ダイフク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ダイフク
Daifuku Co., Ltd.
Daifuku company logo.svg
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
555-0012
大阪府大阪市西淀川区御幣島3-2-11
設立 1937年5月20日
業種 機械
法人番号 5120001050011
事業内容 物流システムに関するコンサルティングとエンジニアリングおよび設計・製造・据付・サービスなど
代表者 田中章夫代表取締役会長
下代博(代表取締役社長兼社長執行役員
猪原幹夫(代表取締役副社長兼副社長執行役員)
資本金 318億6,530万円
(2018年3月末時点)
発行済株式総数 123,610,077株
売上高 連結: 4,049億円
単体: 1870億円
(2018年3月期)
営業利益 連結: 399億円
(2018年3月期)
純利益 連結: 290億円
(2018年3月期)
総資産 連結: 3,737億円
(2018年3月期)
従業員数 連結: 9,193人 (2018年3月末時点)
決算期 3月
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行 9.18%
日本マスタートラスト信託銀行 6.96%
みずほ銀行 4.44%
三井住友銀行 3.30%
(2017年3月末時点)
主要子会社 コンテック・ダイフクプラスモア
外部リンク https://www.daifuku.com/jp/
テンプレートを表示

株式会社ダイフク: Daifuku Co., Ltd.)は、大阪市西淀川区に本社を置く物流システム、立体式の自動倉庫のメーカーである。自動車生産ラインのコンベヤシステム、洗車機電子機器用部品などの製造も手がけている。

ブランドメッセージは「Always an Edge Ahead」(オールウェイズ・アン・エッジ・アヘッド)。

沿革[編集]

  • 1937年 - 株式会社坂口機械製作所として大阪市西淀川区に会社設立。
  • 1947年 - 大福機工株式会社に社名変更。
  • 1957年 - トヨタ車体にチェンコンベヤシステム1号機を納入。続いて、東洋工業(現マツダ)、いすゞ自動車富士重工業などに納入。
  • 1963年 - 小牧工場第一工場操業開始。国産初のボウリングマシンを生産。
  • 1965年 - 日本初の無人搬送車「プロントウ」を開発。
  • 1969年 - 東証大証名証各1部に株式上場。(現在、大証と名証は上場廃止)
  • 1977年 - 洗車機の生産を開始。
  • 1984年 - 現在の社名に変更。半導体業界向け「クリーンウェイ」「クリーンストッカー」を開発。
  • 1991年 - (株)コンテックと(株)パルテックを統合、電子機器事業部・新会社(株)コンテックを設立
  • 1993年 - 世界初の無接触給電搬送システムを開発、1号機を関東自動車工業岩手工場に納入。 
  • 1987年 - リニアモーター駆動方式の「ラムランLIM」を開発、1号機をトヨタ自動車に納入。
  • 2000年 - 洗車機事業部(株)ダイフクユニックス設立
  • 2004年 - 同業のキトーから物流システム事業を買収、ダイフク・ロジスティック・テクノロジー設立。㈱コンテック・イーエムエスを設立。環境対応型の自動車塗装システム「E-DIP」を開発。
  • 2006年 - 滋賀事業所へ工場集約、世界最大級のマテハン生産拠点竣工。(株)ダイフクキュービカエーエムエフを設立
  • 2007年 - (株)コンテック東証、第2部市場に上場
  • 2009年 - (株)ダイフクユニックス、(株)ダイフクキュービカエーエムエフ、(株)ダイフクビジネスサービスの物流機器レンタル事業部門を統合して、(株)ダイフクプラスモア設立 
  • 2010年 - (株)YASUIから洗車機事業の譲渡を受ける。

主な製品[編集]

  • 製造業・流通向けシステム(FA&DA) 立体自動倉庫、コンベヤ・ソーター、無人搬送車、移動ラック
  • 半導体・液晶生産ライン向けシステム(eFA)
  • 自動車生産ライン向けシステム(AFA)
  • 空港向け手荷物搬送システム(ABH)
  • ライフスタイルプロダクツ(LSP)
  • 電子機器(Electronics)

事業所[編集]

関連会社[編集]

  • 株式会社コンテック
  • 株式会社コンテックソフトウェア開発
  • 株式会社ダイフクプラスモア
  • 株式会社ダイフクビジネスサービス
  • 株式会社ダイフク・マニュファクチャリング・テクノロジー
  • 株式会社ダイフクルネス
  • 株式会社岩崎製作所

外部リンク[編集]