ロッテアイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロッテホールディングス > ロッテアイス
株式会社ロッテアイス
Lotte ICE CREAM Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
160-0023
東京都新宿区西新宿3丁目20番1号
設立 2002年10月1日
(ロッテスノー株式会社)
業種 食料品
法人番号 1011101023029
事業内容 アイスクリームなど
代表者 代表取締役会長 重光武雄(辛格浩)
代表取締役社長 西紘平
資本金 20億5,000万円
売上高 547億19百万円(2007年3月期2社単純合算)
従業員数 約450名
決算期 3月
主要株主 ロッテホールディングス 100%
外部リンク http://www.lotte.co.jp/group/lotteicecream/
特記事項:2008年4月1日付でロッテスノー株式会社がロッテ冷菓株式会社(1988年3月設立)を合併、株式会社ロッテアイスに商号変更。
テンプレートを表示

株式会社ロッテアイス(Lotte ICE CREAM Co.,Ltd.)は、かつて東京都新宿区に本社を置いていたアイスクリームメーカーである。

日本の大手菓子メーカー「ロッテ」等を傘下に置く持株会社である株式会社ロッテホールディングスの一角を担う関連企業で、2013年度の国内シェアは17.2%でアイス業界首位[1]。市販用向けおよび業務用アイスの製造・販売を行っている。2008年平成20年)4月1日、ロッテスノーがロッテ冷菓を合併し、現在の社名となった。

2018年4月にロッテに吸収合併され、消滅した。

家庭用商品では、ロッテブランドの「雪見だいふく」「」「モナ王」などがある。 企業理念は「ユーザーオリエンテッド」「オリジナリティ」「クオリティ」の3つを柱とする。

社史[編集]

ロッテ冷菓[編集]

1969年昭和44年)よりロッテ商事にてアイスクリームの製造・販売事業を開始。「イタリアーノ」「雪見だいふく」「クーリッシュ」など、独自の技術力・商品開発力を発揮したヒット商品を多数販売してきた。また、1994年よりライセンス製品として高級アイスクリームレディボーデン」の生産・発売を開始している。

1988年(昭和63年)3月にロッテはロッテ冷菓株式会社を設立し、アイスクリーム事業を分社化する。ただし、商品に表記される販売者はロッテアイス発足までロッテ冷菓ではなくロッテ本社だった。

ロッテスノー[編集]

2000年平成12年)7月に起きた雪印乳業集団食中毒雪印食品の会社解散につながった2002年(平成14年)1月牛肉偽装といった2つの事件によるイメージダウンのため、雪印乳業が乳製品以外の分野を分社化することとなり、アイスクリーム部門はロッテ(現・ロッテホールディングス)がスポンサーとなり、2002年(平成14年)10月1日付で雪印乳業とロッテの合弁会社ロッテスノー株式会社を設立し、雪印乳業のアイスクリーム事業を継承する。発足当初のロゴはLOTTEロゴの下にSNOWの文字を2階建てで表記したものであった。

ロッテアイス[編集]

2008年(平成20年)、ロッテホールディングス(ロッテHD・旧ロッテ)が上記2社の合併を決定。同年2月に雪印乳業が保有するロッテスノー株式がロッテHDに売却され、ロッテスノーはロッテHDの完全子会社となる。その後同年4月1日付でロッテスノーがロッテ冷菓を吸収合併し、ロッテアイスへ商号変更した。

雪印ブランド使用中止[編集]

ロッテHDによるロッテスノーの完全子会社化により雪印乳業との資本関係が途絶え、ロッテ冷菓との合併で社名からも「スノー」が消えたが、ブランドとしての「雪印」は残されてきた。しかし、使用許諾をしている雪印メグミルクとの協議の結果、2010年(平成22年)2月1日以降「雪印」ブランドの使用を順次中止することとなり、ロッテから「雪印」ブランドの名が消えることとなった。

2010年(平成22年)1月31日現在において、ロッテアイスにおける「雪印」ブランド商品は家庭用・業務用を合わせて28品目あったが、使用許諾期限である2011年(平成23年)3月31日までに順次「ロッテ」ブランドに変更または販売を終了。同日をもってロッテアイスは「ロッテ」独自のブランドとして再スタートし、「雪印」との関連は完全に無くなった。[2][3]

沿革[編集]

製造工場[編集]

商品について[編集]

