味の素AGF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
味の素 > 味の素グループ > 味の素AGF
味の素AGF株式会社
Ajinomoto AGF, Inc.
Ajinomoto global logo.svg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 AGF
本社所在地 日本の旗 日本
151-8551
東京都渋谷区初台一丁目46番3号
シモモトビル
設立 1973年8月1日(創業:1954年
業種 食料品
法人番号 1011101037276 ウィキデータを編集
事業内容 飲食料品の製造及び販売
代表者 代表取締役社長 品田英明
資本金 38億6270万円
売上高 852億6300万円
(2022年03月31日時点)[1]
営業利益 57億9000万円
(2022年03月31日時点)[1]
経常利益 57億3500万円
(2022年03月31日時点)[1]
純利益 38億8400万円
(2022年03月31日時点)[1]
総資産 648億9600万円
(2022年03月31日時点)[1]
従業員数 1,287名(2022年4月1日現在)
主要株主 味の素 100%
外部リンク https://www.agf.co.jp/index.html
テンプレートを表示

味の素AGF株式会社(あじのもとエージーエフ)は、東京都に本社を置く飲食料品の製造及び販売を手がける食品メーカー

味の素と、ゼネラルフーヅ(当時、現在のモンデリーズ・インターナショナル)との合弁会社として設立後、2015年10月に味の素の100%子会社となり[2]、2017年7月に「味の素ゼネラルフーヅ」から現社名へ変更された。

概要[編集]

コーヒーを中心とした飲料を強みとする。競合他社は、ネスレ日本キーコーヒーUCC上島珈琲三本珈琲などがある。1998年までは、ペットフードも販売していた。国内でのコーヒーシェアは高い。社内外では専らAGFの略称で呼ばれ、正式名称で呼ばれることは少ない。

企業キャッチコピーは「いつでも、ふぅ。」。2015年からCMに使用されているサウンドロゴは、1980年代からギフト関連のCMに使われていたサウンドロゴをリメイクしたもの。

工場[編集]

  • 第一製造部/管理部 - 〒370-0426 群馬県太田市世良田町1588-16
  • 第二製造部 - 〒327-0044 栃木県佐野市下羽田字新田2016

沿革[編集]

