マロン (植物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャテニエの結実
セイヨウトチノキの実

マロン: marron)は、フランス語で、ブナ科クリ属の木であるシャテニエ(: châtaignierヨーロッパグリ、学名Castanea sativa)の実、または、トチノキ科トチノキ属の木であるマロニエ(marronnier、セイヨウトチノキ、学名Aesculus hippocastanum)の実のことである。

通常マロンと呼ばれるのは、シャテニエの実、つまりクリである。ただし、シャテニエの実はシャテーニュ (: châtaigne) とも呼び、使い分けられる。概してニホングリのようにイガの中に2個から3個の小さな種子が入っているのがシャテーニュ、1つの大きな種子が入っているのがマロンと呼ばれる。マロングラッセに使われるのはマロンである。シャテーニュは皮を剥くのが大変で食べにくいため、一部はペーストやパウダーに加工されるが、そうしたシャテーニュを原料とした加工食品も「マロン何々」と呼ばれることが多い。

マロニエの実は、マロン・ダンド(: marron d'Indeインドのマロン)とも呼ぶ。有毒で、食用にはならない。

なお英語栗色を表すマルーン(maroon)はフランス語のマロン(marron)に由来する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]