養蚕業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
養蚕用竹かご
養蚕台
大日本蚕糸会と会頭の松平正直男爵。明治時代
繭を分ける。大正初期

養蚕業(ようさんぎょう)は、カイコ(蚕)を飼ってそのから生糸()を作る産業である。遺伝子組み換えカイコを用いた医薬素材の生産や、カイコを利用して冬虫夏草(茸)を培養するといった新しいカイコの活用も進んでいる。

養蚕業は蚕を飼うためクワ(桑)を栽培し繭を生産する。繭を絹にするために製糸工場で繭から生糸へと加工され、生糸をさらに加工して絹織物などの繊維になる。なお、日本では蚕を使ったタンパク質生産研究が主になっているが、培養細胞によるタンパク質の生産効率の高まりとともに、蚕を用いる優位性は下がってきている。

かつて養蚕業は日本の主要産業であった。しかし、世界恐慌以降の海外市場の喪失、代替品の普及などで衰退していった[1]。繭の生産は中国インドブラジルなどで盛んに行われている。

現在、農研機構を中心に『蚕業革命』として養蚕業の復興を期して新規養蚕技術の開発・研究が行われている[2]

歴史[編集]

養蚕の起源は中国大陸にあり、浙江省の遺跡から紀元前2750年頃(推定)の平絹片、絹帯、絹縄などが出土している[3]。殷時代や周時代の遺跡からも絹製品は発見されていることから継続的に養蚕が行われていたものと考えられている[3]。系統学的な解析では、カイコは約5000年前までにクワコBombyx mandarina)から家畜化されたと考えられている[4]

中国では養蚕技術の国外への持ち出しは固く禁じられており[3]、特にによる中国統一(紀元前221年)以後は統制が強くなったと考えられている[5]。また、2週間足らずで孵化してしまう種(卵)の運搬や餌となる桑の調達などの問題もあり、長い間、養蚕技術は中国大陸の外へ出ることはなかった[3]。朝鮮半島(楽浪郡)へ伝播したのは前漢の頃(紀元前108年頃)とされ、同じ中国でも南部の雲南省には後漢の頃に伝わった[3]。中国からヨーロッパへの伝来は紀元後の6世紀頃とされる(東ローマ帝国の養蚕伝来[3]

日本での歴史[編集]

日本へは弥生時代中国大陸から伝わったとされる[6]による中国統一(紀元前221年)によって統制が厳しくなったことから、蚕種はそれ以前の時代に船で運ばれたと考えられており、日本が桑の生育に適していたこともあってかなり早い時期に伝来した[5]。養蚕の伝播経路については諸説ある。朝鮮半島への養蚕技術の伝播との比較などから、中国大陸(江南地方)から日本列島(北部九州)へ直接伝わったとする説[7]などがある。

福岡県の有田遺跡(紀元前200年頃)からは平絹が出土しているが、当時の中国の絹織物とは織り方が異なることから日本列島特有の絹織物が既にあったと考えられている[3]。記紀には仲哀天皇の4年に養蚕の記録がある[3]

195年には百済から蚕種(カイコの卵)が、283年には秦氏が養蚕と絹織物の技術を伝えるなど、暫時、養蚕技術の導入が行われた。奈良時代には全国的(東北地方や北海道など、大和朝廷の支配領域外の地域を除く)に養蚕が行われるようになり、租庸調の税制の庸や調として、絹製品が税として集められた。

しかしながら国内生産で全ての需要を満たすには至らず、また品質的にも劣っていたため、中国からの輸入江戸時代に至るまで続いた。代金としての金銀銅の流出を懸念した江戸幕府は養蚕を推奨し、諸藩もが殖産事業として興隆を促進した。結果、幕末期には画期的養蚕技術の開発・発明がなされ、中国からの輸入品に劣らぬ、良質な生糸が生産されるようになった。日本が鎖国から開国に転じたのはこの時期であり、生糸は主要な輸出品となった。