  • 1954年3月 - 米国ゼネラルフーヅ社の日本法人「ゼネラル・フーヅ株式会社」として創業。
  • 1954年12月 - 現在アサヒ飲料で販売中のブランド「バャリース」のオレンジ、グレープ原液の発売を開始。
  • 1960年 - 後述するマキシムシリーズ、およびブレンディの母体となるインスタントコーヒー「マックスウェル」発売。
  • 1968年 - 贈答用・コーヒーギフトセットを発売。同年「ユーバン」を発売。
  • 1971年 - フリーズドライ製法によるインスタントコーヒー「マキシム」を発売。
  • 1972年 -「ゲインズ」ブランドでペットフード事業に参入。ドライタイプで強みを発揮。
  • 1973年8月 - 味の素と米国ゼネラルフーヅ(クラフトフーヅを経て、現・モンデリーズ・インターナショナルクラフトフーズ・グループ)との合弁により「味の素ゼネラルフーヅ株式会社」が設立。
  • 1974年 - クリーミングパウダー「マリーム」発売。
  • 1977年
    • インスタントコーヒー「マックスウェル」の横展開商品として「マックスウェル・ブレンディ」発売(のちに"マックスウェル"の冠名が取れ、独立して"ブレンディ"の名称になる)。
    • バレンシアオレンジほか3種類の果汁による瓶入り粉末ジュースフルーティ」発売開始。
  • 1978年2月 - レギュラーコーヒーシリーズ「マスターブレンド」発売開始。
  • 1979年頃 - 米ゼネラルフーヅ社の商品で炭酸の入ったはじけるザラメ状のキャンデーテレパッチ(1995年販売終了)」をライセンス発売(のちにテレパッチの持つ刺激を強化した「ドンパッチ」(2000年販売終了)、はじけるガム「ガムパッチ」のライセンス販売も開始)。
    • これが「はじける菓子」のブームとなり、明治製菓がはじける綿飴「わたパチ」など、同業メーカーから相次ぎ発売された。
  • 1982年
    • 4月 - 業務用レギュラーコーヒーを発売。
    • 8月 - 高級インスタントコーヒー「グランデージ」発売。
  • 1985年 - マキシムブランドのレギュラーコーヒー発売。ゼネラルフーヅがフィリップ・モリス(現・アルトリア)に買収される。
  • 1988年
    • 5月 - ボトルシリーズ(ブレンディボトルコーヒー、紅茶物語ボトルティー)発売。
    • 8月 - インスタントティー「新茶人」発売。
  • 1990年
    • フィリップ・モリスが傘下のクラフトフーヅ(前年に買収)とゼネラルフーヅを合併させ「クラフトゼネラルフーヅ」(KGF、現・モンデリーズ・インターナショナル)とする。ゼネラルフーヅは法人としては消滅。
    • 3月 - 「ブレンディ 缶コーヒー」シリーズ発売(発売元はカルピス株式会社) 。缶コーヒー市場に参入。
  • 1996年7月 - 天然素材を使用したドッグフード「ゲインズ」セレクションシリーズ(「ゲインズ・30種類ミックス」「ゲインズ・ソフト厳選グルメ」)発売。
  • 1997年 - マルチビタミン飲料「ビタホット」を発売。同時に、インスタントミルクシェイク「フリフリシェイク」も発売(1998年まで)。CMソングにDOKI DOKI パニックの「フリフリシェイク」を起用、子役時代のウエンツ瑛士が出演していた。
  • 1998年
    • 5月 - 缶コーヒーシリーズ「ブレンディ 挽きたてカフェ」発売(発売元はカルピス株式会社)。
    • 「ゲインズパックン」「ゲインズキャッティ」ブランドのペットフード事業(製造は兵庫県の伊丹工場)をユニ・チャームに譲渡[3]
  • 2000年 - ブレンディブランドのレギュラーコーヒー発売。
  • 2001年2月 - ブレンディ・ドリップパック・レギュラーコーヒー発売。パッケージを組み立て、お湯を注ぐだけでレギュラーコーヒーが簡単に味わえる。
  • 2002年
    • 2月 - マキシム・ハンディードリップ発売。
    • 3月 - マキシム・インスタントコーヒー・袋入り発売。
    • 10月 - ブレンディ・インスタントコーヒー・袋入り発売。
  • 2003年
    • 2月 - ブレンディ・ティーシリーズ発売。
    • 3月 - マキシムカフェメニュー・チルドコーヒー発売。
  • 2007年9月 - 業界初の特定保健用食品(トクホ)の認定を得たペットボトル入りコーヒー飲料「ブレンディ 香るブラック[4]」発売(280mlペットボトル)。
  • 2008年9月 - ミルク入りコーヒー飲料、およびボトル型缶コーヒーとしては業界初の体脂肪特定保健用食品(トクホ)の認定を得た「ブレンディ 香るコーヒー&ミルク」(275gボトル缶)発売[5]
  • 2009年
    • 4月 - ブレンド系缶コーヒーとしては業界初の体脂肪特定保健用食品(トクホ)の認定を得たCVS限定「ブレンディプラス 微糖タイプ」(185g缶)発売。
    • 9月 -「ブレンディプラス 微糖タイプ」をリニューアルし、商品名を「ブレンディプラス 缶」に改名。これに伴い「ブレンディプラス ブラック」(280mlペットボトル)と「ブレンディプラス コーヒー&ミルク」(275gボトル缶)はそれぞれ廃止。
  • 2010年3月 -「ブレンディ 挽きたてカフェオレ カロリーハーフ」(185g缶)発売。
  • 2013年8月 - インスタントコーヒーに微粉砕豆をコーヒー濃縮液に安定的に投下・混合、フリーズドライ化し、レギュラーコーヒーに匹敵する味と香りを実現した「<マキシム> トップグレード ハイブリッド」発売開始[6]
  • 2015年10月 - 日本の合弁相手で経営主導権を持つ味の素が全ての株式を取得して完全子会社化[2]
  • 2016年
    • 4月 - 味の素よりギフト事業を譲受[7]
    • 5月25日 - 本店を東京都新宿区西新宿三丁目20番2号から現在地に移転。
    • 11月 - ライセンスを受けていた「ブレンディ」「マキシム」等の商標を味の素が取得[8]
  • 2017年7月1日 - 「味の素AGF株式会社」に商号変更[9]
  • 2019年12月 -「スターバックス」の一部個人向け商品のライセンス販売権を同業のネスレ日本へ譲渡。
  • 2022年4月 - 「ブレンディ ボトルコーヒー」の製造・販売を2021年11月に味の素との間で商標ライセンス契約を締結したサントリー食品インターナショナルへ承継[10]

