法起院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
法起院
Houkiin 02.jpg
開山堂(本堂)
所在地 奈良県桜井市初瀬776
位置 北緯34度31分58.15秒
東経135度54分35.49秒
座標: 北緯34度31分58.15秒 東経135度54分35.49秒
宗派 真言宗豊山派
寺格 長谷寺塔頭
本尊 徳道上人
創建年 伝・天平7年(735年)
開基 伝・徳道
中興年 元禄8年(1695年)
中興 英岳
正式名 長谷寺 開山坊 法起院
札所等 西国三十三所番外
法人番号 3150005004037
テンプレートを表示

法起院(ほうきいん)は奈良県桜井市初瀬に所在する長谷寺塔頭寺院である。宗派は真言宗豊山派。本尊は徳道上人。西国三十三所番外札所である。

御詠歌:極楽は よそにはあらじ わがこころ おなじ蓮(はちす)の へだてやはある[1]

概要[編集]

寺伝によれば奈良時代天平7年(735年)に西国三十三所を創始したと伝えられている徳道がこの地で隠棲した事に始まるとされる。徳道は晩年、境内のの木に登り法起菩薩となって遷化したと言われる。当院の名称はそれに由来する。境内には徳道の廟と伝えられる十三重石塔がある。

江戸時代前期の元禄8年(1695年)長谷寺化主の英岳僧正が寺院を再建し、長谷寺開山堂とした。

画像[編集]

前後の札所[編集]

西国三十三所
7 岡寺 -- 番外 法起院 -- 8 長谷寺

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この御詠歌は徳道が詠んだ歌とされている

参考文献[編集]

  • 法起院配布パンフレット『西国巡拝開基・徳道上人御廟所 法起院』
  • 現地説明板

外部リンク[編集]