大福

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大福

大福(だいふく)は、小豆でできたで包んだ和菓子の一種。大福餅(だいふくもち)とも。

餅はきめ細かくつかれているものを使い、餡の量は餅と同量以上であることが多い。食用のをまぶしてあることも多い。餅にヨモギを加えたものや、餡の代わりにイチゴカスタードクリームを入れたものなどさまざまなバリエーションが存在する。そのまま食べることが多いが、好みによって焼いたり、汁粉に入れたりする。大福を自宅で作る際は、餅に砂糖を混ぜておくと硬くなりにくい。工場で生産され、流通経路を介して販売される製品も同様の傾向がある。

歴史[編集]

室町時代後期頃には、多めの塩塩あんびん)をの皮でくるんだ球状の餅菓子を、その形から「鶉餅(うずらもち)」と呼んでいた。当時の鶉餅は大きく腹持ちが良いことから、「腹太餅(はらぶともち)」とも呼ばれた。1771年(明和8年)に江戸小石川の未亡人が、より小形で平らにし餡に砂糖を加えたものを「おた福餅」または「大腹餅(だいふくもち)」の名で売り始めた[1]18世紀末には江戸で毎夜多くの屋台の大福売りが、この餅をその場で焼いて売るようになった。これらが大腹から吉字を使った大福、もしくは餅を大福長者[2]に見立てて大福と呼ぶようになった。当初には、焼いたものを大福餅、焼いてないものは生の餡餅(あんもち)と呼んでいた。また「餅まんじゅう」とも呼ばれていた[3]。18世紀末頃には甘い餡も見られるようになったが、当時は砂糖は贅沢品であり、その後明治大正期にかけて塩餡の大福餅も広く売られていた[4]

種類(一例)[編集]

豆大福
大福(紅白)
よもぎ大福
  • 豆大福 - 餅に赤エンドウ大豆を混ぜ込んだ大福。
  • 草大福 - ヨモギを入れてついた餅を皮にしている大福。ヨモギのために皮ががかる。
  • 塩大福 - 皮や餡が塩味の大福。元々は砂糖ではなく塩を味付けに使っていたが現在は砂糖のともに適量の塩を加えている。
  • 塩豆大福 - 塩大福と豆大福が合わさったもの。
  • いちご大福 - 小豆餡の中にイチゴが入っている大福。その他イチゴのみ、イチゴと生クリーム、イチゴと白餡などがある。
  • 果物を使った大福としては、栗大福、オレンジ大福、ピーチ大福、メロン大福、ブルーベリー大福等がある。
  • 梅大福 - 小豆餡の代わりにの甘露煮が入っている大福。または、餅に梅の果汁とシソを混ぜ込んだ大福。
  • コーヒー大福、カフェオレ大福 - 小豆餡にコーヒーの風味を付けたもの。生クリームが入っているもの等がある
  • モンブラン大福 - 小豆餡の代わりにマロン・クリームが入っている大福。
  • プリン大福・カスタード大福 - 小豆餡の代わりにカスタードカスタードクリームカスタードプディング、両者の中間的な状態のものなど)が入っている大福。
  • ティラミス大福 - ティラミスのクリームをコーヒー味の餅でくるんだ大福。
  • なんじゃこら大福 - つぶあんの中にイチゴクリームチーズが入った大福。宮崎市の和菓子屋「お菓子の日高」で販売されている。
  • 塩あんびん - 砂糖を用いず塩で味付けした大福。埼玉県北部で古くから食べられている。

大福に関する文化[編集]

  • 大福食い競争 - 主に学校の運動会等で行われる競技のひとつ。徒競走に、途中で大福を食べなければならないというルールを加えた競技であり、パン食い競走の大福版といえる。パンを吊す代わりに、小麦粉が詰められた箱の中に隠された大福を、顔を突っ込み、口のみで探し出し食べる。
  • 「大福」は白くて丸いものの比喩表現として使われることがある。

大福に関する楽曲[編集]

大福に関するキャラクター[編集]

  • だいふくさん - Yahoo!動画「だいふくさん」に登場するキャラクター。下町に三代続く和菓子の老舗『大福本舗』で毎日作られている大福餅。友達に「草餅くん」、「苺だいふくちゃん」、「きなこ餅くん」と、双子の弟でつぶ餡の「つぶだいふく」がいる。

注釈[編集]

  1. ^ 宮崎正勝『知っておきたい「食」の日本史』196p・角川ソフィア文庫
  2. ^ Kotobank 小学館 - デジタル大辞泉 「大福長者」
  3. ^ Kotobank 日立ソリューションズ・クリエイト - 世界大百科事典小学館 - 日本大百科全書(ニッポニカ) 「大福餅」
  4. ^ Kotobank 日立ソリューションズ・クリエイト - 世界大百科事典 「おた福餅」

関連項目[編集]