商品[編集]

  • ブレンディ - ボトルコーヒーは2022年にサントリー食品インターナショナルへ製造・販売が移管される、ボトルコーヒー以外の製品は味の素AGFが製造・販売を継続する。
  • マキシム
  • ちょっと贅沢な珈琲店 - 2007年3月発売。元々は「マキシム」のシリーズ品として発売されていたが、2017年秋より独立ブランド化している。
  • マリーム

なお、2017年10月に味の素グループ共通のグローバルブランドロゴ導入に伴い、2018年秋の新製品・リニューアル品からパッケージの側面や裏面に味の素のコーポレートスローガンである「Eat Well, Live Well.」付の味の素のロゴマークが新たに表記されている。

提供番組[編集]

現在[編集]

このほか、他の味の素提供番組(例として「ごはんジャパン」などがある)内で稀に流される。

過去[編集]

  • 夜のヒットスタジオ(フジテレビ) - 初期のスポンサー。後の「味の素ゼネラルフーヅ」となる前にスポンサーを降板している。
  • 3時のあなた(フジテレビ) - 同上。
  • ゴールデン洋画劇場(フジテレビ) - ゼネラルフーヅ時代では「マックスウェル」と表記される。
  • ごちそうさま日本テレビ) - 提供クレジットは、親会社の味の素として表示されていたが、実際にはOP明けから本編に入るまでの1分間を中心に当社のCMが1週間平均で親会社よりも遥かに多く流れていた。
  • 水曜ロードショー金曜ロードショー(日本テレビ系) - 金曜ロードショーに移転後の後期は30秒×1本=「ご覧のスポンサー」扱い。こちらでは「ごちそうさま」とは逆に味の素のCMを流すことが1か月に最低でも1回は必ずといっていいほどあった。
  • 金曜劇場(フジテレビ系)
  • 金曜女のドラマスペシャル(フジテレビ系)
  • 笑っていいとも!(フジテレビ系) - 30秒×1本=「ご覧のスポンサー」扱い。提供クレジットは、親会社の味の素として表示されるが、当社のCMも流れることがある。隔日。
  • とんねるずのみなさんのおかげです(フジテレビ系) - 後継番組の「ラスタとんねるず」までスポンサーを継続。
  • 木曜劇場フジテレビ) - 開始当初から2016年9月まで。親会社の味の素(偶数月)と交互の提供で、AGFは奇数月に担当していた。2008年3月までは60秒。2008年4月から大筆頭に昇格し2010年3月まで90秒、2010年4月 - 9月は120秒、2010年10月 - 2016年9月は90秒で、クレジットにキャッチコピーの「いつでも、ふぅ。 AGF」のアナウンスが付いていた。2016年10月に味の素グループとしてのCM枠が60秒に再短縮されたため、表面上のクレジットは奇数月を含め味の素に一本化されたが、不定期でAGFのCMを流す日もある。また、J-オイルミルズヤマキのCMも流していることもある。
  • コーヒータイムTOKYO FM) - 現在の『ディア・フレンズ』枠。時期は不明だが、現在は降板している。
  • 吉田たかよし プラス!(文化放送) - 内包番組「Dr.たかよしの健康クリニック」提供。
  • 吉田照美 ソコダイジナトコ(文化放送) - 内包番組「吉田健康〜あなたのドクターたかよしです〜」提供。2010年12月31日をもって降板(番組自体は2011年4月1日まで継続)。
    • 番組内で流れるCMは、鈴木光裕文化放送アナウンサー(最末期は高橋将市同アナウンサー)のナレーションによる特別バージョンであった。
  • NNNきょうの出来事(1970年代後期)
  • 素敵な女たち東京12チャンネル
  • 世界名画の旅旅の街からABCテレビ朝日にて日曜10:00 - 10:30に放送された)
  • 欽ちゃんのどこまでやるの!?(テレビ朝日系) - 1981年4月以降は提供クレジットが当社から味の素に変更されるが、当社のCMは引き続きそのまま流された。
  • 土曜ワイド劇場(同上) - 1987年10月 - 2000年3月。提供クレジットが味の素であっても5分5分の割合で流されていた(週によっては味の素のみ流されていた放送分もあった)。
  • ほんパラ!関口堂書店→ほんパラ!痛快ゼミナール(同上) - こちらもCMパターンは土曜ワイド劇場と同じ。
  • TBS木曜8時枠の連続ドラマ(TBS系) - 提供クレジットは味の素であっても、実際には当社のCMが流れる確率が高く、1か月平均で味の素を遙かに上回っていた。
  • TBS金曜9時枠の連続ドラマ(同上) - こちらも提供クレジットは味の素だが、こちらはほぼ5分5分の割合(1回につき当社と味の素のCMを1本ずつ)で流されていた。
  • 大沢悠里のゆうゆうワイドTBSラジオ) - 番組内トークコーナー「AGF 悠里のおしゃべりカフェ」提供。コーナーのオープニング(概ね9時40分頃)ではコーヒーをカップに注ぐ音が流れ、パーソナリティーの大沢悠里による、「さ、ここで、一息入れませんか?」のナレーションが入る(グラスに氷を入れて注ぐ音の夏バージョンもある)。ゲストには商品詰め合わせを進呈し、その模様も流れ、大半のゲストが「あー嬉しい。毎朝飲んでいるから良かったです」という反応が聞かれる。
  • 関口宏の東京フレンドパークIITBS) - 30秒×1本=「ご覧のスポンサー」扱い(2009年3月23日をもって月曜18:55の放送終了<平日19時台の「総力報道!THE NEWS」帯編成に伴う木曜19:55へ放送時間変更>を機に降板。この30秒枠分は2009年4月以降土曜19時へ移ったフジテレビ系の番組へ提供枠ごと移動されている。しかし、「潜入!リアルスコープハイパー」の放送中2013年10月改編より30秒削られた。削られた30秒分は「FNNスーパーニュース」の全国ネットニュースパートへ再度枠を移動している。)。
  • 水曜プレミア(TBS系) - 30秒×1本=「ご覧のスポンサー」扱い。

