された。

なお、一般に仙人といえば白髯を生やした老人というイメージがあるが、韓湘子など若々しい容貌で語られる者や、西王母麻姑仙人(仙女)などの女性の仙人の存在も多く伝えられている。

また、仙人は禁欲に徹する必要があるとする伝説もあり、たとえば久米仙人一角仙人は色欲により神通力を失っている。 老子とは別に道教の源流の一つとなった神仙とは、東の海の遠くにある蓬莱山や西の果てにある崑崙山に棲み、飛翔や不老不死などの能力を持つ人にあらざる僊人(仙人)や羽人を指す伝説である。やがて方術や医学が発展すると、人でもある方法を積めば仙人になれるという考えが興った[7]


仙人は、死の過程を経ていないので神ではないが、神通力的な力を持っているため、以下のような方術を使うことができる。

  1. 身が軽くなって天を飛ぶ
  2. 水上を歩いたり、水中に潜ったりする
  3. 座ったままで千里の向こうまで見通せる
  4. 火中に飛び込んでも焼けない
  5. 姿を隠したり、一身を数十人分に分身したりして自由自在に変身する忍術を使う
  6. 暗夜においても光を得て物体を察知する
  7. 猛獣や毒蛇などを平伏させる

仙人の伝記が書いてある書物→劉向『列仙伝』、王世貞『列仙全伝』、葛洪『神仙伝』、沈汾『続仙伝』など

神仙[編集]

西王母像(漢代拓本

元々法力と神通力を持っている神たち。神仙はすべて人間の形を本体にしているが、化身としては山や川などの自然自然現象神話に残る祖霊、重大な歴史的事件や小説の登場人物はなどの形たちにしてる。中国人はそれらを敬い、また彼らの神通力や天に住むことを求めて、自然と神仙とは一体的なものに認識され、人間自身も神仙になることができる。[8]

代表的な神仙たちは三清 · 玉皇大帝 · 黄帝 · 西王母 · 七仙女 · 八仙 · 関羽 · 嫦娥 · 媽祖 · 鍾馗 · 雷公 · 電母 · 無極五母 · 北斗星君 · 九天応元雷声普化天尊 · 南斗星君 · 北極紫微大帝 · 太上道君 · 素娥 · 南極老人 · 五毒将軍 · 劉猛将軍 · 赤精子 · 五瘟使者 · 二十四諸天 · 二十八天 · 寿老人 · 太上老君 · 嫦娥 · 九天玄女などである。

真人[編集]

仙人の別称、または上級の仙人の呼称。元来『荘子』では道の体得者の謂であったが、神仙思想を媒介にして道教に取り込まれ、「仙人」よりランクの高い神仙といて天界の官僚組織の中に位置づけられた。それとは別に、前漢の末頃から、天命を受けた「真人」が世直しのために現れるという思想が広まった。たとえば、後漢を興した劉秀(光武帝)は「白水真人」と呼ばれ、魏の曹操もしばしば「真人」と称された[9]

歴史[編集]

「十二支のうち丑『牽牛星』」山本芳翠

漢書』芸文志・方技略・「神僊」には10冊の書名が書かれているが、いずれも現代には伝わっていない。しかしそこに使われた単語から内容を類推できる。「歩引」は馬王堆から発見された図「導引」と等しく呼吸法などを含めた体の屈伸運動で、長生きの法の一つである。「按摩」は現代と同じ意味、「芝菌」は神仙が食べたというキノコ、「黄治」は錬丹術を指す。これらは黄帝や伏羲など神話的人物の技とみなされていた[7]。また『漢書』方技略には他に「医経」(医学の基礎理論であった経絡や陰陽、また針灸などの技法)、「経方」(本草すなわち薬学)、「房中」(性交の技)があり、健康や長寿を目的としたこれらの技法も道教と密接な関係を持った[7]

『漢書』以外にも様々な法技が行われていた。呼吸法のひとつ「吐故納新」、五臓を意識して行う瞑想の「化色五倉の術」、の歩みを真似て様々な効用を求めた「禹歩」などが伝わる[10]

仙境[編集]

嫦娥像

仙人は主に高いの上や仙島、天上などの仙境(神仙郷、仙郷、仙界[11])に住む。仙境とは俗界を離れた静かで清浄な所、神仙が住むような理想的な地を指す[12]。(中国の)東海に蓬莱、方丈、瀛洲の三つの仙人の島(三島)があるともいう。仙人がいる、あるいはそこにいけば仙人同様になれる聖地を故事になぞらえ桃源郷と呼ぶこともある(桃花源記)。

