アイルランド文学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アイルランド文学英語:Irish literature)とは、アイルランドの文学、及びそれらの作品や作家を研究する学問のこと。アイルランドは長い間イギリスの支配下に有ったために、イギリス文学とも深い関係にある。アイルランド文学の独特の特長を挙げるとすればケルト神話キリスト教カトリック的特長を併せ持つ幻想文学が多い事である。

アイルランド文学の歴史[編集]

アイルランドは、イギリスの支配を受けていたため、古代ゲール語などの伝承や物語が存在したが長い間、整理されてこなかった。

9世紀から12世紀にかけてゲール語による文学が発達した。

1541年からのイギリス王国の支配、特に1650年オリバー・クロムウェルのアイルランド征服とそれに伴う弾圧によりゲール語による文学は減り、代わりに英語による文学が増えていく。

この時代に書かれた名作としてはジョナサン・スウィフトガリヴァー旅行記がある。

19世紀に入るとケルト文学の復興が行われ、ケルト色の強い詩人や小説家が多く登場する。この時代の代表人物は、ノーベル文学賞作家ジョージ・バーナード・ショーウィリアム・バトラー・イェイツである。この時代に、アイルランドの古い伝承や民話集を編纂する作業が行われ多くの本が出版されている。

アイルランド語文学[編集]

アングロ・アイリッシュ文学[編集]

アイルランド出身の作家・詩人[編集]

参考文献[編集]