CM出演者[編集]

現在[編集]

過去(架空のキャラクターを含む)[編集]

など

命名権[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 味の素AGF株式会社 第70期決算公告
  2. ^ a b 味の素株式会社、モンデリーズ社の保有する味の素ゼネラルフーヅ株式会社の全株式を270億円で取得についての記者会見資料 2015年2月27日(2015年3月8日閲覧)
  3. ^ 正確には同社子会社で創業事業の建材事業が移管されたユニ・タイセイに、親会社のペット事業ともども移管された。ユニ・タイセイはユニ・ハートス→ユニ・チャームペットケアを経て2010年に親会社のユニ・チャームに吸収合併され、社内カンパニーのペットケアカンパニーとなっている。尚、「ゲインズ」ブランドは全て廃止されており、愛犬用の「ゲインズパックン」は「愛犬元気」のシリーズ品に移行され「愛犬元気ゲインズパックン」への改名を経て「愛犬元気パックン」に再改名され現存。愛猫用は「ねこ元気」や「銀のスプーン」として再出発している。
  4. ^ 2009年2月に「ブレンディプラス ブラック」に改名。
  5. ^ 2009年2月に「ブレンディプラス コーヒー&ミルク」に改名。
  6. ^ “インスタント×レギュラー”のいいとこ取りNEWコーヒー「〈マキシム〉トップグレード ハイブリッド」新登場 インスタントコーヒーなのに、まるでレギュラーコーヒーの味・香り! - 味の素ゼネラルフーヅ 2013年7月8日(2013年10月7日閲覧)
  7. ^ 味の素(株)、ギフト事業を味の素ゼネラルフーヅ(株)へ譲渡し、両社のギフト事業を統合 - 味の素 2015年10月6日
  8. ^ 味の素(株)、味の素ゼネラルフーヅ(株)がライセンスを受けている「Blendy」「MAXIM」等の全商標を取得 - 味の素 2016年10月31日
  9. ^ 社名変更のお知らせ”. 2017年3月19日閲覧。
  10. ^ “「ブレンディ」ボトルコーヒーシリーズ 新発売” (プレスリリース), サントリー食品インターナショナル株式会社, (2022年2月9日), https://www.suntory.co.jp/softdrink/news/pr/article/SBF1210.html 2022年4月5日閲覧。 
  11. ^ “北川景子、『家売るオンナ』は濃厚な思い出「反響をたくさんいただいた」”. ORICON STYLE. (2016年10月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2080058/full/ 2016年10月17日閲覧。 
  12. ^ a b これが「フリフリシェイク」CM撮影の舞台裏(2016/3/14閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]