リプトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リプトンの紅茶

リプトン (Lipton) は、世界的な食品・生活用品メーカーであるユニリーバが所有する、紅茶のブランドである。19世紀末、トーマス・リプトンによってスコットランドに誕生した[1]

歴史[編集]

リプトンブランドの始まりは、スコットランドに生れたトーマス・リプトンが15歳からの単身渡米の後に21歳で開いた食料品店に由来する[1]。商才に長けていたリプトンはパレードポスター等の斬新な宣伝で世間の注目を集めた[1]。食料品店を数多く経営するようになったリプトンは1890年夏のオーストラリア旅行の行程でセイロンに立ち寄り紅茶園を買収して大成功を収めた[1]

その後、アメリカ合衆国、インドに事業を展開し、1895年には王室御用商となった[1]

第二次世界大戦の戦災により、リプトンの組織は大きなダメージを受けた。また、1952年まで続いた紅茶の供給減少と国力の低下による購買力の減少により、イギリスは紅茶市場の中心とは言えない存在となった。 その後、リプトンはそのブランド力と、世界に先駆けて量産化させたティーバッグが北米市場を皮切りにヒットし復活を遂げた[2]

ユニリーバは1938年、リプトンのアメリカ合衆国およびカナダにおけるビジネスを買収した。1972年までには、リプトンのすべてがユニリーバの所有となった。

2020年1月、嗜好の変化を受けてユニリーバがリプトンの売却を含めた検討を行っている事が明らかになった[3]2021年、ユニリーバは紅茶事業をエカテラとして分社化[4]2022年の後半までにCVC キャピタル・パートナーズに売却する。

北米事業[編集]

リプトンは1892年にアメリカに紅茶のブレンドとパックを行う工場を建設[1]ボストン茶会事件以来、紅茶離れが続いていたアメリカで紅茶を飲む文化が復活する契機となった[1]

日本事業[編集]

日本での展開[編集]

2003年11月・都営バスラッピング車両

日本での商品[編集]

リプトン

全てではなく、生産終了品も含む。

ティーバッグ[編集]

リプトン イエローラベル ティーバッグ
看板商品。ピラミッド型ティーバッグと宣伝しているが、ピラミッド型とは底面が正方形の四角錘のことで、このティーバッグは三角錐なので誤りである。なお、この「ピラミッド」は登録商標である。後述のようにテトラパック型と表記することもある。
リプトン ゴリョク ティーバッグ
愛知県岐阜県三重県(稀に静岡県滋賀県などのスーパーなどに置かれていた)とオンラインショップのみ限定発売。ちなみに、三菱ガス化学製の脱酸素剤・エージレスを封入した唯一の商品だった。現在は絶版(販売中止の時期不明)。
ピラミッド(三角錐)型ティーバッグ フレーバードティーシリーズ
三角錐のティーバック。正確にはピラミッドは四角錐だが、CMなどではピラミッド型と告知している。
  • リプトン アップル ティーバッグ
  • リプトン レモン ティーバッグ
  • リプトン ストロベリー ティーバッグ
  • リプトン ピーチ ティーバッグ
  • リプトン メイプル ティーバッグ
  • リプトン キャラメル ティーバッグ
  • リプトン アールグレイ ティーバッグ
  • リプトン ダージリン ティーバッグ
ハーブティーシリーズ
  • リプトン ピュア ビューティー ティーバッグ
  • リプトン リラックスナイト ティーバッグ
  • リプトン リフレッシュ マインド ティーバッグ
その他 ティーバッグ
  • リプトン ピュア&シンプルティー ティーバッグ - お徳用100個入り。個包装を省略したことで外包装がよりコンパクトになった。(同社従来品「ブリスク」比)
  • リプトン アイスティーブレンド ティーバッグ

リーフティー[編集]

  • リプトン リーフティー ベルガモット
  • リプトン リーフティー アップルゴールド
  • リプトン エクストラクオリティ セイロン

インスタントティー[編集]

  • リプトン さわやかレモンティー

ギフトセット[編集]

  • ロイヤルコノスゥアー・ティーバッグギフトセット

ペットボトル・缶[編集]

