ロード・ダンセイニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロード・ダンセイニ

ロード・ダンセイニ(Lord Dunsany、1878年7月24日 - 1957年10月25日)は、アイルランド小説家戯曲家軍人。フルネームは18代ダンセイニ男爵 エドワード・ジョン・モアトン・ドラックス・プランケット(Edward John Moreton Drax Plunkett, 18th Baron of Dunsany)[1]。幻想的、神秘的な作品で知られ、『ペガーナの神々』などによりファンタジー文学に大きな足跡を残した。

生涯[編集]

プランケット家はデンマーク系旧家の貴族で、ダブリン北部ミース州タラの丘に1190年に建てられたダンセイニ城を居城としている。ダンセイニはロンドンのパークスエアで生まれ、ロンドンとケントで育つ。10歳の時に父の十七代ダンセイニ卿が病気でアイルランドに戻り、ダンセイニは母のいるロンドンとダンセイニ城を行き来して暮らす。12歳で男爵号を継承。1899年に父が死去し、借金が残され、ダンセイニはコールドストリーム連隊に入り、1916年のダブリン暴動ではイギリス側(制圧側)として参加し、南アフリカでの第二次ボーア戦争にも従軍する。

1901年にアイルランドに戻り、猟に熱中。1903年からロンドンで暮らすようになり、社交界で知り合ったレディ・ベアトリス・ヴィリアス(Lady Beatrice Child Villiers(1880–1970))と結婚する。この頃からチェスの名手として知られ、またW.B.イエイツグレゴリー夫人などアイルランドの文学者との知遇もあった。デーヴィッド・ベラスコジョン・ルーサー・ロングの劇The Darling of the Godsを観て、神々の神秘的な世界の物語を思いついて『ペガーナの神々』を執筆。1904年にこれを自費出版し、翌年出版社から発売したが、それほどの評判にはならなかった。またこの本で挿絵を描いたシドニー・H・シームは、その後もダンセイニの本の挿絵を多く描いた。この頃保守党から選挙に立候補するが敗れる。

1906年に『ペガーナの神々』の続編『時と神々』を出版し、特異な作家として認められるようになる。1910年に戯曲「輝く門」を執筆、この幻想劇が認められてイェイツの文学サークルにも参加する。しかし第一次世界大戦が始まると軍人として出征し、フランス戦線での体験を『不幸な日のこと』(1919)として発表。初の長篇小説『影の谷年代記』(1920)を発表した後、第二長編『エルフランドの王女』(1924)で成功を得る。また戯曲家としてアメリカで人気を得ており、1919年の講演旅行ではハワード・フィリップス・ラヴクラフトが聴講している。

チェス・プレイヤーとしては、世界チャンピオンのホセ・ラウル・カパブランカとトーナメントで引き分けたこともあり[2]チェス・プロブレムの特にレトロを『タイムズ文芸付録』紙にしばしば掲載している[3]

第二次世界大戦中は住んでいたケント州の館で、ドイツ軍の空襲から村を守るための任務に付き、村人と深い親交を持った。晩年はケント州でチェス三昧の暮らしをしていたが、アメリカのリトルフィールド・スミス夫人(Hazel Littlefield-Smith)の訪問を受けて以来親交を結び、リトルフィールド・スミス夫人は後にダンセイニの評伝『ロード・ダンセイニ 夢の王』(1959)を記した。1952年に訪米、カリフォルニア大学のユー・シュン・ハン(韓玉珊)教授からは漢詩を贈られた。1957年に消化器疾患でダブリン養護病院に入院し、そのまま死去。遺言によってケント州のショアハム共同墓地に葬られた。

2003年になって、1955年頃に執筆された未発表長編『The Pleasures of a Futuroscope』が刊行された。

作品[編集]

作風と影響[編集]

執筆時期はケルト文学復興運動(en)の時代と被るが、いわゆる「アングロ・アイリッシュ」(en)と呼ばれた支配階級の出自もあり、その活動はレディ・グレゴリーイェイツシングらとは異なってアイルランド民族のアイデンティティにあまり肩入れしたものではなかった。 [4]

ミステリのジャンルでは短編「二壜の調味料」がエラリー・クイーンらの高評を受け、クイーンの定員にも選ばれた。江戸川乱歩は評論「奇妙な味」で本作を代表作の一つに挙げている。

