日野町 (滋賀県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひのちょう
日野町
Blumen Hugel, Nishioji, Hino-cho, Shiga-ken, ブルーメの丘 - panoramio (2).jpg
Flag of Hino Shiga.svg Emblem of Hino, Shiga.svg
日野町旗 日野町章
1955年3月16日制定
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 滋賀県
蒲生郡
市町村コード 25383-9
法人番号 3000020253839 ウィキデータを編集
面積 117.60km2
総人口 21,228[編集]
推計人口、2019年10月1日)
人口密度 181人/km2
隣接自治体 東近江市甲賀市
町の木 ヒノキ
(1974年1月20日制定)
町の花 ホンシャクナゲ
(1974年1月20日制定)
日野町役場
町長 藤澤直広
所在地 529-1698
滋賀県蒲生郡日野町河原一丁目1番地
北緯35度1分4.7秒東経136度14分45.6秒
日野町役場
外部リンク 公式ウェブサイト

日野町 (滋賀県)位置図

― 市 / ― 町

 表示 ウィキプロジェクト
日野川ダム湖[1]
下流(左下)に平仮名の「く」の字形をした日野川ダムがあり、湖の脇(中央上)に平仮名の「へ」の字形をした日野川脇ダムが設けられている。
鬼室神社

日野町(ひのちょう)は、滋賀県蒲生郡にある

地理[編集]

隣接する自治体[編集]

大字など[編集]

  • 日野地区(旧日野町、町中央部)
    • 大字村井(むらい)・村井一~三丁目・大字小井口(おいぐち)・大字寺尻(てらじり)・大字木津(きづ)・大字日田(ひだ)・大字大窪(おおくぼ)・大窪・大字河原(かわら)・河原一~二丁目・大字松尾(まつお)・松尾一~五丁目・大字上野田(こうずけだ)・大字大谷(おおたに)・大字いせの・中道(なかみち)一~二丁目
  • 桜谷地区(旧東桜谷村、旧西桜谷村、町北部)
    • 大字原(はら)・大字川原(かわら)・大字杉(すぎ)・大字杣(そま)・大字小野(この)・大字奥師(おくし)・大字鳥居平(とりいひら)・大字中之郷(なかのごう)・大字佐久良(さくら)・大字奥之池(おくのいけ)~以上、旧東桜谷村
    • 大字安部居(あべい)・大字中在寺(なかざいじ)・大字北脇(きたわき)・大字蓮花寺(れんげじ)・大字野出(ので)~以上、旧西桜谷村
  • 西大路地区(旧西大路村、町東部)
    • 大字西大路(にしおおじ)・大字仁本木(にほんぎ)・大字音羽(おとわ)・大字北畑(きたばた)・大字西明寺(さいみょうじ)・大字蔵王(ざおう)・大字平子(ひらこ)・大字熊野(くまの)
  • 鎌掛地区(旧鎌掛村、町南東部)
    • 大字鎌掛(かいがけ)
  • 南比都佐地区(旧南比都佐村、町南西部)
    • 大字上駒月(かみこまづき)・大字下駒月(しもこまづき)・大字深山口(みやまぐち)・大字迫(はさま)・大字清田(きよた)・大字別所(べっしょ)
  • 必佐地区(旧北比都佐村、町西部)
    • 大字三十坪(みそつ)・大字内池(うちいけ)・大字猫田(ねこだ)・大字十禅寺(じゅうぜんじ)・大字里口(さとぐち)・大字山本(やまもと)・大字小御門(こみかど)・大字小谷(こだに)・大字石原(いしはら)・大字増田(ましだ)・大字豊田(とよた)・大字中山(なかやま)

歴史[編集]

平安時代に日野地域が「檜物庄」と呼ばれていたという記録が残ることから、この時代には既に檜物製造が行われていたと考えられている。中心部は蒲生氏日野城(中野城)の城下町として開発した町で、蒲生氏が伊勢松坂・会津若松へ移ってからは漆器や製薬の産地、近江商人日野商人)の発祥地として繁栄した。また西大路には仁正寺藩(西大路藩)があった。

沿革[編集]

人口[編集]

平成22年国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、0.32%増の22,881人であり、増減率は県下19市町村中10位。


日野町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


行政[編集]

  • 町長:藤澤直広
    2004年、合併の可否を争点とする町長選挙で、合併反対運動を基盤とし、日本共産党籍があることを隠して立候補。合併推進派の前町長・奥野弘三を破って初当選。後に政党歴を追及され、日本共産党を離党。2008年再選。2012年三選。1956年1月7日生まれ、滋賀大学経済学部卒業。元滋賀県職員(退職時は農政水産部水産課副主幹)、滋賀県職員組合副委員長(自治労連:共産党系)。
  • 副町長:平尾義明
  • 教育長:今宿綾子

歴代町長(合併後)[編集]

  • 初代 若村源左衛門(日野地区出身):1955年(昭和30年)4月23日 - 1965年(昭和40年)2月8日
  • 2代 橋田喜一郎(日野地区出身):1965年(昭和40年)3月8日 - 1973年(昭和48年)3月7日
  • 3代 森田忠藏(日野地区出身):1973年(昭和48年)3月8日 - 1993年(平成5年)3月7日
  • 4代 奥野弘三(東桜谷地区出身):1993年(平成5年)3月8日 - 2004年(平成16年)6月8日
  • 5代 藤澤直広(南比都佐地区出身):2004年(平成16年)7月11日 - 現在

