食材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

食材(しょくざい、Food ingredients)とは、料理材料のこと[1]

概要[編集]

多くの食材が、もとをたどれば植物である。

食材は基本的には鮮度が高いうちに使うほうがよいとされている。

多くは常温で保管すると、腐敗が進行してしまう。このため、塩蔵乾燥燻煙発酵、など様々な方法で食材の貯蔵性を高める工夫が古来より行われてきた。近年は冷蔵庫の登場で、これらの食材は新鮮な状態のまま長く貯蔵できるようになった。

主材料に対して、それに混ぜる副材料となる場合にはその食材を「具(ぐ)」または「具材(ぐざい)」と呼ぶ[2]

基本食材[編集]

植物系
動物系
その他

脚注[編集]

  1. ^ 広辞苑「食材」
  2. ^ 日本国語大辞典(小学館)、大辞泉(小学館)、大辞林(三省堂)、新明解国語辞典において、「具」は全ての辞書にあるが、「具材」を見出し語としているのはは大辞泉、大辞林のみである。

関連項目[編集]