雪見だいふく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雪見だいふく
2012年パッケージデザイン
雪見だいふく(プチ3色)
2009年パッケージデザイン
雪見だいふく(プチ3色)
2009年パッケージデザインの中身

雪見だいふく(ゆきみ だいふく)は、1981年昭和56年)10月にロッテ日本で発売した和菓子。2008年以降はロッテアイスが販売している。

アイスクリーム[1]の外側を薄い求肥で包み、大福のように丸く整形された冷菓である。

使用されるアイスクリームはバニラ風味が基本であるが、限定生産でそれ以外のものも売り出されることがある。

概要[編集]

温かみあるイメージの強い和菓子の大福餅と冷たい洋風のアイスクリームを食材として組み合わせている。

前年の1980年に、マシュマロにアイスクリームを入れた「わたぼうし」がヒットし、雪見だいふくはこれを元に開発された商品である。

大福とアイスクリームの、いわゆるミスマッチの妙は広告でも巧みに訴求され、炬燵(こたつ)のある和風の家の屋内を「大福」のイメージに、窓や庭先から眺める雪景色を「アイスクリーム」のイメージに重ねて、「大福」と「雪見」を自然な光景の中の馴染みある取り合わせとして演出してみせていた。パッケージデザインの赤と白も同様のコンセプトをもとにしている。

発売以来10年あまりの間、アイスクリームはバニラ味のみであったが、1992年平成4年)以降、バリエーションとして限定発売ながらイチゴ味やチョコレート味など[2]も登場するようになり、そういった新商品の中には定番化したものもある。しかし、基本的には変わることなくオリジナルのバニラ味を中心に販売されている。バニラ味は年商70億円を毎年売り上げている。

また、1984年(昭和59年)には、カルシウム鉄分など成長期の児童に必要な栄養成分を強化した、学校給食向けの商品(品名:学校給食雪見だいふく)が開発された。

製品・製法は特許化されている。1981年(昭和56年)出願の製法特許(特許第1537351号)はすでに権利期間が満了しているが、2001年(平成13年)3月19日出願の特許出願(特願2001-79558、特開2002-272382)は2009年(平成21年)5月29日に特許4315607号として登録されている。

2008年(平成20年)、モンドセレクション(世界菓子食品品評会)において金賞を受賞した。

歴史[編集]

  • 1981年 - 「雪見だいふく」発売。
  • 1983年 - ミニサイズの雪見だいふくが9個入ったファミリー向け商品「ミニ雪見だいふく」発売。
  • 1984年 - 「雪見だいふく 学校給食アイス」が小学校の学校給食に登場。
  • 1993年 - 「月見だいふく」「梅見だいふく」発売。
  • 1995年 - ラクトアイスからアイスミルクに変更。トレイを四角に変更。
  • 1998年 - バニラ、チョコレート、ストロベリーの3種類の味が入った一口サイズの「雪見だいふくプチ3」発売。
  • 2001年 - 発売20周年を記念して「紅白雪見だいふく」を発売。
  • 2003年 - 「氷だいふく」「黄金雪見だいふく」を発売。
  • 2004年 - 初めてセンターソースの入った「雪見だいふく おいしい苺」発売。
  • 2005年 - 夏向けの「雪見だいふく 涼みあずき」発売
  • 2006年 - 「雪見だいふく 生チョコレート」発売。パッケージの「ふく」の文字が大きくなった受験生応援商品が登場。
  • 2008年 - モンドセレクション金賞受賞。
  • 2011年 - 発売30周年。ふたの裏に「雪見だいふくトリビア」(全7種類)を掲載。
  • 2013年 - シリーズ初のクッキークランチ入り商品「雪見だいふく クッキー&クランチ」発売。

餅菓子としての制約[編集]

本来、は低温にするとカチカチに固まってしまう。そのため、雪見だいふくは糖類デンプンなどを加えて柔らかく口当たりがよいように加工されている。反面、気温が高い場合、餅はすぐに食べないとドロドロに溶けてしまいがちである。この食材から来る制約のため、販売は冬季が中心となっている。

パッケージ[編集]

通常パッケージは、トレーの丸い2つのくぼみにそれぞれアイスクリームが収まり、棒状のくぼみにフォークが付属する。ふたは左右どちらのアイスクリームからでも開けられるように開け口を2箇所設ける工夫がされている。定番のバニラ風味では、蓋のデザインは赤い背景の真ん中に白いアイスクリームが描かれたデザインとなっているが、バニラ風味以外の商品では背景色はそれぞれ商品のイメージに合わせて赤以外の別な色でデザインされている。

2006年以降、縁起担ぎ商品が揃う年末年始・受験シーズン中に通常パッケージよりも「雪見だいふく」の「ふく」の文字を大きく変更した“縁起物”パッケージが恒例となっており、毎年12月頃から同企画パッケージに切り替えて商品を発売している。ロゴは『雪見だいふく』の別バージョンで『雪見だい福』や『雪見きなふく』等のレアデザインも登場している。

CMキャラクター[編集]

女性アイドルを広告モデルに起用し、かつてのテレビコマーシャルでは伊藤つかさ出演のもの、中山美穂出演のものがよく知られていた。その他起用された女優等は以下の通り。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ バニラ風味の商品の場合、種類別上はアイスミルク。一部のバリエーションはラクトアイスやアイスクリームに分類される。
  2. ^ 1992年(平成4年) プチ3色(バニラ味、イチゴ味、マロン味の3つ)、発売。
    1992年(平成4年) 月見だいふく(小倉アイス+よもぎ餅)、期間限定発売。
    1993年(平成5年) 梅見だいふく(白味噌あん味)、期間限定発売。
    1998年(平成10年) チョコレート味が登場(「プチ3」発売)。
    2001年(平成13年) 発売20周年を迎え、紅白雪見だいふくを期間限定発売。
    2003年(平成15年) 小豆味+入り(氷だいふく)、金箔入り(黄金雪見だいふく)、期間限定発売。
    2004年(平成16年) 苺ジャム入り、期間限定発売。
    2006年(平成18年) 発売25周年。味(桃雪見だいふく)と生チョコレート味、期間限定発売。
    2007年(平成19年) ティラミス味、期間限定発売。
    2008年(平成20年) 抹茶黒みつ味、期間限定発売。
    2010年(平成22年) 果実いちご味、期間限定発売。
    2010年(平成22年) とろける生キャラメル味、期間限定発売。
    2011年(平成23年) 生チョコストロベリー味、期間限定発売。
    2011年(平成23年) いちごミルク味、発売。
    2011年(平成23年) 大人の雪見だいふく(十勝あずき味)、発売。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]