カスタードクリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カスタード > カスタードクリーム

カスタードクリーム: pastry cream: crème pâtissière)は、カスタードを用いたクリーム

概要[編集]

おもに洋菓子に使われ、薄黄色でトロリとして甘いクリームである。

卵黄砂糖をよく混ぜ、小麦粉コーンスターチでもよいが風味は劣る)を加え、温めた牛乳を少しずつ加えて伸ばしながら、トロみがつくまで加熱することによってできあがる[1]

ホイップクリームと異なり加熱しても変質しないうえ、安価ゆえによく使われる。しかし、水分が多いことから、日持ちはしない[2]。このため、対策としてブランデーのような洋酒による味付けを兼ねたアルコール分の付加が行われることも多い。

利用例[編集]

バリエーション[編集]

クレーム・サントノレ (crème saint-honoré)
カスタードクリームにメレンゲ(固く泡立てた卵白)を混ぜ込んだもの。クレーム・シブースト (crème chiboust, crème chibouste) とも呼ばれる。詳細はシブーストを参照。
クレーム・アングレーズ (crème anglaise)
カスタードクリームと製法が似ているが、小麦粉が入らないため、トロみが少ない。アングレーズソースとも呼ばれる。
クレーム・ディプロマット (crème diplomate)
カスタードクリームに泡立てた生クリームを混ぜ込んだもの。コクと食感が向上するため、カスタードクリームの代わりにシュークリームに入れられることが多い。
ザバイオーネ (Zabajone)
マルサラ酒シェリー酒などで風味を付けたカスタードクリーム。

脚注[編集]

[脚注の使い方]