モロッコ料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェズのクスクス

モロッコ料理アラビア語مطبخ المغرب)は、地中海料理英語版、中世アラブ料理、ベルベル料理英語版アンダルシア料理英語版が元になっている。オスマン帝国の支配を受けなかったため、アルジェリア料理英語版チュニジア料理英語版に比べてトルコ料理の影響が少ない。

概要[編集]

モロッコ料理では、クミンパプリカサフランがよく用いられ、ハリッサはクスクスに添える程度で、料理にあまり使わないためチュニジア料理ほど辛くない。よく使われるハーブイタリアンパセリコリアンダーリーフがある。料理に干しぶどうデーツアーモンドレモンの塩漬け、オリーブをよく用いるのも特徴的である。東地中海地方(マシュリク)のアラブ料理とは異なり、ヨーグルトの消費は少ない。主食は主にパンである。


モロッコ料理では牛肉羊肉が最もよく用いられる肉である。マグリブで育てられている羊の種類は、脂肪のほとんどを尻尾の近くに蓄える。そのため、羊肉特有の臭みはあまり強くない。鶏肉の肉もよく食べられる。南部ではラクダを食用とする。

ミント砂糖を入れた緑茶アッツァイ)はとても人気があり、茶葉は中国緑茶の珠茶英語版珍眉茶英語版が好まれる。

モロッコの有名な料理[編集]

マラケシュのタージーンとパン

モロッコ料理の食材[編集]

スパイスマーケット

無形文化遺産[編集]

2010年、イタリア料理ギリシア料理スペイン料理と共にモロッコ料理が「地中海食」として国際連合教育科学文化機関無形文化遺産に登録された。2014年、「アルガンノキに関する慣習とノウハウ」が登録された。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Wolfert, Paula. Couscous and Other Good Food from Morocco. Perennial Library, New York, 1973.

外部リンク[編集]