成立[編集]

仙人の伝記集として前漢末には劉向[13]の『列仙伝』、東晋には葛洪の『神仙伝』が記され、『封神演義』『八仙東遊記』など古典小説や戯曲にもよく登場する。ヨーロッパ隠者に類似する。また、仙人になるための修行である仙道=不老不死を追求する技術ということから、シルクロードを通じ、ヨーロッパの錬金術と相互に影響しあった部分もある。

その後[編集]

仙人は仙人となった際に全員脱俗し、死後遺体は無くなる。そして自ら亡くなる以外は、龍に乗って天に飛翔したり、山に籠ったり、いずこかへ去ってしまい、仙人になってからの終わりが不明である。生き返ったり若返ったり再生したりする者もいたが、最後は行方が分からなくなっている。仙人となった者はみな祠が建てられ、その不老長生や不思議な力を崇めて祀られる[14]

現在[編集]

例えば、中国道教の聖地であり、世界遺産にも登録されている武当山龍虎山では、現在でも数百人の道士や信者たちが仙人になることを目指して修行を続けている。またこの2つの山は道士たちが修業のために入山するだけでなく、建築・文化・自然を楽しむために観光客にも人気である[15][16]


修行法[編集]

玉皇大帝(明代の絵画)

修行方法には呼吸法や歩行法、食事の選び方、住居の定め方、房中術までさまざまな方法がある。いずれにせよ心身の清浄を保ちとしての「精」を漏らすことは禁物であり、「精」を練り、神に変え仙人となるための仙丹にまで練らなければならない。また派によっては呪符や呪文を用いることもあった。内丹術を中心とした仙人になるための修行法は「仙道」と呼ばれることが多い。