警察[編集]

広域行政[編集]

交通[編集]

日野駅

旧蒲生町から日野町にかけての丘陵地帯にびわこ空港建設が計画されていた。空港計画は2000年に國松善次(第49・50代滋賀県知事)が凍結を表明した後、何の動きもないままに時間が経過し、凍結から13年後の2013年になって嘉田由紀子知事が計画そのものを廃止とする裁定を下し、結局空港は建設されないこととなった[2]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

一般国道
バイパス道路
県道
その他

学校[編集]

幼稚園
  • 日野町立日野幼稚園(日野町大窪)
  • 日野町立必佐幼稚園(日野町内池)
小学校
  • 日野町立必佐小学校(日野町小御門)
  • 日野町立日野小学校(日野町大窪331番地)
  • 日野町立南比都佐小学校(日野町深山口)
  • 日野町立鎌掛小学校(日野町鎌掛)→児童数の減少により、2001年に日野小学校へ統廃合。
  • 日野町立桜谷小学校(日野町佐久良)
  • 日野町立西大路小学校(日野町西大路)
中学校
  • 日野町立日野中学校(日野町松尾)
    • 学校組合立日野東中学校、同日野北中学校、同日野西中学校が合併して創立。
高等学校

姉妹都市・友好都市[編集]

名所・旧跡など[編集]

ブルーメの丘
近江日野商人館

名所旧跡[編集]

祭事[編集]

町内にある施設[編集]

  • 大津地方法務局日野出張所(廃止済→八日市出張所(現東近江出張所)に統合。旧彦根区裁判所日野出張所。)
  • 滋賀県警察本部東近江警察署日野警部交番(元日野警察署
  • 滋賀県警察本部機動警察隊
  • 滋賀県畜産技術振興センター(旧滋賀県立種畜場)
  • 滋賀県立日野渓園
  • 滋賀県立しゃくなげ園(廃止・閉鎖)
  • 滋賀県立老人ホームさつき荘
  • 東近江行政組合立日野消防署
  • 中部清掃組合立日野清掃センター
  • 日野町立図書館
  • 日野町立日野公民館
  • 日野町立西大路公民館
  • 日野町立鎌掛公民館
  • 日野町立東桜谷公民館
  • 日野町立西桜谷公民館
  • 日野町立南比都佐公民館
  • 日野町立必佐公民館
  • 日野町大谷公園体育館
  • 日野町町民会館わたむきホール虹
  • 日野町勤労福祉会館
  • 日野町商工会館
  • 日野町林業センター
  • 日野町保健センター
  • 日野町立老人保健施設リスタあすなろ
  • 母子健康センター
  • 近江日野郵便局(集配局)
  • 日野雲雀野郵便局
  • 西大路郵便局
  • 日野鎌掛郵便局
  • 東桜谷郵便局
  • 西桜谷郵便局
  • 日野清田郵便局
  • 内池郵便局
  • 日野明住簡易郵便局
  • 医療法人社団昴会日野記念病院
  • 特別養護老人ホーム誉の松
  • 白寿荘特別養護老人ホーム
  • 滋賀銀行日野支店
  • 関西みらい銀行日野支店
  • 湖東信用金庫日野支店
  • 日野ゴルフ倶楽部
  • 蒲生ゴルフ倶楽部
  • 近江ヒルズゴルフ倶楽部
  • 天理教日野大教会
  • フレンドマート日野店

産業[編集]

製薬[編集]

  • 日野薬品工業株式会社
  • 福地製薬株式会社
  • 株式会社岡平製薬所
  • 吉田堂製薬株式会社

製茶[編集]

  • 有限会社満田製茶
  • JAグリーン近江製茶工場

食品製造[編集]

  • 株式会社加名田米菓研究所
  • 富士家製パン所
  • 株式会社岡崎精肉店
  • 有限会社かぎや菓子舗

醸造[編集]

  • 矢尾酒造株式会社

工業製品[編集]

  • 株式会社オーケーエム
  • 滋賀東リ カーペット
  • 株式会社ファンケル美健滋賀工場(株式会社ファンケル子会社)
  • 東洋アルミニウム株式会社日野工場(日本軽金属株式会社子会社)
  • 日本エヌエスシー株式会社日野事業場
  • 株式会社ダイフク滋賀事業所
  • 佐川印刷株式会社日野工場
  • テクノ高槻日野工場
  • 株式会社ベツセル工業滋賀工場
  • 日野精機株式会社
  • 曽羽産業株式会社
  • ハグロエンジニアリング株式会社
  • 株式会社治武製作所

産物[編集]

出身有名人・ゆかりの人物[編集]

その他[編集]

2016年6月28日に本町長選挙が2016年7月3日投票で告示され、同日投票(2016年6月26日告示)の福岡県うきは市長選挙とともに、公職選挙法の改正後、初の18歳選挙権となる可能性があったが、こちらは候補者が現職の藤沢直広だけだったため、無投票当選が確定して選挙は行われなかった[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]