クリームパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パン > 菓子パン > クリームパン
クリームパン
Cream pan 001.jpg
一般的クリームパン
種類 パン
発祥地 日本の旗 日本
地域 東京
考案者 相馬愛蔵
誕生時期 明治37年(1904年
主な材料 小麦粉、カスタードクリーム
割って中身を見せた薄皮クリームパン

クリームパンは、中にカスタードクリームが入っている菓子パンの一種。

歴史[編集]

シュークリームの美味しさに感銘を受けた中村屋の創業者、相馬愛蔵[注釈 1]がこれをパンに応用することを考え、1904年(明治37年)にクリームパンの製造・販売を始めたのが元祖である[1][2]。発売されたクリームパンは体力向上が叫ばれていた時代に栄養価の高い食べ物として受け入れられ、次第に全国へ広まっていった[3]

製法[編集]

クリームを生地の中に詰めてから焼成するものと、シュークリームと同様に焼成後に器具を用いてパンに詰めるものがある。

クリームパンにグローブ型が多いのは、詰め物をしたパンを焼く際に中に空洞ができてしまうことを防ぐためにグローブ型の切れ込みを入れたとする説と、切れ込みから中身がわかるようにするためとする説があるが、いつからこのような形になったのかは定説を得ていない。

クリームパンから派生したものとして、生クリーム、チョコレートクリーム、コーヒークリームなどを充填したものがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 東京専門学校を卒業すると北海道へ渡り、札幌農学校養蚕を学ぶ。その後は地元である長野県安曇野に帰郷し養蚕や農業に携わっていた相馬であったが、妻である相馬黒光が村での生活に馴染めず、健康も害したため療養のため一転上京。明治34年に東京大学正門前にあったパン屋、中村屋を買い取り、屋号はそのままにパンの製造販売に乗り出した。

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]