  • 煉丹術(錬丹術 外丹術) - 不老不死などの霊効をもつ霊薬仙丹(金丹)」をねる煉丹術(中国での錬金術)がある。これは錬金術そのもので水銀(丹)を原料とする。このため、仙道の求道者、乃至不老不死の探求者、の皇帝などが仙薬を服用して水銀中毒になる、などの事例も多かった。
    • 内丹術 - 鉱物を原料に金丹を練って服用する外丹に対し、自己の体内に存する精・・神を薬物として自己の身中に丹を生成する煉丹術を内丹という。道教研究者によれば、内丹説は代の蘇元朗に始まるという。外丹術が盛行した代には内丹術と外丹術は並存しており、当時の書物である『上洞心経丹訣』などは内丹と外丹を双修すべきことを説いているが、外丹術は代には下火になっていった。一方、内丹術は唐末五代に隆盛し、五代の成立と言われる『鍾呂伝道集』や『霊宝畢法』の出現をもってひとつの完成形が示され、北宋に著された『悟真篇』によって大成して、南宋以降にさらに発展していった。北宋の張伯端のように、出家を否定し道教教団とは関わりのないところで修行し弟子に伝える修煉の士もいたが、出家主義をとる全真教に取り入れられた内丹術は道観のなかで「口伝」によって受け継がれてきた。現在では種々の修法があり、およそ700の流派があるともいわれる。北京・白雲観を大本山とする全真教の龍門派からは末に伍冲虚、代には伍冲虚の教えを受けた柳華陽を輩出し、この両者は、本来は「口訣」を旨とした「修法」の概要を書物に著した。その丹法は伍柳派と称され、多くの一般賛同者を外部に得て、政治家や軍人、文人などの在家修行者を増やした。現代に伝わる内丹術のひとつの形式は、武息・文息という吐納(呼吸法)により体内の丹田を練ることを基本とする。
  • 房中術 - 男女でを巡らして精気を摂取する方術で、陰道・補導の術ともいう。房中の房とは寝室または婦人の部屋を意味する閨房、房内の部屋のことを意味する。秦末漢初には長沙馬王堆から出土した竹簡『養生方』に房中術についての記載が見え、また『漢書』芸文志方技略には、房中家としての八種の書が記載されている。『漢書』芸文志の解説に〈楽しみて節あれば、即ち和平にして寿考なり〉というように、もともと性的快楽を調節して健康と長寿を保つ養生法だった。のちに神仙説や道教にとり入れられ、房中術は養生術として発展し、その重要な修行法の一つとなった[17][18]
  • 導引術 - 導引とも書く。呼吸をして体内に気をめぐらせ、手足を屈伸させたり、運動させたりなどして血行を良くする。健康の維持や病気療養、そして不老長生をめざす養生法の一つ[19][17]
  • 調息(ちょうそく) - 端座してゆっくりと呼吸をととのえ、心身を落ち着けること。不老長生をめざすために気の呼吸法をさかんに研究していたのが『雲笈七籤』巻34に〈調息に正当な方があれば、延年できる〉にみえる[20][18]
  • 胎息(たいそく) - 胎児が胎内にいる時のように、気を鼻や口以外から吸う気は少なく吐く気を多くして、元気をに外に漏らさずに身体の内に蓄積、摂取することを理想とした養生法である。先天のがまわりだすと無呼吸に似た状態の呼吸となるように修行した[17] [21]
  • 辟穀(へきこく) - 五穀のを断つこと。断穀、絶穀、却穀、休穀、絶粒、却粒などともいう松の実やキノコ、薬草などを主に食した[18][22][17]
  • 行気 - 口から古い気を吐き出し、鼻から新しい気を摂取し、全身に気をめぐらし、循環させる方法。技法の種類は時代や人によって異なり、非常に多い[17][18]
  • 存思 - 身体の一部や、身体内部のそれぞれを司る体内神、天体や気といったあらゆるものを対象に意念を一点に集中し、その活性化をめざすもの[23][24]
  • 女丹(じょたん) - 女性のための女道士による長生術[24]
  • 鍼灸 - 体表にあるツボに針を刺すか、灸をすえるなどして病気の治療や健康を維持をめざす養生術。湯液や按摩導引などとともに中国伝統医学の一部分を担っている[24]
  • 本草 - 本草とは薬の原料となる素材についてまとめられた薬物書のことを指す。その一つ一つの薬材をまとめたものを本草書といい、学問として本草学という。本草待招という役職もあった。病気を治す薬と仙人となる仙薬は厳密に区別されてはいない[23][24]
  • 服食・服餌・服薬 - 不老長生そして仙人となることをめざして、鉱物から植物まである仙薬を服用すること[24]
    • 五石散(ごせきさん) - 紫石英・白石英・赤石脂・鍾乳・石硫黄の5種類の鉱物性薬剤を調合して作られる散薬のこと。時にはほかの薬材を加えることがあった。服用後には酒以外冷たいものしか口にしてはならないことから、寒石散とも呼ばれた[25][18]
    • 食養生 - 一般的には食によって病気治療や健康維持、そして長生をめざすこと。山野の薬草や木の実類、薬膳などを食べる[24]
  • その他 - 霊地、霊木などのを体内にとり入れる修行もあり、これを俗に「霞を食っている」などという。誤解されがちではあるがこの場合の霞とは朝日と夕日のことを指しており、逆に霧や本当の霞などは食べてはいけないものとされている。

著名な仙人[編集]

