精密機械

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

精密機械(せいみつきかい)とは微細な部品機械要素)で構成された機械装置のこと。英名はhigh precision machineで直訳すると“高精度機械”となる。

精密機械の定義は曖昧である。古くは時計カメラオルゴールなど複雑精妙な機械装置全般を指したが、機械装置と電子工学的な装置を融合・発展させる学問・技術分野としてはメカトロニクスメカニズムエレクトロニクスの合成語)があり、また高度化された精密な電子機器などハイテク分野の製品も精密機械の一種である。

比喩表現[編集]

人間でも極めて高度で正確な運動能力や処理能力を持つ者を指して「精密機械」と形容する。
野球界の例として、優れた絶妙な投球コントロールを見せる投手小山正明北別府学グレッグ・マダックス小宮山悟吉見一起など)が精密機械と呼ばれる。
また、高度な工芸技術を見せる職人などは、その正確な動作から精密機械に擬えられる。

精密機械工業[編集]

精密機械を生産する工業を精密機械工業という。精密機械の製造に当たっては高度な加工技術と高質な材料(水質が良い所)を必要とする。

ヨーロッパにおいてはスイスドイツなどで盛んである。

日本においては、諏訪湖周辺の都市で盛んである。諏訪地方は東洋のスイスとも呼ばれ、次世代産業を支える『供給基地』と位置付けられている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 産業クラスター 第II期中期計画経済産業省経済産業政策局地域経済産業グループ、2006年4月、添17。

関連項目[編集]