うきは市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うきはし
うきは市
Chikugo-Yoshii11s5s3200.jpg
筑後吉井(鏡田屋敷)
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 福岡県
団体コード 40225-7
面積 117.46km2
総人口 29,254
推計人口、2016年6月1日)
人口密度 249人/km2
隣接自治体 久留米市朝倉市八女市
大分県日田市
市の木 柿の木
市の花 彼岸花
市の鳥 カワセミ
うきは市役所
所在地 839-1393
福岡県うきは市吉井町新治316番地
北緯33度20分50.3秒東経130度45分17.8秒
うきは市役所
外部リンク うきは市公式サイト

うきは市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

特記事項 市役所のデータは吉井庁舎のもの
 表示 ウィキプロジェクト

うきは市(うきはし)は、福岡県の南東部に位置する

地理[編集]

福岡県南部の筑後地方に位置し、大分県日田市と隣接する。筑後川を挟んで朝倉市と接し、西は久留米市田主丸町、南は八女市星野村と隣接する。市内を久大本線国道210号が東西に横断する。

経済的には久留米市、朝倉市との関係が強く、両市への通勤通学人口が多い。また、県を越えた大分県日田市との経済的結びつきもある。久留米市への通勤率は13.6%(平成22年国勢調査)。

隣接する自治体[編集]

福岡県
大分県

地名[編集]

従来の大字の前に旧町名を冠する。

吉井町
  • (町制当初の吉井町の区域は、従来から大字が設置されておらず、うきは市市制後も吉井町の後に番地を続ける。)
  • 生葉(旧江南村)
  • 江南(旧江南村)
  • 新治(旧江南村)
  • 八和田(旧江南村)
  • 清瀬(旧千年村)
  • 桜井(旧千年村)
  • 橘田(旧千年村)
  • 千年(旧千年村)
  • 徳丸(旧千年村)
  • 福永(旧千年村)
  • 宮田(旧千年村)
  • 若宮(旧千年村)
  • 富永(旧福富村)
  • 福益(旧福富村)
  • 屋部(旧福富村)
  • 鷹取(旧船越村)
  • 長栖(旧船越村)
浮羽町
  • 朝田(旧御幸村)
  • 浮羽(旧御幸村)
  • 流川(旧御幸村)
  • 西隈上(旧御幸村)
  • 東隈上(旧御幸村)
  • 高見(旧大石村)
  • 古川(旧大石村)
  • 三春(旧山春村)
  • 山北(旧山春村)
  • 妹川(旧姫治村)
  • 小塩(旧姫治村)
  • 田篭(旧姫治村)
  • 新川(旧姫治村)

歴史[編集]

的邑(いくはのむら)→ 生葉郡浮羽郡うきは市 と変遷してきた。

近現代[編集]

  • 1889年4月1日 - 町村制度施行により、現在の市域にあたる以下の町村が発足。
    • 生葉郡吉井町・千年村・江南村・福富村・浮羽村・姫治村・大石村・山春村・椿子村
    • 竹野郡船越村
  • 1896年3月29日 - 郡制施行により、上記各町村はすべて浮羽郡に属する。
  • 1929年4月1日 - 浮羽村と椿子村が新設合併し、御幸村が発足。
  • 1951年1月1日 - 御幸村が町制施行。御幸町となる。
  • 1951年4月1日 - 御幸町が姫治村・大石村・山春村を編入し、同時に浮羽町と改称。
  • 1955年1月1日 - 吉井町・千年村・江南村・福富村・船越村の一部が新設合併し、吉井町が発足(船越村の他の地域は田主丸町へ)。
  • 1996年2月26日 - 浮羽郡吉井町が浮羽郡田主丸町と境界変更。
  • 2001年3月12日 - 浮羽郡吉井町が朝倉郡朝倉町及び浮羽郡田主丸町と境界変更。
  • 2003年2月14日 - 浮羽郡吉井町及び浮羽郡浮羽町が境界変更。
  • 2005年3月20日 - 吉井町浮羽町が合併し市制施行。うきは市が発足。
  • 2016年7月3日 - 市長選挙を実施。改正公職選挙法(選挙権年齢を18歳に引き下げ)施行後に執行された初の選挙。同法は第24回参議院議員通常選挙(2016年6月22日公示、2016年7月10日投票)の公示直前に施行されたが、本市長選挙は公示は参院選より遅い2016年6月26日であったものの、投票は参院選より1週間早い2016年7月3日であったため、改正公職選挙法施行後初の選挙となった。18・19歳の投票率は38.38%(全体の投票率は56.1%)で、現職の高木典雄が再選された[1][2]

歴代市長[編集]

氏名 就任年月日 退任年月日
1 怡土康男 2005年4月24日
2 2012年5月25日
3 髙木典雄 2012年7月15日
4

行政[編集]

市長[編集]

市議会[編集]

  • 定数:15人
  • 任期:2018年4月30日

市役所[編集]

  • 吉井庁舎:
    • 【1階】市民生活課(人権・同和対策室)、農林振興課(農業委員会事務局)、税務課、徴収対策室、会計課
    • 【2階】総務課(選挙管理委員会事務局)、企画財政課(公共経営戦略室)、市民協働推進課(男女共同参画推進室)、住環境建設課、水資源対策室
    • 【3階】議会事務局、監査委員事務局
    • 【西別館】保健課、福祉事務所、福岡県介護保険広域連合うきは・大刀洗支部
  • うきは市民センター:
    • 【1階】生涯学習課(図書館)
    • 【2階】浮羽市民課、うきはブランド推進課
  • うきは市生涯学習センター:
    • 学校教育課、生涯学習課(社会教育係、文化財保護係、スポーツ文化振興係)