  • ミルクティー - 販売名は当初「リプトン ザ・ロイヤル」。缶のみで販売されていた「ミルティーノ」は「シフォン ミルクティー」(2007年)の登場により終了。2012年から「リプトン 白の贅沢」。2023年9月頃からは280mlペットボトルのみ。
  • レモンティー - ペットボトルでの販売名は「リプトン リモーネ」。紙パック製品のレモンティーとは果汁の割合が異なる。通年品だった。
  • アップルティー - ペットボトルでのみ販売。通年品だった。
  • ピーチティー - 当初「クールペシェ」名で販売。定期的に販売されていた。
  • ピーチ&マンゴーティー - ペットボトルでのみ販売。(2014年)
  • ストレートティー - ペットボトルでの販売名は「ストレートフラッシュ」(2006年)
  • スパークル アップルティーソーダ - ペットボトルでのみ販売。微炭酸アップルティー(2006年)
  • オリエンタルバカンス - ペットボトルでのみ販売。バニラの香りのストレートティー(2008年)
  • オリエンタルスタイル(2012年)
  • ココナッツ アイランド(2008年)
  • プロバンスオレンジティー(2008年)
  • ティースパークル レモン(2022年)
  • レモン スパークル(2023年)

紙パック・チルド飲料[編集]

  • レモンティー
  • ピーチティー
  • アップルティー
  • グリーンアップルティー
  • グレープティー
  • ミルクティー

(2022年3月ロイヤルミルクティーにリニューアルしたが、2023年3月復活)[8]

  • ゴールデンパインアップルティー
  • マンゴーティー
  • マスカットティー
  • ライチティー
  • オレンジティー
  • ストロベリーティー
  • ラ・フランスティー
  • グレープフルーツティー
  • アプリコットティー
  • ストレートティーダージリン
  • ティーオレ ショコラ
  • ティーオレ フルーツ
  • ストロベリーティーオレ
  • モンブランティーオレ
  • バナナティーオレ
  • ティーオレ カスタード
  • カロリーゼロピーチティー
  • カロリーゼロオレンジティー
  • EXTRASHOT
  • ゴールドキウイティー
  • とろけるクリーミーミルクティー

ご注文はうさぎですか?とコラボレーション時におけるトラブル[編集]

2021年にテレビアニメ『ご注文はうさぎですか?』とコラボレーションしたパッケージの紙パック商品を発売したところ、レモンティーやアップルティーを尿と呼ぶ、中身を検尿コップに入れる、キャラクターの絵の下半身に穴を開けて中身を出す、ミルクティーのパッケージに描かれたキャラクターの胸の部分に穴を開けて母乳のように出すなどの写真をTwitterにアップする者がいた[9]。これらの行為に対し販売元の森永乳業からも公式で苦言を呈される事態となった[10]

日本でのCM出演者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 出口保夫『英国紅茶の話』PHP文庫、1998年
  2. ^ 荒木安正「紅茶王と呼ばれた男」『紅茶の楽しみ方』新潮社、1994年、第2刷、ISBN 410602022X、p.109
  3. ^ Thomas Buckley (2020年1月31日). “「リプトン」売却も、ユニリーバが紅茶人気衰退で検討”. ブルームバーグ. 2021年11月14日閲覧。
  4. ^ 英ユニリーバ、リプトンなど紅茶事業を分社化”. 日本経済新聞電子版 (2021年9月24日). 2021年11月14日閲覧。
  5. ^ 【リプトン ティーバッグ】日本の紅茶文化はここから(男の浪漫伝説 Vol.55) | ドリームメール
  6. ^ 「リプトン」ブランド 家庭用紅茶製品販売開始のお知らせ”. キーコーヒー (2016年10月24日). 2021年11月14日閲覧。
  7. ^ ユニリーバ、茶葉・飲料事業を分社化 紅茶の「リプトン」主軸に展開 新会社「エカテラ・ジャパン」が方針”. 食品新聞 (2021年10月25日). 2021年11月14日閲覧。
  8. ^ 真平, 若松. “わずか1年で元の味に戻しました 「リプトン ミルクティー」の決断”. withnews.jp. 2023年7月19日閲覧。
  9. ^ https://twitter.com/takigare3/status/1453018438511697921?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1453018438511697921%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=http%3A%2F%2Fblog.esuteru.com%2Farchives%2F9777081.html
  10. ^ 人気アニメ「ごちうさ」コラボ紅茶、一部購入者がキモすぎる暴走 メーカー苦言”. キャリコネニュース (2021年10月29日). 2023年5月6日閲覧。

外部リンク[編集]