「ロッテアイスクリーム」商品販売用のケース

商品は、「雪見だいふく」や「爽」「モナ王」といったロッテブランドのほか、雪印乳業時代に作られていたアイスクリームを主体としているため、銘柄は雪印を使っている商品も見られた。また、Dole(ドール)やHERSHEY'S(ハーシー)ブランド製品も雪印乳業時代から引き続いて製造している。上述の通り、雪印ブランドは2011年(平成23年)3月31日をもって消滅したが、「Dole」や「HERSHEY'S」はそのまま使われる。

また、ロッテのオリジナル製品を中心にTVCMにも力を入れており、上戸彩小倉優子長瀬智也堀北真希といった人気タレントを多数起用している。

主な商品[編集]

旧ロッテスノー(雪印乳業)製品
  • バニラバー(雪印ブランド。2010年度よりロッテブランドへ移行)
  • Dole(ドール)(米国ドールとの提携商品)
  • HERSHEY'S(ハーシー)(米国ハーシーとの提携商品)
  • バニラソフト

ほか

過去に発売されていた製品[編集]

「雪印アイスクリーム」の商品販売用のケース
ロッテ
  • イタリアーノ(かつての主力製品)
  • ビッグコーン(現在販売中の「ザクリッチ」の原型商品)
  • クロキュラー1983年に発売された黒い氷菓アイスバー。ドラキュラが登場するCMも話題に)
  • アカキュラー(クロキュラーに続いて発売された赤い氷菓アイスバー)
  • アメリカンケーキ
  • アイスdeヨーグルト
  • エッグロール
  • ガムンボ
  • 京ぜんざい
  • クロワッサン
  • コアラの遠足
  • チョコ三昧
  • チョコファッジ
  • ドラえもんアイス
  • トーストアイス
  • どらやきチョコアイス
  • 東京スカイツリーアイスバー
  • レッツスポーツ(スポーツドリンクフレーバーの氷菓)
  • レモンサワー
  • ビッグコーン
  • ひねくれボー
  • フローズンヨーグルト
  • ファイベックス
  • ファミリーボックス
  • ふりかけアイス
  • ゼリーバー
  • シリアルアイス
  • シェ・ミルク
  • シュガーコーン
  • シュガーレスアイスZERO
  • スウィーティ(ブロックタイプ)
  • マロレーヌ
  • マシュール
  • 和のしずく
  • わたぼうし
  • 雪見弁当
  • レッツスポーツ
  • クールショック
  • NEWクレープアイス
  • ビックリマンアイス(ビックリマンチョコの天使・悪魔シリーズの旧作シールを復刻して同封。関東など一部地域のみで発売された)
  • パーマンプリントアイス

など

雪印乳業
  • ヴィンテージ
  • バニラブルー
  • 宝石箱1970年代末期。ピンク・レディー大地真央がCM出演)
  • 大予言(1983-1984年ごろ)
  • 掘ったイモいじくるな(1984年。バニラ味の大判サイズのアイスキャンデー)
  • 秘宝探検(1984-1985年
  • PopUp
  • ねるじぇら - ジェラートラクトアイス
  • ねるじぇらマルチパック
  • ねるじぇら抹茶
  • トルコ風アイス
  • 旨み限定
  • スヌーピーアイス
  • とろ~りれん乳三昧
  • うまさどっさりソーダ
  • バニラソフト
  • バニラ伝説
  • ファミコンアイス
  • フィオーリ
  • プチグラッセ
  • キャンディボックス
  • ペロン島
  • ピコリーナ
  • リーベンデール
  • そのまんまヨーグルト
  • そのまんまヨーグルトプレーン
  • ミルクアイスXL
  • ミルクアイスXL袋
  • ミルクアイスXLイチゴミックス
  • ミルクアイスXLチョコミックス
  • 抹茶ミルクXL
  • 2層だ!ソーダ
  • うまさどっさりソーダ
  • プチっと巻き
  • いちごバー
  • バニラ&いちごバー
  • バニラ&ココアバー
  • チョコマーブル
  • ディオニス
  • 湯上りアイス
  • まろやかバニラクリーム
  • 抹茶
  • 小倉
  • クリームチーズアイス
  • あいす庵
  • チョコソフト
  • ハッピーチョイス
  • ソーダinソーダ
  • 煌雪
  • 練乳ミルクバー(2009年販売終了)

など

その他

など

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 日経産業新聞 2014年7月28日12面
  2. ^ 出典:株式会社ロッテアイスにおける「雪印」ブランド使用終了のお知らせ
  3. ^ 雪印ブランド使用終了のご案内 - ロッテアイス、2010年4月8日閲覧
  4. ^ ロッテ 3子会社合併へ 意思決定加速と効率化毎日新聞 2018年1月9日

外部リンク[編集]