若島正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
若島 正
(わかしま ただし)
誕生 (1952-08-10) 1952年8月10日(65歳)
職業 英文学者翻訳家詰将棋作家、チェス・プロブレム作家
国籍 日本の旗 日本
主題 小説
主な受賞歴 本格ミステリ大賞評論・研究部門(2002年)
読売文学賞随筆・紀行賞(2004年)
塚田賞
看寿賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

若島 正(わかしま ただし、1952年8月10日 - )は日本英文学者、京都大学教授、翻訳家。

略歴[編集]

洛星高等学校京都大学理学部卒。当初は数学者を目指していたが、英米文学に転向し、同文学部英文科卒、同大学院文学研究科修士課程修了。1984年神戸大学教養部助手、85年専任講師、87年京大教養部助教授、92年総合人間学部助教授、95年文学部助教授、96年文学研究科助教授、2001年教授。

日本ナボコフ協会運営委員。翻訳者としては、ナボコフ以外にSFミステリを愛好。

詰将棋作家、チェス・プロブレム作家でもある。中学生の頃から詰将棋の世界にのめりこみ、1966年「詰将棋パラダイス」誌で入選。詰将棋の二大賞である塚田賞を7回、看寿賞を9回それぞれ受賞。詰将棋作家の親睦団体「創棋会」の会長もつとめた。

チェス・プロブレム作家としては、チェス・プロブレム専門誌 "Problem Paradise" 編集長。日本チェスプロブレム協会会長。『NPOチェス将棋交流協会』理事長。チェス・プロブレムを解く世界大会の日本代表でもあり、チェス・プロブレムの解答者として、最高資格の「グランド・マスター」に次ぐ「インターナショナル・マスター」の資格を、1997年、日本人で初めて獲得。世界ランキング8位にまでなった。プロブレム創作の国際審査員(フェアリー作局限定)でもある。

また、チェス・プロブレムの解答選手権をヒントに、2004年から『チェス将棋交流協会』主宰で毎年、「詰将棋解答選手権」を開催している。実行委員長であったため自らは出場していなかったが、2014年には初めて選手として出場。久保利明広瀬章人などのトッププロや、宮田敦史船江恒平などの歴代優勝者を抑えて61歳で初優勝した。

指将棋でも、1975年にアマチュアの全国大会の一つである、赤旗名人戦で優勝したことがある。同1975年から将棋観戦記者としても活躍。1982年には、第六回読売アマ日本一決定戦の決勝で、真剣師と言われた小池重明と戦って敗れている。この対戦は『真剣師小池重明 疾風三十一番勝負』(団鬼六宮崎国夫、1996年、幻冬舎、ISBN 978-4877281168) に描かれている。また、「葵」名義で読売新聞の将棋観戦記を執筆した。

著書[編集]

単著[編集]

監修[編集]

  • 監修『将棋ファンにも楽しめる初めてのチェス1手・2手詰集』 湯川博士、山海堂 2003年

責任編集(横山茂雄と共同)[編集]

編訳書[編集]

訳書[編集]

雑誌連載[編集]

外部リンク[編集]