アイルランド料理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイリッシュシチュー

アイルランド料理(アイルランドりょうり)とは、主にアイルランドで食べられる料理で、シンプルで伝統的な家庭料理と、飲食店やホテルで提供される現代的な料理とに大別される。旧宗主国イギリスと共通する料理も多い。

主食となるのはジャガイモパン。肉は豚肉を中心に羊肉牛肉が用いられる。また魚介類が豊富に採れるため、魚ではサケタラ、その他に甲殻類カキが利用される。野菜では前述のジャガイモのほか、キャベツタマネギなど寒冷に強い作物が使用される。

日本ではジャガイモ飢饉の間違った解釈やテレビやらせ番組のせいで、土地の痩せた国と思われているが、冷涼な気候ながら農業が盛んで食材は豊富である。水産業も盛んだったが、近年は乱獲により漁業資源の枯渇が問題になっている。

伝統料理[編集]

特に伝統的な料理ではジャガイモと乳製品は欠かせない食材となっている。 コルカノン:colcannon/:cál ceannann)はキャベツやケールを混ぜたマッシュポテトチャンプ(英:champ/愛:brúitín)は牛乳で煮たみじん切りのタマネギやパセリを加えたマッシュポテトである。ボクスティ(英:boxty/愛:bacstaí または arán bocht tí)はポテトパンケーキの一種で焼くか、茹でて調理される。

パンはイーストでは無く重曹を加えた無発酵パンが主で、ソーダブレッド(英:soda bread/愛:arán sóide)と呼ばれる。この生地を丸くのばしたのちに十字に四等分してから焼いたものは、ファール(英:farl)と呼ばれている。

アイルランドの一般的な朝食は、ベーコンの脂で焼くベーコンと卵ソーセージ。これにボクスティやスライスしたフライドポテトがつくことがある。

古くから海藻を食べる習慣があり、ダルス(英:dulse、学名Palmaria palmata)という紅藻の一種はそのまま食べる他チャンプ、魚のスープシチューに混ぜたり、バターを塗ったパンにはさんでサンドイッチにもする。ヤハズツノマタChondrus crispus)からはプディングが作られる。

食の歴史[編集]

復元されたフロフト・フィーア

初期のアイルランド文学には食物や飲料に関する多くの記述が見られる。特に蜂蜜蜂蜜酒は食事場面に高い頻度で登場する食べ物だが、実際は毎食それらを食せる状況には無かったと考えられている。

アイルランドではフロフト・フィーア(Fulacht fiadh)と呼ばれる青銅器時代の調理遺構が発見されており、石焼きを利用して鹿肉などを煮たとされる。ビールの醸造に用いたとする説もある。また、伝説によるとフィン・マックールフィアナ騎士団が狩りの獲物を調理したともいわれる。

ダブリン海岸のヴァイキングの遺跡からは当時の食の痕跡が見つかっている。肉では、およびガチョウハシバミに代表されるナッツ類と野生のベリー。穀物ではソバアカザの種子をにして食べていたとされる。

中世農奴制の元、農民は牛の生産を行わされ、生産された牛肉は、貴族や富裕層のみが消費していた。農民は燕麦大麦と、牛乳、バターチーズなどの乳製品、肉では牛の内臓豚足、ブラック・プディングと呼ばれる血のソーセージなどを食べていた。

16世紀にジャガイモが持ち込まれると主要な作物になった。しかし1845年から1849年の4年間にわたってヨーロッパ全域で発生したジャガイモ疾病によって大きな被害をうけた。このジャガイモ飢饉により約100万人が餓死し、200万人が海外へと移住することになった。

植民地時代のアイルランドはイングランドへの穀物や肉類などの食料供給地として利用され、ジャガイモ飢饉の間もその状況は変わらなかった。

アイルランドの料理では豚の使用が一般的なのだが、アメリカ合衆国へ渡ったアイルランド系移民にとって豚は入手が難しく、牛肉が手頃な食肉であったため、コンビーフの利用が一般的になった。コンビーフとキャベツの煮物はアメリカの聖パトリックの日の食事として定着している。

アイルランド料理の例[編集]

Western-Europe-map.png この「アイルランド料理」は、西ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますPortal:ヨーロッパ