中村融

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 融(なかむら とおる、1911年10月9日 - 1990年4月29日)は、ロシヤ文学者。日本ロシア文学会、日本文芸家協会、各会員[1]

経歴[編集]

東京生まれ。旧姓は下永。妹の同級生が中村白葉の娘園子の同級生だったため中村の家へ出入りする。 1934年、東京外国語学校ロシヤ語科卒業[1]。1936年、園子と結婚し、男子のない中村家を継ぐ。 義父の白葉とともに『トルストイ全集』を刊行、また『ガルシン全集』を訳出した。

大阪幼年学校教官、明治大学教授、東京大学、青山学院大各講師を歴任[1]

著書[編集]

翻訳[編集]

  • 『樺太島紀行』(チェーホフ、弘文堂書房) 1942
  • 『チェーホフ論攷』(編訳、三学書房) 1943
  • 『散文詩』(ツルゲーネフ、中村白葉共訳、新星社) 1948
  • 『信号』(ガルシン、弘文堂書房) 1948
  • 『曠野のリヤ王』(ツルゲーネフ、大和書房) 1948
  • 『白銀侯爵 イワン雷帝時代の物語』(アレクセイ・トルストイ、共和出版社) 1948 - 1950
    のち岩波文庫
  • 『赤い花』(ガルシン、思索社) 1949
    のち角川文庫
  • 『ガルシン全集』上・下(創芸社) 1950
  • 『貴族の巣』(ツルゲーネフ、創藝社) 1950
    のち新潮文庫
  • 『文学的回想』(ツルゲーネフ、角川文庫) 1951
  • 『芸術とはなにか』(トルストイ、角川文庫) 1952
  • 『兵卒イワーノフの囘想 赤い花・四日間 他』(ガルシン、創元社) 1952
  • 『地下生活者の手記』(ドストエーフスキイ、角川文庫) 1952
  • 『サハリン島』上・下(チェーホフ、岩波文庫) 1953 :数度復刊
  • 『死せる魂』(ゴーゴリ、新潮文庫) 1953
  • 『盲音楽師』(コロレンコ、岩波文庫) 1954
  • 『第二の日』(エレンブルグ、新潮文庫) 1955
  • 『悪い仲間 / マカールの夢』(コロレンコ、岩波文庫) 1958
  • 『鋼鉄はいかに鍛えられたか』上・下(オストローフスキイ、新潮文庫) 1958
  • 『春の水』(ツルゲーネフ、岩波文庫) 1961
  • 『ルーヂン』(ツルゲーネフ、岩波文庫) 1961
  • アンナ・カレーニナ』上・中・下(トルストイ、岩波文庫) 1965 - 1968
  • 罪と罰』(ドストエフスキー、偕成社、ジュニア版世界文学名作選) 1968
  • 『ガルシン全集』(青娥書房) 1973
  • 『人生論』(トルストイ、岩波文庫) 1980
  • 『現代の英雄』(レールモントフ、岩波文庫) 1981
  • 『ガルシン短篇集』(福武文庫) 1990

脚注[編集]

  1. ^ a b c 日外アソシエーツ現代人物情報