長谷寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
長谷寺駅
駅舎
駅舎
はせでら
Hasedera
D43 大和朝倉 (3.7km)
(4.5km) 榛原 D45
所在地 奈良県桜井市大字初瀬2499
駅番号  D44 
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 D 大阪線
キロ程 45.6km(大阪上本町起点)
電報略号 ハセ
駅構造 地上駅(盛土上)
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,041人/日
-2012年-
開業年月日 1929年昭和4年)10月27日
テンプレートを表示
ホーム

長谷寺駅(はせでらえき)は、奈良県桜井市大字初瀬にある、近畿日本鉄道(近鉄)大阪線である。駅番号はD44

歴史[編集]

なお、参宮急行電鉄開業前の1909年から開業後の1938年まで、桜井駅から長谷寺駅よりやや西側にあった初瀬駅の間に、初瀬軌道→大阪電気軌道長谷線が並行して存在していた。

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ地上駅。ホーム有効長は6両。傾斜面にあるため、下り線(北)側にある駅舎はホームよりほぼ1階分ほど下にあり、各ホームへは階段で連絡している。改札口は1ヶ所のみ。まわりより高いところにあるので、盛土高架駅のようにも見える。その他下り線の北側に側線と使われていないホーム跡がある。名張方に上下渡り線があり、異常時に折り返しが可能となっている。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 D 大阪線 下り 榛原名張伊勢中川伊勢志摩名古屋方面
2 D 大阪線 上り 桜井大和八木大阪上本町大阪難波神戸三宮方面

特徴[編集]

停車列車[編集]

  • 通常は準急区間準急普通が停車するが、春のぼたん祭りや秋の紅葉の時期には急行が臨時停車することがある。
  • 日中は区間準急が毎時3本停車している。

駅設備・営業面[編集]

  • 榛原駅管理の有人駅。
  • 便所は通常は改札内にあり、男女別の水洗式。なお、この便所には改札内と改札外の2箇所に鉄製の扉が設置されている。普段は改札外の扉が閉じられているが、状況に応じて改札内の扉を閉じる事で改札外トイレに切り替えられる。
  • 自動改札機はオムロン製が設置されている。赤い自動改札機(U-PG)は、出場時2枚一括処理、PiTaPaICOCAに対応する。

当駅乗降人員[編集]

近年における当駅の1日乗降人員の調査結果は以下の通り[3]

  • 2015年11月10日:989人
  • 2012年11月13日:1,041人
  • 2010年11月9日:1,167人
  • 2008年11月18日:1,527人
  • 2005年11月8日:1,258人

利用状況[編集]

  • 主として通学・通勤・観光用に利用される。
  • 長谷寺駅の利用状況の変遷を下表に示す。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
    • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
年度別利用状況(長谷寺駅)
年 度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果
人/日
特 記 事 項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
1982年(昭和57年)   ←←←←     11月16日 2,245  
1983年(昭和58年)   ←←←←     11月8日 2,890  
1984年(昭和59年)   ←←←←     11月6日 2,698  
1985年(昭和60年)   ←←←←     11月12日 2,315  
1986年(昭和61年)   ←←←←     11月11日 2,407  
1987年(昭和62年)   ←←←←     11月10日 2,216  
1988年(昭和63年)   ←←←←     11月8日 2,355  
1989年(平成元年)   ←←←←     11月14日 2,299  
1990年(平成2年)   ←←←←     11月6日 2,297  
1991年(平成3年)   ←←←←          
1992年(平成4年)   ←←←←     11月10日 2,660  
1993年(平成5年)   ←←←←          
1994年(平成6年)   ←←←←          
1995年(平成7年)   ←←←←     12月5日 1,640  
1996年(平成8年)   ←←←←          
1997年(平成9年)   ←←←←          
1998年(平成10年)   ←←←←          
1999年(平成11年)   ←←←←          
2000年(平成12年)   ←←←←          
2001年(平成13年)   ←←←←          
2002年(平成14年)   ←←←←          
2003年(平成15年)   ←←←←          
2004年(平成16年)   ←←←←          
2005年(平成17年) 141,750 ←←←← 125,963 267,713 11月8日 1,258  
2006年(平成18年)   ←←←←          
2007年(平成19年)   ←←←←          
2008年(平成20年)   ←←←←          
2009年(平成21年)   ←←←←          
2010年(平成22年)   ←←←←          
2011年(平成23年)   ←←←←          
2012年(平成24年)   ←←←←     11月13日 1,041  

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

2005年 - 2007年の間、桜井市コミュニティバス・小夫線が駅前から運行されていた。

その他[編集]

鶴橋駅(2011年に撤去)、五位堂駅、大和高田駅、大和八木駅(2014年に撤去)、桜井駅の下り線ソラリーの快速急行、区間快速停車駅の欄に、長谷寺の文字が記載されているのもあるが、これはかつて当駅に臨時停車した快速急行、区間快速が存在していた名残である。近年は上記の通り、急行のみ臨時停車となっている。

隣の駅[編集]

近畿日本鉄道
D 大阪線
快速急行・急行
通過(急行のみ行楽時の臨時停車あり)
準急・区間準急・普通
大和朝倉駅 (D43) - 長谷寺駅 (D44) - 榛原駅 (D45)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 大手私鉄』2号 近畿日本鉄道 1、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年8月22日、18-23頁。ISBN 978-4-02-340132-7
  2. ^ “平成19年4月1日から、近鉄主要路線でICカードの利用が可能になります” (pdf) (プレスリリース), 近畿日本鉄道, (2007年1月30日), http://www.kintetsu.jp/news/files/iccard20070130.pdf 2016年3月10日閲覧。 
  3. ^ 駅別乗降人員 大阪線 - 近畿日本鉄道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]