Yoshitoshi - 100 Aspects of the Moon - 2.jpg
  • 葛洪抱朴子神仙伝の著者)
  • 東方朔漢の武帝の側近)
  • 八仙
  • 蝦蟇仙人
  • 赤脚仙人
  • 安期生(あんきせい) - 蓬莱山に住むという仙人。安期先生ともいう。琅邪郡阜郷亭の人。東海地方のあたりで薬を売り、学を河上丈人に受け、俗に千歳翁と呼ばれた[24][18]
  • 陰長生(いんちょうせい) - 後漢初~半ごろの河南の新野の人。漢の皇后陰氏の一族という高貴な家柄に生まれたが、栄華を好まずひたすら道術の修業に励んだ[24]
  • 王子喬(おうしきょう) - 周の霊王の三十八人の子のうちの太子晋のことで、字は子喬、尊称は王子、王子晋。生まれながら神異の相をもち、幼いながら道を好み、しばしば人知れずに神仙が降りてきたという。崇高山で道を治めて仙人となった。常日頃は笙という楽器を奏でるのを好み、鳳凰の鳴く声のような音をたてるほど堪能であったという[24][26]
  • 河上公(かじょうこう) - 『道徳経』に注を加えたと伝説される人物。生没年不詳[18]
  • 許慎君(きょしんくん) - 239~301(異説あり)。本名を許遜といい、晋朝に南昌で生まれた仙道修行者。孝道と霊能をもち、没後許慎君と称され、神仙として祀られた。許遜は許由の後裔であり、幼いころ狩りに出て母子の鹿を見つけ、母鹿を射止めると、倒れた母鹿が産み落とした子鹿を舐めながら死んでいくのを目の当たりにして悟り、弓矢を棄てて学問と神仙の術の修業に励んだ。12世紀の趙宋の時代に許遜を信仰する宗教集団の一人である何真公の下に現れると「忠孝の法」を述べた「浄明経典」を授けた。何真公はこの経典に基づいて活動を開始し、それを継承した元代初期の劉玉が受けた教えをまとめたものが道教の一派である「浄明道」を形成したとされている。その内容は「孝悌の教」と「済生利民」を実践するものだった[18][24]
  • 黄初平(こうしょへい) - 丹渓の人。姓は皇とも。また黄大仙とも呼ばれる。華僑の発展に伴い、黄大仙信仰は海外にも広まった。『神仙伝』に黄初平の伝記が記載されており、『神仙伝』によると、15歳の時羊の世話をしているときに道士に出会い、そのまま金華山の石室に入り仙道を得た。修業して四十数年経っても、自分の家のことを思うことが全く無かったという[26][24]
  • 黄帝(こうてい) - 姓は姫といい、伏羲の子少典の子であり、軒轅とも号されている。幼いころから聡明で鬼神に命令を下して使役する力を持っていた。百神を裁き使い、予知能力があり物の法則が分かる雲師である。そのため臣下の官名にそれぞれ「雲」の字をつけ、みずから雲師(総帥)となり、また暦算、音楽、文字、医薬などを創始した。帝位に百年余りつくも、自ら死期を定め、亡くなる。死後葬られた所が崩れた時に、棺は空で剣と舃(履物)のみが残されていたという。仙書には龍に乗り去っていったとある。もともと黄帝は中国古代神話上の聖王(五帝)の一人であり古来伝承が多いが、漢代に道家が黄帝に求めるとさらに神仙として信仰されるようになり、「黄老」というように老子と並べて尊ばれ、医術や方術の書が多数伝えられた[24][14]
  • 左慈(さじ) - 後漢末の方士。字は元放。五経に詳しく、星占いにも通じていた。揚子江の北岸の廬江郡の人。もともとは儒教を志していたが、後漢末の混乱の際、現世をはかなんで天柱山という山で修業しさまざまな道術を体得していた。彼が修業のため入山した天柱山で丹薬の研究実験に打ち込み、その研究を『太清丹経』『九鼎丹経』『金液丹経』に著し、その秘法を葛玄に伝授した[24][18]
  • 薩真人(さつしんじん) - 1100年9月23日生まれ。姓は薩、名は守堅。西蜀の人で宋代の道士。医術を学んでいたが、薬を誤り人を死なせてしまった経験から医学の道を諦めたという。薩真人は江南の三十代天師である虚静先生、王侍宸と林霊素の三人の道士から道法を授けられたという。薩真人の弟子達は一派を形成し、みずから「薩真君西河派」と称した。明代には、薩守堅と王霊官を合わせて祀り、「崇恩真君」「降恩真君」に封じた廟もあった。玉帝の命により天枢領位真人となり羽化登仙したと伝えられているが、その地は蜀の涪州とも、閩の漳州ともいわれている[24][18]
  • 三茅君(さんぼうくん) - 漢代に句容の句曲山で得道して真人となった、大茅君・中茅君・小茅君の三兄弟の総称。三茅真君ともいう。一番上の茅盈は字を叔申といい、18歳のときに恒山に入って修業し、後に句曲山に隠れ得道した。二番目は名は固、字は季偉といい、三番目は名は衷、字を思和という。この二人は大変優秀だったために官職についた。茅盈は弟たちの送別会の場で翌年の四月三日に登仙することを約束し、約束のその日に白日登仙した。その姿を見て弟たちも官を棄て、兄についていき修業をして仙人となった。この三人が修業した句曲山を茅山と呼ぶようになったといわれている。後に老君に拝して、茅盈は司命真君に、茅固は定禄真君に、茅衷は保生真君になったので、三茅真君と呼ばれる[26][18]
