エージェント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エージェント (agent)とは、本人から委任あるいは授権された代理権限の範囲内で、本人に代わって取引、契約など法律行為をなす者である。日本語では代理人のことを示す。なお、組織や法人として活動しているものをエージェンシー(agency)という。

脚注[編集]

  1. ^ 英語版の記事en:Agent-oriented programmingを参照のこと。
    オブジェクト指向にわずかな自律性を加えたソフトウエア部品ではなく、宗教観や政治観、経営者の経営戦略、投資戦略、科学者の研究戦略のような高度で、再利用可能な種類のことをそう呼ぶべきという意見がある。さらに1985年ごろには別の見方が有力であり今でもその見方は一部で引き継がれていると思われる(マービン・ミンスキー安西祐一郎参照)

関連項目[編集]