日本には大正時代に戯曲作家として紹介され、佐藤春夫稲垣足穂らに影響を与えた[5]

作品リスト[編集]

小説

  • 『ペガーナの神々』The Gods of Pegana 1905年(短編集)
  • 『時の神々』Time and the Gods 1906年(短編集)
  • The Sword of Welleran and Other Stories 1908年(短編集)
  • A Dreamer's Tales 1910年(短編集)
  • The Book of Wonder 1912年(短編集)
  • Fifty-One Tales 1915年(短編集)
  • Tales of Wonder 1916年(短編集)
  • Tales of War 1918年(短編集)
  • Unhappy Far-Off Things 1919年(短編集)
  • Tales of Three Hemispheres 1919年(短編集)
  • The Chronicles of Rodriguez 1922年(短編集)
  • 『エルフランドの王女』The King of Elfland's Daughter 1924年
  • 『魔法使いの弟子』The Charwoman's Shadow 1926年
  • 『牧神の祝福』The Blessing of Pan 1927年
  • The Travel Tales of Mr. Joseph Jorkens 1931年(短編集)
  • The Curse of the Wise Woman 1933年
  • Jorkens Remembers Africa 1934年(短編集)
  • Up in the Hills 1935年
  • Rory and Bran 1936年
  • My Talks With Dean Spanley 1936年
  • The Story of Mona Sheehy 1939年
  • Jorkens Has a Large Whiskey 1940年(短編集)
  • Guerilla 1944年
  • The Fourth Book of Jorkens 1947年(短編集)
  • The Man Who Ate the Phoenix 1949年(短編集)
  • The Strange Journeys of Colonel Polders 1950年
  • The Last Revolution 1951年
  • The Little Tales of Smethers and Other Stories 1952年(短編集)
  • His Fellow Men 1952年
  • Jorkens Borrows Another Whiskey 1954年(短編集)

戯曲

  • Five Plays 1914年
  • Plays of Gods and Men 1917年
  • If 1921年
  • Plays of Near and Far 1922年
  • Alexander and Three Small Plays 1925年
  • Seven Modern Comedies 1928年
  • The Old Folk of the Centuries 1930年
  • Lord Adrian 1933年
  • Mr Faithful 1935年
  • Plays for Earth and Air 1937年

  • Fifty Poems 1929年
  • Mirage Water 1938年
  • War Poems 1941年
  • Wandering Songs 1943年
  • A Journey 1944年
  • The Year 1946年
  • The Odes of Horace 1947年
  • To Awaken Pegasus 1949年

ノンフィクション(自伝・評論・他)

  • If I Were Dictater 1934年(政治パンフレット)
  • My Ireland 1937年
  • Patches of Sunlight 1938年(自伝)
  • While the Sirens Slept 1944年(自伝)
  • The Sirens Wake 1945年(自伝)
  • The Donnellan Lectures 1945年(講演集)
  • A Glimpse From A Watch Tower 1946年

邦訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「ロード」はペンネームではなく敬称である。
  2. ^ 荒俣宏『魔法の国の旅人』早川書房 1982年
  3. ^ 若島正編『モーフィー時計の午前零時』国書刊行会 2009年
  4. ^ アベイ座のために劇作を提供するなどはしている。なお、ダンセイニが戯曲に手を染めるようになったきっかけはイェイツの勧誘によるものという通説があるが、実際にはアイルランドの神秘家として有名だったジョージ・ラッセル(筆名 AE)の勧めによるもの。(「イェイツとハイド――文学と民俗学と」P81、『妖精のアイルランド 「取り替え子(チェンジリング)の文学史』平凡社新書、下楠昌哉著、2005年8月 より)
  5. ^ 井辻朱美由良君美『世界のオカルト文学 幻想文学・総解説84』自由国民社 1983年)

参考文献[編集]

  • H・P・ラヴクラフト 『文学における超自然の恐怖』 (学研 2009)
  • 荒俣宏 『別世界通信』(月刊ペン社 1977) ちくま文庫
  • リン・カーター 『ファンタジーの歴史 空想世界』 (東京創元社 2004)
  • 下楠昌哉 『妖精のアイルランド 「取り替え子(チェンジリング)の文学史』 (平凡社新書 2005)

外部リンク[編集]