鶴乃子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鶴乃子

鶴乃子(つるのこ)とは、福岡県福岡市博多区石村萬盛堂(いしむらまんせいどう)で作られている菓子で、福岡市の土産菓子として知られる。

1905年明治38年)創業の石村萬盛堂は鶏卵素麺を専門に作っていたが、鶏卵素麺が卵の黄身のみを原材料とするため、白身が余ってしまう。創業者である石村善太郎が、この余った白身をマシュマロにして、中に黄身餡を入れ発売したのが「鶴乃子」である。鶴の子もちとは関係がない。

なお、3月14日の「ホワイトデー」はマシュマロデーとして1977年に石村萬盛堂の社長が最初に考案した。詳しくは、マシュマロの項を参照。

鶴乃子は博多駅で最初に売られた2番目の土産菓子だった(1番目は二◯加煎餅)。

模倣品に竹下製菓から鶴の里が出ている。

外部リンク[編集]