大福駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大福駅
東望 手前が大阪上本町方面ホーム
東望 手前が大阪上本町方面ホーム
だいふく - Daifuku
D40 耳成 (1.3km)
(1.6km) 桜井 D42
所在地 奈良県桜井市大福三丁目241-2[1]
駅番号  D41 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)[1]
所属路線 D 大阪線
キロ程 38.2km(大阪上本町起点)
電報略号 タイフ
駅構造 地上駅(地下駅舎)
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,655人/日
-2012年-
開業年月日 1929年昭和4年)1月5日
備考 無人駅[1]
テンプレートを表示

大福駅(だいふくえき)は、奈良県桜井市大福三丁目にある、近畿日本鉄道(近鉄)大阪線[1]

歴史[編集]

北方約1キロメートルの場所に旧大和鉄道の「大福駅」があったが、当駅開業を目前にした1928年12月20日に東新堂駅に改称している。

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ地上駅。改札・コンコースは地下に、ホームは地上にある。ホーム有効長は6両。改札口は1ヶ所のみ。地上との出入口は南北双方に1ヶ所ずつある。便所は下りホームにあり、男女別の水洗式

2013年(平成25年)12月より終日無人駅化された。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 D 大阪線 下り 榛原名張伊勢中川伊勢志摩名古屋方面
2 D 大阪線 上り 大和八木大阪上本町大阪難波尼崎神戸三宮方面

利用状況[編集]

  • 主として通学・通勤用に利用される。
  • 大福駅の利用状況の変遷を下表に示す。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す[6]。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
      • 2012年11月13日の調査結果によると、1日の乗降人員は1,655人[7]
      • 2010年11月9日の調査結果によると、1日の乗降人員は1,794人[8]。この数字は…
        • 近鉄の全調査対象駅(287駅)中、201位。
        • 大阪線の駅(48駅、他線接続駅含む)の中では、36位。
        • 奈良県内の近鉄の駅(93駅)の中では、68位。
      • 2008年11月18日の調査では、1日の乗降人員は1,807人。2005年11月8日の調査では1,952人。
    • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。


駅周辺[編集]

その他[編集]

  • 縁起のいい駅名であることから、正月には台紙付きの新春記念入場券や、同じ近鉄の吉野線福神駅との入場券セットが発売されていた。また、2014年1月9日から雪見だいふく3月のライオンの宣伝の一環として1314枚(製作数2014枚)という枚数限定で『ふくふくふくふく 至福の乗車券』が販売され[9]、2月28日まで駅構内及び駅舎の広告スペースが七福神のイラストが描かれた雪見だいふくの広告に占拠される企画が行われた[10]

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
D 大阪線
快速急行・急行
通過
準急・区間準急・普通
耳成駅 (D40) - 大福駅 (D41) - 桜井駅 (D42)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 神門稔 (2015年3月17日). “近鉄100年物語:大福 「蹴鞠」支える心意気”. 毎日新聞 (毎日新聞社) 
  2. ^ a b c 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、18-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7
  3. ^ 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、86頁。全国書誌番号:21906373
  4. ^ 近畿日本鉄道株式会社 『近畿日本鉄道 100年のあゆみ』 近畿日本鉄道、2010年12月、156頁。全国書誌番号:21906373
  5. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月9日閲覧。 
  6. ^ 奈良県統計年鑑
  7. ^ 近畿日本鉄道 駅別乗降人員
  8. ^ 近畿日本鉄道 駅別乗降人員
  9. ^ ふくふくふくふく 至福の乗車券”. 近畿日本鉄道. 2014年2月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年3月9日閲覧。
  10. ^ 近鉄&ロッテコラボ、今度は「大福駅」を七福神でジャック おたくま経済新聞 2014年1月15日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]