江戸時代には、民間において様々な養蚕技術書が出版された。著名なものとしては、1803年(享和3年)に上垣守国が『養蚕秘録』を出版した。この書は国内外で高く評価された。またシーボルトによって同書は持ち出されて『Yo-san-fi-rok』として翻訳されている[8]。また、1840年(天保11年)には中村善右衛門が当時の新技術である体温計を応用して『蚕当計』を考案し、『蚕当計秘訣』を発行した[9]。この技術は当時は勘などに頼っていた養蚕を、温度管理によって安定させる『温暖育』の普及によって改良することになった。

明治時代に至り養蚕は隆盛期を迎え、良質の生糸を大量に輸出した。養蚕業・絹糸は「外貨獲得産業」として重視され[1]、日本の近代化富国強兵)の礎を築いた。科学技術研究とともに養蚕技術の発展は行われた。著名なものとしては、東京帝国大学の外山亀太郎によるメンデル遺伝の法則が動物でも成り立つことの証明・カイコにおいて品種間で交雑することによって、頑健で糸の品質が良いカイコが作出できるという発見がある。一代交雑種(雑種第一代、F1)における雑種強勢の発見はその後すぐに製糸業へと応用された。片倉製糸を率いる今井五介などが中心となった「蚕種統一運動」による「一代交配蚕種普及団」によって民間主導による蚕種製造が急速におこなわれ、一代交雑種の普及・生糸の品質向上につながった[10]。現代では一代交雑種の発見・普及を記念する碑が松本市の「蚕糸記念公園」に建てられている[11]

日露戦争における軍艦をはじめとする近代兵器は絹糸の輸出による外貨によって購入されたといっても過言ではない。明治以降の皇后は、産業奨励のため養蚕を行い、現代にいたるまで継承している[12]。農家にとっても養蚕は、貴重な現金収入源であり、農家ではカイコガについては「お蚕様」と接頭辞を付けて呼称したほどである[13]。もうひとつの背景としては、同時期においてヨーロッパでカイコの伝染病微粒子病)の流行により、養蚕業が壊滅したという事情もあった。ルイ・パスツールは、微粒子病が原虫由来であること・母蛾検査によって食い止めることができることを発見したが、ヨーロッパにおける養蚕業の衰退を止めることはできなかった。1900年頃には日本は中国を追い抜き世界一の生糸の輸出国になり、1935年前後にピークを迎える。

だが1929年世界大恐慌1939年第二次世界大戦、そして1941年太平洋戦争によって、生糸の輸出は途絶した。一方で1940年には絹の代替品としてナイロンが発明された。戦災もあって日本の養蚕業は、ほぼ壊滅に至る。

敗戦後、食料増産を優先したため養蚕業の復興は遅れたが、1950年代に復興することとなる。しかし戦前のようには輸出できず、1958年には養蚕業危機に直面し、桑園2割減反の行政措置を取られる[14]など、水を差されることもあった。

高度経済成長によって内需が伸びてくると、1966年の日本蚕糸事業団法施行と各地での養蚕団地の取り組みなどもあり、内需に応じる形で生産が増加し、東京都下三多摩)などを中心にようやく1970年代に再度のピークを迎えた[15][16]。とはいえ、繭生産量、生糸生産量とも、1935年の半分以下に過ぎず、また1962年(昭和37年)の生糸輸入自由化[17]を経て、このころには一大輸入国に転じていた[14]。その後、一元輸入制度導入、蚕糸業振興資金の設置等が行われるも、1973年の第一次オイルショック以降、価格の暴落・農業人口の減少・化学繊維の普及で衰退が進み、1994年(平成6年)にはWTO協定で再度自由化され、1979年には収繭量1トン以上の大規模養蚕農家だけでも15,497戸あったところ、2016年には全国の養蚕農家数は349戸にまで減少している[15][16]。都下の養蚕業者数も全盛期の30軒[18]から2014年には6軒まで減少した。

数万頭の蚕の生育度合を調整して同じタイミングで上蔟(じょうぞく:蚕が繭を作り出すこと)させるなど、日本の養蚕農家には特筆されるべき技術・知恵が残っている[19]

