ロッテホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロッテグループ > ロッテホールディングス
株式会社ロッテホールディングス
LOTTE Holdings Co., Ltd.
Lotte logo.svg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ロッテHD
本社所在地 日本の旗 日本
160-0023 
東京都新宿区西新宿三丁目20番1号
設立 1948年6月
事業内容 グループ企業の株式保有・統括
代表者 代表取締役会長 重光武雄
代表取締役社長 佃孝之
主要子会社 関連企業の節参照
外部リンク https://www.lotte.co.jp/
特記事項:設立時期の社名は株式会社ロッテ
テンプレートを表示

株式会社ロッテホールディングスは、日本東京都新宿区に本社を置き、菓子メーカーロッテロッテホテルなど、日本や主に韓国等を中心とした海外のロッテグループ企業を傘下に置く持株会社

概要[編集]

1948年に設立し、ガムチョコレートなどを製造する企業であった旧株式会社ロッテ(以下、旧ロッテ・ロッテHD)が、2007年3月20日付で、産業活力再生特別措置法に基づく認定を受けた。そのため、同法による再建を目指す目的で、同年4月1日に新旧分割という形で現社名へ変更の上、持株会社化したものである。

日本韓国を中心とした海外のロッテグループ企業を傘下に持ち、グループ全体の競争力向上を目指す。現在の株式会社ロッテは旧ロッテ(ロッテHD)菓子部門を分社し子会社化したものである。

2008年3月に銀座コージーコーナー、さらに同年12月にはメリーチョコレートカムパニーの全株式をそれぞれ取得し傘下に収めた。

2009年7月重光武雄が会長で、長男重光宏之が引き続き副会長、佃孝之が外部招聘という形で社長に就任した。

2011年~2014年に中国での事業で1兆ウォン(約1060億円)の損失を出した[1]

グループ支配構造の頂点にあるロッテHDおよび資産管理会社は日本法人だが[2]、ロッテHD副会長に就任した重光昭夫は、グループの売り上げの95%は韓国でありロッテは韓国企業であると明言したが、前述の通り韓国のロッテグループは日本のロッテHDの海外法人の位置づけである。[3]。グループの従業員は10万人、協力会社まで含めると18万人に達し、韓国第5位の財閥となっている[2]

経営権紛争[編集]

2014年12月から2015年1月にかけて、長男の重光宏之がロッテホールディングスを含む各社の役員を解任された[4]。これに対し、重光宏之は父親の重光武雄と次男の重光昭夫を解任したが、取締役会はこれを無効とした。2015年8月17日に開催された臨時株主総会で、重光昭夫を中心とする現経営陣による経営を継続し、新たに社外取締役を選任することを決定した。この臨時株主総会に重光宏之は株主として参加したが、重光武雄は欠席した[5]

この経営権紛争の報道をきっかけとして、韓国内で不買運動が発生した[6]

2016年には裏金疑惑が浮上し、韓国の検察庁が捜査を初めたが、2016年8月、同社の李仁源副会長が自殺し、捜査が難航している[7]

関連企業[編集]

日本国内[編集]

韓国国内[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]