モンドセレクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

モンドセレクション(Monde Selection)は、食品、飲料、化粧品、ダイエット、健康を中心とした製品の技術的水準を審査する民間団体であり、ベルギー連邦公共サービスより指導及び監査を受け、モンドセレクションより与えられる認証(この組織ではと表記している)である。1961年、独立団体としてベルギーの首都・ブリュッセルに作られた。

審査対象商品[編集]

品質ワールドセレクション:(コンクールスタイルではない)[編集]

食品分野
非食品分野

インターナショナルワインコンテスト(コンクールスタイル)[編集]

認証[編集]

出品者からモンドセレクション本部に送付された商品に対し、専門家や評論家などが審査を行う。審査基準は「味覚」「衛生」「パッケージに記載されている成分などが正しいか」「原材料」「消費者への情報提供」等の各項目の点数を加算し総合得点によって各カテゴリごとに優秀品質最高金賞、優秀品質金賞、優秀品質銀賞、優秀品質銅賞が授与される。

  • 100点満点の90点以上で優秀品質最高金賞(グランドゴールドメダル)
  • 80点以上で優秀品質金賞(ゴールドメダル)
  • 70点以上で優秀品質銀賞(シルバーメダル)
  • 60点以上で優秀品質銅賞(ブロンズメダル)

モンドセレクションによる以下のトロフィーの授与:

  • 25周年記念トロフィー:優秀品質賞を25年間連続達成した企業に与えられる。
  • クリスタル・プレステージ・トロフィー:優秀品質賞を10年間連続達成した企業に与えられる。
  • インターナショナル・ハイクオリティー・トロフィー:高水準の優秀品質賞(金賞または最高金賞)を3年連続達成した商品に与えられる。

本認証はコンクールスタイルを用いているものではない。相対評価ではなく絶対評価を用いているため、定められた技術水準を満たした商品には全て認証が与えられる。モンドセレクションは国際的には知名度は低いが、日本国内での知名度は高い。2008年の日経MJによると、審査対象品の5割が日本からの出品であり、うち8割が入賞している[1]

審査の透明性[編集]

2017年は、2965製品中420製品が最高金賞、1368製品が金賞と過半数が金賞以上に認証されており、90%以上の2691製品が銅賞以上に認証されているため[2]、90%以上が何らかの賞を受け取れるのは多すぎるのではないかと2017年にテレビ東京のワールドビジネスサテライトが報道した[3]。しかし、ワールドビジネスサテライトがモンドセレクションの審査委員長に直接問いただしたところ、「質の高い物ばかり応募されてくるので、質の悪いものを見つけるほうが逆に難しい」と返答された。

2017年まで製品の評価のスコアが非公開で、受賞の理由が不明確だったことも、審査の正しさに疑問を持たれた一因だが、ワールドビジネスサテライトの報道もきっかけに、2018年から審査の透明性を高めるため、初めて“評価シート”が導入され、味や香りなど項目ごとに獲得したスコアが明示され、企業に配布されるようになった[4]

マーケティング上の意義[編集]

認証を得た商品のパッケージには認証メダルを受賞マークとして表示することができる。これにより一定の技術水準に達していることを消費者にアピールし、売り上げを大幅に伸ばした例もある[5]。また日本では審査用書類作成やサンプル商品の輸送など、出品をサポートするコンサルタント業も存在する。

2008年現在、認証を受けた日本の商品のうち地方の中小企業によるものが増えてきており、自社商品のPRとして活用している面もある。受賞マークの使用期限は3年間であるが、インターナショナル・ハイクオリティー・トロフィーは授賞年度が記載されている事が条件のうえ、使用期限はない[6]。主な審査基準内容はパンフレットに発表されておりその内容は毎年多少の見直しが行われている。認証発行数(受賞者数)は公式発表されており、認証された企業は正確な評価ポイントを書面で知らされ、授賞式に参加すると審査員に直接アドバイスももらえる。

日本では1966年から日清製菓のバターココナツがトロフィーを受賞し、パッケージにメダルのデザインを表示、またCMで「最高金賞受賞、おいしさが世界に認められた」と宣伝したことから一躍有名になった。2007年にはサントリーザ・プレミアム・モルツのテレビCMにて特別金賞を3年連続受賞を宣伝したことでモンドセレクションの名前が広く認知されるようになった。

2008年現在、モンドセレクションの知名度を上げるため、日本で開催されている食品の展示会「フーデックス[注釈 1]にモンドセレクションも参加をしている[7]

2018年現在、中国や台湾など日本以外のアジア圏からの応募も増えている。

参加費用[編集]

審査料は食品部門であれば1製品につき1,150ユーロ、3製品以上ならば3製品目からは1製品につき1,050ユーロの割引価格が適用される[8]

開催地[編集]

授賞式は例年6月ヨーロッパ各地を巡回して行われている。[9]

開催回数 開催年 開催国 開催都市
1 1962年 ベルギーの旗 ベルギー
2 1963年 フランスの旗 フランス
3 1964年 フランスの旗 フランス
4 1965年 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
5 1966年 ベルギーの旗 ベルギー
6 1967年 フランスの旗 フランス
7 1968年 フランスの旗 フランス
8 1969年 イギリスの旗 イギリス
9 1970年 オランダの旗 オランダ
10 1971年 ベルギーの旗 ベルギー
11 1972年 スイスの旗 スイス
12 1973年 フランスの旗 フランス
13 1974年 ベルギーの旗 ベルギー
14 1975年 オランダの旗 オランダ
15 1976年 イギリスの旗 イギリス
16 1977年 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
17 1978年 スイスの旗 スイス
18 1979年 フランスの旗 フランス
19 1980年  オーストリア
20 1981年 オランダの旗 オランダ
21 1982年 イギリスの旗 イギリス
22 1983年 イタリアの旗 イタリア
23 1984年 スペインの旗 スペイン
24 1985年 ポルトガルの旗 ポルトガル
25 1986年 スイスの旗 スイス
26 1987年 ベルギーの旗 ベルギー
27 1988年 ギリシャの旗 ギリシャ
28 1989年 イギリスの旗 イギリス
29 1990年 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク ルクセンブルク
30 1991年 スペインの旗 スペイン バルセロナ
31 1992年 オランダの旗 オランダ アムステルダム
32 1993年 ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル
33 1994年 フランスの旗 フランス パリ
34 1995年 イタリアの旗 イタリア ローマ
35 1996年 ポルトガルの旗 ポルトガル リスボン
36 1997年 ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル
37 1998年  ハンガリー ブダペスト
38 1999年 ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル
39 2000年 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク ルクセンブルク
40 2001年 ポルトガルの旗 ポルトガル リスボン
41 2002年 フランスの旗 フランス パリ
42 2003年 ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル
43 2004年 オランダの旗 オランダ アムステルダム
44 2005年 ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル
45 2006年  チェコ プラハ
46 2007年 スペインの旗 スペイン バルセロナ
47 2008年  オーストリア ウィーン
48 2009年 イタリアの旗 イタリア ヴェネツィア
49 2010年 ドイツの旗 ドイツ ヴィースバーデン
50 2011年 ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル
51 2012年 ギリシャの旗 ギリシャ アテネ
52 2013年  スウェーデン ストックホルム
53 2014年 フランスの旗 フランス ボルドー
54 2015年 ポルトガルの旗 ポルトガル リスボン
55 2016年  ハンガリー ブダペスト
56 2017年 マルタの旗 マルタ バレッタ
57 2018年 スペインの旗 スペイン バレンシア

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ フーデックス」には、世界各国から食品を扱う企業が出展している

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]