2000年に遺伝子組み換えカイコの作出に成功して以来、現農研機構・群馬蚕糸技術センターなどの研究機関は遺伝子組み換えカイコの研究・実用化を目指している。2017年、カルタヘナ法による遺伝子組み換えカイコの第一種使用が承認され、養蚕農家からGFP蛍光シルクを作るカイコの飼育・繭の出荷が行われた[20]。遺伝子組み換えカイコの一般農家による飼育は世界初である。

産地[編集]

日本
日本の養蚕業の主産地として、南東北北関東甲信地方南九州などがあった。繭の集散地として栄えた山形県鶴岡市福島県梁川町埼玉県深谷市、埼玉県熊谷市富山県富山市八尾町長野県上田市愛知県豊橋市京都府綾部市蚕都と、東京都八王子市桑都と呼ばれた。
中国
浙江省江蘇省山東省などが主要な養蚕地となっている。
ヨーロッパ
コンスタンティノポリスルッカティーヴァコリントスヴェネツィアフィレンツェリヨントゥール

出典[編集]

  1. ^ a b 監修 坂本太郎『日本史小辞典』山川出版社、1995年。ISBN 4634090104
  2. ^ 蚕業革命 | 農研機構”. www.naro.affrc.go.jp. 2020年4月17日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 亀山勝『安曇族と徐福 弥生時代を創りあげた人たち』龍鳳書房、2009年、84頁。
  4. ^ Sun, Wei; Yu, HongSong; Shen, YiHong; Banno, Yutaka; Xiang, ZhongHuai; Zhang, Ze (2012-06). “Phylogeny and evolutionary history of the silkworm” (英語). Science China Life Sciences 55 (6): 483–496. doi:10.1007/s11427-012-4334-7. ISSN 1674-7305. http://link.springer.com/10.1007/s11427-012-4334-7. 
  5. ^ a b 亀山勝『安曇族と徐福 弥生時代を創りあげた人たち』龍鳳書房、2009年、85頁。
  6. ^ 埼玉県の養蚕・絹文化の継承について(埼玉県農林部生産振興課)
  7. ^ 亀山勝『安曇族と徐福 弥生時代を創りあげた人たち』龍鳳書房、2009年、85-88頁。
  8. ^ Yo-san-fi-rok : l'art d'élever les vers à soie au Japon”. CiNii. 2020年4月17日閲覧。
  9. ^ 福島市. “蚕当計と中村善右衛門” (日本語). 福島市. 2020年4月17日閲覧。
  10. ^ 片倉製糸の蚕種生産体制の構築 http://www.senshu-u.ac.jp/~off1009/PDF/takanashi_44.pdf
  11. ^ 蚕業革新発祥記念” (日本語). 発祥の地コレクション. 2020年4月17日閲覧。
  12. ^ 「蚕-皇室のご養蚕と古代裂,日仏絹の交流」展の開催について(2014年)、宮内庁、2016年1月6日閲覧。
  13. ^ 東村山ふるさと歴史館編2002『繭と糸 : 養蚕と機織の道具と信仰 : 特別展 』東村山ふるさと歴史館
  14. ^ a b http://www.silk.or.jp/silk_gijyutu/pdf/zentai.pdf
  15. ^ a b 矢口克也 (2009年10月). “現代蚕糸業の社会経済的性格と意義 : 持続可能な農村社会構築への示唆”. 国立国会図書館. 2017年11月13日閲覧。
  16. ^ a b 養蚕の動向”. 関東農政局. 2017年11月13日閲覧。
  17. ^ http://www.maff.go.jp/j/study/sansigyou/01/pdf/data3.pdf
  18. ^ 2015年12月2?日朝日新聞朝刊より
  19. ^ にちはら総合研究所-冬虫夏草とは
  20. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2017年11月2日). “前橋の一般農家がGM蚕の緑色蛍光繭出荷 量産は世界初” (日本語). 産経ニュース. 2020年4月17日閲覧。

関連項目[編集]

  • 和服
  • シルクロード
  • 蚕箔 - 養蚕用具
  • 工芸作物
  • あんぽ柿 - 廃業した養蚕家が選択した、後継生産品の1つ
  • クワ カイコはクワを食する。養蚕業の発展とともに、栽桑学も行われるようになった。その結果、実をつけない三倍体など様々な品種が作出された。
業者・組織

外部リンク[編集]