粉糖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふるいにかけられていない粉糖の拡大写真
粉糖のかかったカンノーロ

粉糖あるいは粉砂糖(英語: Powdered sugar)とは、グラニュー糖を粉状に挽いて作る、細かい粉末の砂糖である。これはアイシングシュガー(英語: icing sugar)やアイシングケーキ(英語: icing cake)とも呼ばれる。集塊の防止と流動性の改善のためしばしば添加物として固化防止剤(北アメリカではコーンスターチ、他の地域ではリン酸三カルシウムが多い)を含む。粉糖は通常は工場で作られるが、普通のグラニュー糖をコーヒーミルで挽いたり、乳鉢ですったりして作ることもできる。

粉糖は料理の工業生産において素早く溶かした砂糖が必要とされるときに利用される。家庭料理ではアイシングやフロスティングその他のケーキデコレーション英語版を作る際に主に使用される。また、しばしば焼き菓子やパンに微妙な甘さと繊細な彩りを加えるために振りかけられる。

粉糖は様々な粒度のものが利用でき、もっとも一般的なのはXXX、XXXXと10Xである。Xの数字が大きいほど、粒度が細かい[1]。細かいものほど湿気を吸いやすいため、集塊を防止する必要がある。そのため、コーンスターチやリン酸三カルシウムを3%から5%加え、吸湿による集塊を防止するとともに砂糖粒間の摩擦を減らして流動性を改善している[2][3]

粉糖は固化防止のため、デキストリンが添加されている。そのため、紅茶やコーヒーに入れるグラニュー糖の代わりにはならない。

類似品[編集]

グラニュー糖(細目焼き菓子用等と記載されたもの)
粉糖よりは粒子が大きいが、通常のグラニュー糖のおおよそ半分の大きさである[4]
スノウパウダー(もしくはスノウシュガー)
溶かしていない粉糖であり、ブドウ糖やでんぷん、その他の固化防止剤をしばしば含む。冷却が必要なケーキやペイストリーに振りかけた時に形を保つのに便利である。これはデコレーションのために使用される。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Crushing Difference Between Granulated & Confectioners' Sugar”. O Chef. 2008年1月16日閲覧。
  2. ^ Asadi (2006), 451-452.
  3. ^ Chen (1993), 530
  4. ^ C&H Baker's Sugar”. C&H Sugar. 2015年10月30日閲覧。