消防[編集]

警察[編集]

産業[編集]

企業[編集]

友好都市[編集]

国内[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography40225.svg
うきは市と全国の年齢別人口分布(2005年) うきは市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― うきは市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
うきは市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 37,301人
1975年 36,487人
1980年 36,762人
1985年 36,845人
1990年 35,910人
1995年 35,179人
2000年 34,045人
2005年 32,902人
2010年 31,653人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

市立
  • 吉井中学校
  • 浮羽中学校

小学校[編集]

市立
  • 小塩小学校
  • 妹川小学校
  • 山春小学校
  • 大石小学校
  • 御幸小学校
  • 姫治小学校
  • 千年小学校
  • 吉井小学校
  • 福富小学校
  • 江南小学校

交通[編集]

鉄道路線[編集]

市名と同じうきは駅があるが、中心駅は筑後吉井駅である。うきは駅は1990年まで、筑後千足駅という名前だった。

バス路線[編集]

浮羽町内線の終点

市内を走るバス路線の拠点は、旧吉井町地区が西鉄吉井営業所、旧浮羽町地区が浮羽発着所である。

  • 西鉄バス西鉄バス久留米) - 市内の旧吉井町中心部にある吉井支社が担当し、旧吉井町地区では吉井支社(西鉄吉井営業所)が、旧浮羽町では浮羽発着所が運行の拠点となっている。
    • 20:浮羽発着所 - 吉井営業所 - 久留米市(国道210号経由)
    • 浮羽支線(旧浮羽町中心部と南部の山間部の集落を結ぶ路線)
      • 浮羽発着所 - 田篭地区 - 日田市前津江村(県道106号経由)
    • 浮羽発着所 - 朝倉市杷木発着所(県道52号経由)※単独の系統ではなく、浮羽支線の一部の便が朝倉市旧杷木町の中心部にある杷木発着所発着で浮羽発着所を経由する。
  • うきはバス - 市が旧浮羽町にて道路運送法第78条・第79条に定める自家用有償旅客運送(白ナンバー路線バス)として運行する路線バス。うきは市民センターを拠点に循環する。平日のみ運行。
    • 大石線
    • 山春線

かつては日田バスが浮羽発着所を経由して久留米市と日田市の日田バスセンター・高塚を結ぶ路線を運行していたが、浮羽発着所 - 日田バスセンター・高塚間の運行に短縮されたのち、2014年5月21日に廃止された。また、浮羽発着所(一部朝倉市杷木発着所)から小塩地区(県道105号経由)・妹川地区(県道52号線経由)を結ぶ2路線が存在したが、2014年9月30日の運行を以て廃止された。[3]

乗合タクシー[編集]

  • 小塩・妹川予約型乗合タクシー
    • 西鉄バス久留米の小塩・妹川地区への路線廃止に伴い、2014年10月1日運行開始。[4]朝田タクシーが受諾運行する。

道路[編集]

高速道路
一般国道
主要地方道
道の駅

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

古墳・史跡[編集]

つづら

百選[編集]

うきは市をモデルにした漫画・ドラマ[編集]

大字・字・ばさら駐在所
1980年から1983年の在住経験による漫画家うえやまとちの作品。
うきは〜少年たちの夏〜
2002年に放送された福岡発地域ドラマ(単発ドラマ)脚本は森下直
神霊狩/GHOST HOUND
2007年に放送されたProduction I.G20周年記念として制作されたテレビアニメ。うきは市とは明言されていないが、浮羽郡人会21のクレジットがあり、方言は浮羽町特有の言葉である。アニメに出てくるダムは合所ダムに、山頂への長い階段を登った所に有る神社は浮羽稲荷神社に似ている。柳川市とダムのある近隣の場所を見つけてきて架空の町を作り上げた作品だと、インタビューで語っている。

うきは市出身の有名人[編集]

歴史[編集]

  • 篠原泰之進 (1828~1911) - 新撰組諸士調役兼監察方及び柔術師範 ※生葉郡高見村
  • 河北倫明(美術評論家)(1914~1995)※浮羽町出身
  • 菊竹六皷(ジャーナリスト)(1880~1937)※吉井町出身
  • 玉井忠田 (医者)(1808~1877) ※浮羽町出身  久留米(くるめ)藩の侍医となり,藩校医学館で教えた。著作に「傷寒論柯則(しょうかんろんかそく)」

政治家・芸能・その他[編集]

うきは市にゆかりのある人[編集]

市外局番[編集]

  • 0943(田主丸MA。全域)

脚注[編集]

  1. ^ “18・19歳の投票率38.38% 福岡・うきは市長選”. 朝日新聞. (2016年7月4日). http://www.asahi.com/articles/ASJ745JB6J74TGPB00X.html 2016年7月24日閲覧。 
  2. ^ “全国初「18歳選挙」、投票率38.38% 福岡・うきは市長選”. 日本経済新聞(ソースは共同通信). (2016年7月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS04H3U_U6A700C1000000/ 2016年7月9日閲覧。 
  3. ^ [ダイヤ改正]10/01 西鉄バス久留米 杷木浮羽支線 (西鉄バス)
  4. ^ 小塩・妹川地区路線バス廃止に伴う「予約制乗合タクシー」10月1日開始

関連項目[編集]

外部リンク[編集]