滋賀農業公園ブルーメの丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
滋賀農業公園ブルーメの丘

Blumen Hugel, Nishioji, Hino-cho, Shiga-ken, ブルーメの丘 - panoramio (8).jpg

滋賀農業公園ブルーメの丘の位置(滋賀県内)
滋賀農業公園ブルーメの丘
所在地
滋賀県蒲生郡日野町西大路843
座標 北緯35度0分48.4秒 東経136度16分55.7秒 / 北緯35.013444度 東経136.282139度 / 35.013444; 136.282139座標: 北緯35度0分48.4秒 東経136度16分55.7秒 / 北緯35.013444度 東経136.282139度 / 35.013444; 136.282139
開園 1997年4月19日
運営者 株式会社ワールドインテック
公式サイト www.blumenooka.jp ウィキデータを編集
テンプレートを表示

滋賀農業公園ブルーメの丘(しがのうぎょうこうえんブルーメのおか)は、滋賀県蒲生郡日野町にある農業公園である。1997年4月19日開業[1]指定管理者制度に基づき、株式会社ワールドインテック パークマネジメント事業本部(旧:株式会社ファーム)が管理・運営している。[2][3]

概要[編集]

ブルーメの丘周辺の空中写真。(2011年4月7日撮影)。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成

中世ドイツをイメージした、酪農・ふれあい・体験をテーマに自然の中で遊びを通じて感性を育む体験型農業公園。

営業時間および休園日は、シーズン中(3月1日から11月30日)と、冬季期間中(12月1日から2月28日)で異なる。

入園料は、大人(中学生以上)1,000円、こども(4歳から小学生)600円で、3歳以下は無料である。また、飼い犬の入園にも300円の支払いを要する。その他、団体料金・学校行事団体料金・障がい者料金がそれぞれ設定されており、年間パスポート(大人3,800円、こども2,300円)も購入できる。なお、各施設の利用には別途料金が必要である。総合案内”. 株式会社ファーム. 2019年10月17日閲覧。

  • 施設ブルーメの丘パンフレット裏”. 株式会社ファーム. 2019年10月17日閲覧。
    • 公園ゾーン
      • はじまりのエリア(入場ゲート、チケット売り場、ゲートショップ、ブルーメドッグラン)
      • にぎわいのエリア(時計台の売店、農村レストラン、バーベキューハウス、シルバニアファミリーあそびのお部屋、クラフト体験工房、パン工房、ソーセージと乳製品のお店、まちカフェ、ミルクプラント、味食館)
      • あそびのエリア(アルプスジム、パターゴルフ、ミニSL、足こぎボート、コイ釣り、木製迷路、金魚つり、ゴーカート、アーチェリー、バギー、エアージャンパー、セグウェイ、コブナつり、芝すべり、おもしろ自転車、アルプスカフェ、シュピール)
      • 水のエリア(小川、じゃぶじゃぶ池)
    • 農場ゾーン
      • つどいのエリア(石窯パン屋さん、ビールとソーセージ屋台、クラフトビール工房、グルメ体験工房<農林体験ホール>、畑、ブルーベリー畑)
      • はなのエリア(メイン花畑、メイン芝生広場、ミニ温室)
      • どうぶつのエリア(動物ふれあい広場、羊の放牧場、アルパカの放牧場、馬の放牧場、乗馬場)
      • めぐみのエリア(やさい畑)
      • ブルーメ牧場(牛舎、牛の放牧場)
      • まきばの館レーベン(まきばの研修施設、まきばのレストラン、宿泊施設)

その他[編集]

毎年、4月下旬の開園記念として京都橘高等学校吹奏楽部のマーチングパレードが実施され人気を博している。

アクセス[編集]

公共交通機関[編集]

自動車[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ドイツ連邦共和国 ノイシュタット/アイッシュ市”. www.town.shiga-hino.lg.jp. 日野町. 2020年11月25日閲覧。
  2. ^ 企業情報 | 滋賀農業公園ブルーメの丘”. www.blumenooka.jp. 滋賀農業公園ブルーメの丘. 2020年11月25日閲覧。
  3. ^ ワールドホールディングス (2019). “新たな事業創出の局面に入った農業公園事業”. 中間株主通信 27期: 10. https://world-hd.co.jp/app/wp-content/uploads/2019/09/WorldHD_Interim-Business-Report-2019Q2.pdf. 

外部リンク[編集]