遠藤エミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
遠藤エミ
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県
生年月日 (1988-02-19) 1988年2月19日(34歳)
身長 155cm
体重 46kg
血液型 A型
選手情報
所属 滋賀支部
登録番号 4502
登録期 102期
級別 A1級
特徴 自在
選手実績
デビュー日 2008年5月6日
SG優勝 1
GI/PGI優勝 2
GII優勝 4
GIII優勝 10
一般戦優勝 21
通算優勝 38
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

遠藤 エミ(えんどう エミ、1988年2月19日 - )は、滋賀県蒲生郡日野町出身の競艇選手。登録第4502号。102期。滋賀支部所属。

姉に元競艇選手の遠藤ゆみ(引退)。同期に前田将太上野真之介山田康二河合佑樹高野哲史樋口由加里らがいる。キャッチフレーズは湖国のレイクレーサー。そして、女性競艇選手唯一のSG覇者である。

2022年3月21日大村競艇場にて開催された SG第57回総理大臣杯において女性競艇選手として史上初のSG優勝を果たした[1][2](後述詳細)。

来歴[編集]

滋賀県立八幡商業高等学校卒業。高校時代の部活動はソフトボール部所属だった。競艇選手を目指していた姉に勧められ受験。やまと競艇学校には2回目で合格。リーグ戦勝率3.92(準優出1。優出はなし)の成績を残した。

2008年5月6日琵琶湖競艇場でデビュー(6着)。9月24日、琵琶湖競艇場での「日刊ゲンダイカップ」最終日1Rで初勝利(41走目)。

2009年12月17日丸亀競艇場での「艇友ニュースアダムスキーカップ争奪 男女W優勝戦」で初優出(6着)[3]

2012年11月25日鳴門競艇場での「第15回日本財団会長賞競走 男女W優勝戦」で初優勝(優出11回目)。12月11日大村競艇場での「第1回賞金女王シリーズ戦(当時のシリーズ戦は当時のオール女子戦と同格の一般戦)」に初出場。

2013年8月6日、鳴門競艇場での「G1第27回女子王座決定戦競走」にG1初出場。8日、3日目3RでG1初勝利[4]

2015年8月25日蒲郡競艇場での「SG第61回MB記念」にてSG初出場。26日、2日目3RでSG初勝利[5]

2017年12月31日、大村競艇場において開催された「第6回賞金女王決定戦」でG1初優勝。この年は5390万円を獲得して賞金女王にも君臨している(全競艇選手の中でも23位)だけではなく、賞金女王決定戦史上初の完全優勝(予選から全てのレースで1着でゴールする事)も果たした。

2018年3月10日びわこ競艇場において開催されたG2第2回「レディースオールスター」5日目第12R準優勝戦において平高奈菜大山千広と共にフライングを喫し、5月28日6月26日までフライング休みとなり、本来であれば出場当確だった徳山競艇場6月19日から開催のSG第28回グランドチャンピオン決定戦桐生競艇場7月31日から開催のG1第32回女子王座決定戦の出場権も失う。

2021年8月10日浜名湖競艇場において開催されたG1第35回「女子王座決定戦」6日目(最終日)第12R優勝戦において1コースから逃げ切り、念願の女子王座を獲得(G1タイトルは2勝目)。また同年は6439万8000円を獲得し賞金女王となった[6]

2022年3月21日、上述の女子王座決定戦優勝により出場権を得て、大村競艇場において史上初のナイター開催となったSG「第57回総理大臣杯」において、道中をオール3連対、女子選手としては史上初となる予選得点トップで通過すると、準優勝戦も1枠1コースから危なげなく逃げ切り、女子選手としてはSG第38回笹川賞において横西奏恵が優出して以来、11年ぶりのSG優勝戦出場(自身初優出)となった。優勝戦は1枠1コースから.07のスタートを決めると、1M鋭く差し込んだ上條暢嵩中島孝平らを振り切り、競艇界史上初の女性SG覇者となった。

人物・エピソード[編集]

  • 高校卒業後はパン類好きなのを生かしてベーカリーショップでアルバイトをしていたが、一般的な販売担当ではなく当時の女性としては珍しい部類であったパンの焼成を担当していた[7]
  • 滋賀支部の先輩選手である吉川昭男によると、「めちゃめちゃ(酒を)飲む。そして、酔っ払うと泣く(笑)」という[8]
  • 女性選手の先輩に当たる平高奈菜は、「エミのすごいところは、いつも1人でコツコツとプロペラを調整しているところ」と評する[9]

獲得タイトル[編集]

SG[編集]

GI[編集]

GII[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2022年3月21日、第57回ボートレースクラシック優勝から現時点まで
  2. ^ 史上初の女子SG制覇を成し遂げた遠藤エミが凱旋パレードを実施/びわこ”. 日刊スポーツ (2022年4月22日). 2022年4月22日閲覧。
  3. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB・デビュー初優出
  4. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB・G1初勝利
  5. ^ BOAT RACE OFFICIAL WEB・SG初勝利
  6. ^ 日刊スポーツ大阪本社版、2022年1月1日付18面
  7. ^ サンケイスポーツ特別版「BOAT RACE GIRL(2018年版)」〜びわこ レディースオールスター大特集〜記事内「賞金女王遠藤エミ×神スイング稲村亜美 スペシャル対談」
  8. ^ ボートレース ウィークリー 吉川昭男選手が登場!JLCレジャーチャンネル 2022年3月28日配信
  9. ^ ボートレース ウィークリー 平高奈菜選手が登場!JLCレジャーチャンネル 2022年4月18日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]