若霖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
若霖
1675年 - 1735年
延宝3年 - 享保20年9月17日
法名 汝岱
桃渓
生地 武蔵国金沢
宗旨 浄土真宗
宗派 本願寺派
寺院 正崇寺(近江国日野)
知空
弟子 法霖智暹
著作 『正信偈文軌』など

若霖(じゃくりん、1675年延宝3年) - 1735年11月1日享保20年9月17日[1])は、江戸時代前期から中期にかけての浄土真宗本願寺派。第3代能化

概要[編集]

武蔵国金沢生まれ。桃渓と号す。西本願寺学林の第2代能化・知空に学ぶ。近江日野の正崇寺に住する。『維摩経』の解釈で師と対立して破門されるが後に許される。1718年(享保3年)から死去する1735年(享保20年)まで第3代能化を務め[2]、学林制約を定めた。弟子に第4代能化の法霖や、明和の法論を起こした智暹がいる。1735年11月1日(享保20年9月17日)、61歳で死去する[1]

著作[編集]

  • 『正信偈文軌』など

注釈[編集]

[ヘルプ]