ベルファスト合意

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベルファスト合意(ベルファストごうい、: Belfast Agreement)は、イギリス北アイルランドベルファストにおいて、1998年4月10日にイギリスとアイルランドの間で結ばれた和平合意。この日が復活祭の前々日、聖金曜日(グッド・フライデー)であったため、聖金曜日協定(Good Friday Agreement)と呼ばれることもある。この合意のあと、アイルランド共和国は国民投票により北アイルランド6州の領有権主張を放棄することになった。

レファレンダム[編集]

合意に基づき、イギリスとアイルランドはそれぞれ共和国憲法改正と合意受け入れを問うレファレンダムを実施した。

北アイルランドのレファレンダムは、マルチパーティー協議[1]での合意を承認した。

共和国のレファレンダムは北アイルランドの領有権を主張する共和国憲法第19条の改正を承認した。

結果は次の通り。

1998年ベルファスト合意の受けいれに関するレファレンダム (北アイルランド)
賛否 得票数 得票率
可決 賛成 676,966 71.1%
反対 274,979 28.9%
有効投票数 951,945 99.82%
無効票 1,738 0.18%
投票総数 953,683 100.00%
投票率 81.1%
アイルランド憲法第19条の改正に関するレファレンダム(アイルランド)
賛否 得票数 得票率
可決 賛成 1,442,583 94.39%
反対 85,748 5.61%
有効投票数 1,528,331 98.90%
無効票 17,064 1.10%
投票総数 1,545,395 100.00%
投票率 56.26%

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Wilford, Rick (2001).Context and Content: Sunningdale and Belfast Compared. Oxford University Press, p.1

外部リンク[編集]