  • 鍾離権(しょうりけん) - 唐代の仙人。八仙に入っている呂洞賓の師匠。鍾離覚・和谷子・雲房先生・正陽子・正陽真人とも称する。燕台、京兆郡咸陽県の人。漢に仕えて諫議大夫となる。漢の滅亡後曹魏に仕え、その後西晋に仕えて将軍となる。ある戦いで満身創痍となり一人で逃走中に、山中である老人に出会い、昇仙したい旨を伝えると、老人から長生真訣・赤符玉篆金科霊文・金丹火侯青龍剣法を授かり、修業を重ねて登仙した。唐代になって、科挙に落第して長安にいた呂洞賓と出会い、終南山に連れ帰って道を授けたのちに羊角山に隠れ住んだ[18]
  • 徐福(じょふく) - 秦の始皇帝の時の方士。斉の人。字は君房、名を巿(ふつ)ともいう。不老長生を求めた始皇帝の命により、東海の海中にある三神山(蓬莱山、方丈山、瀛州山)に仙薬を求めて出航した。日本に渡来した説もあるが、消息は不明である[18][26]
  • 赤松子(せきしょうし) - 古代最古の神仙伝説に属する仙人。干宝の『捜神記』には赤松を姓、名は時喬、字は受紀。巫の面影を残している。神農のころ(炎帝)の雨を司る雨師。また楚の范氏街で孔子に赤劉の起こることを予言したとある。水玉を服用して火の中に入って自らを焼いて尸解し、仙人となる。後に仙去するも再び仙人として雨師を存したことから、古代中国の雨師の由来ともされる。『道蔵』中に『赤松子章暦』『赤松子中戒経』などの彼の名を冠する経や、『赤松子服雲母方』などの薬方がある。浙江の金華山には彼の石室があるが、登仙するときは崑崙山にある西王母の石室に行き、常に留まり、赤松子を慕う炎帝の娘とともに登仙した。王子喬と並んで『戦国策』に名前が見え、また『楚辞』の「遠遊」にもある[14][26][18]
  • 孫思邈(そんしばく) - ?~682。京兆郡華原県(陝西省耀県)の人。孫真人とも呼ばれる。唐代の医者。若い時から老荘をはじめ諸家の説に通じていたが、仏典も好んで読んだという。隋の文帝、唐の太宗・高宗が官職を与えようとしたが受けず、太白山などに隠棲したが、高宗のときには鄱陽公主邑を賜ってそこに住んだこともある。日本最古の医書『医心方』などに大きな影響を与えた。現在、陝西省銅川市耀州区の薬王山には医神として彼を祀った廟がある[18][26]
  • 張道陵(ちょうどうりょう) - ?~177。後漢末の人。沛国豊県の人。張陵ともいう。蜀に移住し、鶴鳴山で仙道を学び道書を造り、自ら天師・太清玄元と称し、百姓の信仰を集めた[18]
  • 陳摶(ちんたん) - 生没年不詳。五代から北宋初年にかけての道士。字は図南、扶揺子と号す。後周の世宗からは白雲先生、北宋の太宗からは希夷先生の号を受ける[18]
  • 陶弘景(とうこうけい) - 456~536。字は通明、諡は貞白先生、丹陽郡秣陵県(江蘇省)の人。南朝斉・梁時代の道士、道教上清派(茅山派)第9代宗師、上清派の大成者。小さい時から書にしたしみ、10歳の時には『神仙伝』を読み、養生の志をもち、若くして斉朝に仕える。29歳頃、大病を機に道士となり、陸修静の高弟である孫游岳から道教の経典・符図・誥訣・秘法を受け、翌年には茅山で、上清派の楊羲・許謐・許翽の三真人の手書を獲て、霊人にあった感激を覚える。そこで三真人の往来した書跡を求めて、学道者を訪ね歩き、真人の手跡を得た。37歳の時、職を辞して句容の茅山に華陽館を建てて弟子と住み隠遁、自ら華陽隠居と号した[26][18]
  • 彭祖(ほうそ) - 姓は彭、名は籛鏗、古代五帝の一人顓頊の玄孫である。導引行気の法に精通し、800年の長寿を保ったとされる殷の賢大夫。生年のように若々しかったが、49人の妻と54人の子を失った[18][26][14]
  • 麻姑(まこ) - 伝説上の女仙の名。葛洪神仙伝』巻2王遠、および巻7に麻姑が見える。古代の仙女で、仙人王方平の妹である。また、孫の手の由来は鳥のように長い麻姑の爪からきているとされる[26][18]
  • 陸修静(りくしゅうせい) - 406~477。南朝宋の天師道霊宝派道士。呉興郡東遷県の人で、呉の四姓の一つであった陸氏の支族の出身。字は元徳、諡は簡寂先生[24]
  • 陳攖寧(ちんえいねい)-1880~1969。道教学者で、安徽省懐寧県の人。清末の秀才。中国道教協会会長・副会長を歴任した。29歳より九華山・武当山・峻山などの道教の聖地を歴遊し、広く各派の修練養身を治めた。晩年には後天の神気を合一させて先天の性命にかえり、さらに先天の性命を合一させて清静自然の本にもどる静功の法を研究した[18]

日本の仙人[編集]

道教教団[編集]

関連文献[編集]

  • 列仙伝
  • 神仙伝
  • 杜子春伝[27][28][29][30]芥川龍之介の「杜子春」の典拠作品である中国の神怪小説。
  • 三国志演義水滸伝笑府
  • 大形徹『不老不死 仙人の誕生と神仙術』講談社講談社現代新書1108〉、1992年。ISBN 4-06-149108-3

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Werner, E. T. C. (1922). Myths & Legends of China. New York: George G. Harrap & Co. Ltd.. http://www.gutenberg.org/etext/15250 2007年3月14日閲覧。. (Project Gutenberg eText 15250)
  2. ^ コトバンク「真人」の項目参照[1]。なお、臨済宗では、この単語を「しんにん」と読むが、これは「まことの人」の意味で、仙人をさす言葉ではない。[2]
  3. ^ 野口鐵郎、坂出祥伸、福井文雅、山田利明『道教事典平河出版社(原著1994年3月15日)、488頁。ISBN 4892032352
  4. ^ 野口鐵郎、坂出祥伸、福井文雅、山田利明『道教事典平河出版社(原著1994年3月15日)、488頁。ISBN 4892032352
  5. ^ 『中国文化史大事典』大修館書店、2013年5月10日。
  6. ^ ただし、天仙、地仙というのは葛洪が創造した概念で、尸解仙が仙人の原型である(『不老不死 仙人の誕生と神仙術』より)
  7. ^ a b c 横手(2008)、p.016-019、①道家と神僊、方技と神僊
  8. ^ 岡田荘司 2010年 p.22-23
  9. ^ 『中国文化史大事典』大修館書店、2013年5月10日。
  10. ^ 横手(2008)、p.020-022、①道家と神僊、さまざまなか神仙術
  11. ^ 伊藤直哉『桃源郷とユートピア-陶淵明の文学』春風社、2010年。ISBN 9784861102189
  12. ^ デジタル大辞泉「せん‐きょう〔‐キヤウ〕【仙境/仙郷】」「しんせん‐きょう〔‐キヤウ〕【神仙境】」
  13. ^ 劉向が作ったというのは仮託であり、実際には後漢以降に成立したものと見られている。
  14. ^ a b c d 松田智弘『日本と中国の仙人』岩田書院、2010年10月。ISBN 9784872946505
  15. ^ 武当山”. China Highlights旅行会社. 2020年1月15日閲覧。
  16. ^ 龍虎山”. China Highlights旅行会社. 2020年1月15日閲覧。
  17. ^ a b c d e 今井弘『古代の中国文化を探るー道教と煉丹術ー』関西大学出版部、2011年11月3日。ISBN 9784873545295
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 野口鐵郎、坂出祥伸、福井文雅、山田利明『道教事典』平河出版社、1994年3月15日。ISBN 4892032352
  19. ^ 佐藤進、濱口富士雄『全訳 漢辞海 第四版』三省堂、2017年1月10日。ISBN 9784385140483
  20. ^ コトバンク”. 朝日新聞デジタル. 2020年1月10日閲覧。
  21. ^ 『道教事典』平河出版社、1994年3月15日。
  22. ^ コトバンク”. 朝日新聞デジタル. 2020年1月10日閲覧。
  23. ^ a b 野口鐵郎、三浦國雄、堀池信夫、大形徹『【講座道教】道教の生命観と身体論』3、雄山閣出版、2000年2月5日。ISBN 4639016697
  24. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 坂出祥伸『「道教」の大事典 道教の世界を読む』株式会社 新人物往来社、1994年7月1日。ISBN 4404021216
  25. ^ コトバンク”. 朝日新聞デジタル. 2020年1月10日閲覧。
  26. ^ a b c d e f g h i 『エソテリカ別冊[図説]中国の神々―道教神と仙人の大図鑑』学習研究社、2007年4月1日。ISBN 9784056047011
  27. ^ 杜子春傳
  28. ^ 唐代伝奇「杜子春伝」に関する一考察
  29. ^ 三代伝奇﹁杜子春伝﹂に関する一考察 2
  30. ^ 三代伝奇﹁杜子春伝﹂に関する一考察 3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]