宮脇孝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮脇 孝雄
誕生 1954年2月14日
高知県土佐市
職業 翻訳家随筆家文芸評論家
国籍 日本の旗 日本
主題 小説
テンプレートを表示

宮脇 孝雄(みやわき たかお、1954年2月14日 - )は日本翻訳家随筆家文芸評論家高知県土佐市生まれ。ユニカレッジ講師、専修大学非常勤講師。日本文芸家協会日本推理作家協会会員。

早稲田大学政治経済学部中退。早大在学中は、ワセダミステリクラブに参加し、翻訳活動を始める。料理に関する随筆も多い。

著書[編集]

  • 『書斎の旅人-イギリス・ミステリ歴史散歩』(1991年早川書房
  • 『書斎の料理人-翻訳家はキッチンで…』(1991年世界文化社 →『煮たり焼いたり炒めたり―真夜中のキッチンで』(1998年早川文庫
  • 『翻訳家の書斎-<想像力>が働く仕事場』(1997年研究社
  • 『ペーパーバック探訪-英米文化のエッセンス 』(1998年アルク
  • 『翻訳の基本-原文どおりに日本語に』(2000年)研究社
  • 『続・翻訳の基本-素直な訳文の作り方』(2010年)研究社
  • 『英和翻訳基本辞典 The English-Japanese Basic Translation Dictionary』(2012年)研究社

訳書[編集]

  • トーマス・トンプスン 『血と金 ある富豪の愛と執念』 小鷹信光共訳、パシフィカ、1977年
  • ジョイス・ポーター 『殺人つきパック旅行』 早川書房、1978年
  • リチャード・スターク 『悪党パーカー 殺戮の月』 早川書房、1979年
  • コリン・ウィルコックスビル・プロンジーニ 『依頼人は三度襲われる』 文藝春秋〈文春文庫〉、1979年
  • リチャード・エイヴァリー 『タンタロスの輪 コンコラッド消耗部隊』 東京創元社〈創元推理文庫〉、1980年
  • ウィルコックス 『容疑者は雨に消える』 文藝春秋〈文春文庫〉、1980年
  • ウィルコックス 『女友達は影に怯える』 文藝春秋〈文春文庫〉、1980年
  • エイヴァリー 『アルゴスの有毒世界 コンラッド消耗部隊』 東京創元社〈創元推理文庫〉、1981年
  • ウィルコックス 『殺し屋は東から来る』 文藝春秋〈文春文庫〉、1981年
  • テランス・ディックス 『盗まれた名画をさがせ』 ティビーエス・ブリタニカ(ベーカー街少年探偵団)、1981年
  • ディックス 『小さなどろぼう軍団』 ティビーエス・ブリタニカ、(ベーカー街少年探偵団)、1981年
  • ウィルコックス 『署長は最後に狙われる』 文藝春秋〈文春文庫〉、1981年
  • ディックス 『銀行強盗の黒幕を追え』 ティビーエス・ブリタニカ、(ベーカー街少年探偵団)、1981年
  • ウィルコックス 『父親は銃を抱いて眠る』 文藝春秋〈文春文庫〉、1981年
  • M.S.バリー 『サイモンと魔女』 ティビーエス・ブリタニカ、1981年
  • グレゴリー・ベンフォードゴードン・エクランド 『もし星が神ならば』 早川書房 のち文庫、1981年
  • M.S.バリー 『帰ってきた魔女』 ティビーエス・ブリタニカ、1981年
  • ウィルコックス 『ロンリーハンター ヘイスティングス第1の事件』 文藝春秋〈文春文庫〉、1982年
  • ウィリアム・ディール 『シャーキーズ・マシーン』 角川書店、1982年
  • ディックス 『ぼくらの映画館を救え』 ティビーエス・ブリタニカ、(ベーカー街少年探偵団)、1982年
  • ウィルコックス 『子供たちは森に隠れる』 文藝春秋〈文春文庫〉、1982年
  • ウィルコックス 『暗殺者は四時に訪れる』 文藝春秋〈文春文庫〉、1983年
  • テリー・カー 『聖堂都市サーク』 早川書房〈ハヤカワ文庫〉、1984年
  • ジェイムズ・マクルーア 『小さな警官』 早川書房、1984年
  • ウィリアム・ディール 『カメレオン』 角川書店、1984年
  • ウィルコックス 『ロックシンガーは闇に沈む』 文藝春秋〈文春文庫〉、1984年
  • アーサー.ライアンズ 『ハード・トレード』 河出書房新社 のち文庫、1985年
  • W・ケリーE・W・ウォーレス 『目撃者 刑事ジョン・ブック』 角川書店〈角川文庫〉、1985年
  • アラン・アーノルド 『ヤング・シャーロック ピラミッドの謎』 新潮社〈新潮文庫〉、1986年
  • パジェット・パウエル 『エディスト物語』 早川書房、1986年
  • クライヴ・バーカー 『ミッドナイト・ミートトレイン』 集英社〈集英社文庫〉、1987年
  • クライヴ・バーカー 『セルロイドの息子』 集英社〈集英社文庫〉、1987年
  • クライヴ・バーカー 『マドンナ』 集英社〈集英社文庫〉、1987年
  • ウィルコックス 『脅迫者は過去に潜む』 文藝春秋〈文春文庫〉、1987年
  • ウィリアム・ディール 『フーリガン』 角川書店,、1987年
  • ジョン・コーンウェル 『地に戻る者-イギリス田園殺人事件』 早川書房、1988年
  • クライヴ・バーカー 『魔道士』 集英社、1988年
  • クライヴ・バーカー 『死都伝説』 集英社〈集英社文庫〉、1989年
  • クライヴ・バーカー 『ヘルハウンド・ハート』 集英社〈集英社文庫〉、1989年
  • フリーマントル 『名門ホテル乗っ取り工作』 新潮社〈新潮文庫〉、1989年
  • パトリック・マグラア 『血のささやき、水のつぶやき』 河出書房新社、1989年
  • ジェーン・デンティンガー 『そして殺人の幕が上がる』 東京創元社〈創元推理文庫〉、1991年
  • ヨゼフ・シュクヴォレツキー 『ノックス師に捧げる10の犯罪』 宮脇裕子共訳、早川書房、1991年
  • ディーン・R・クーンツ 『ストレンジャーズ』 文藝春秋〈文春文庫〉、1991年
  • マグラア 『グロテスク』 河出書房新社、1992年
  • デンティンガー 『誰も批評家を愛せない』 東京創元社〈創元推理文庫〉、1992年
  • パトリシア・ハイスミス 『女嫌いのための小品集』 河出書房新社〈河出文庫〉、1993年
  • イアン・マキューアン 『イノセント』 早川書房 のち文庫、1993年
  • ピーター・ストラウブ他、デニス・エチスン編 『カッティング・エッジ』 新潮社〈新潮文庫〉、1993年
  • ジャック・ヒット編 『完璧な殺人』 ハヤカワ・ミステリ文庫、1993年
  • マキューアン 『異邦人たちの慰め』 早川書房、1994年
  • デンティンガー 『別れのシナリオ』 東京創元社〈創元推理文庫〉、1995年
  • リチャード・ルッソ 『ノーバディーズ・フール』 宮脇裕子共訳、ベネッセコーポレーション、1995年
  • ジェフ・ニコルスン 『食物連鎖』 早川書房、1995年
  • ジョン・ダニング 『死の蔵書』 早川書房〈ハヤカワ文庫〉、1996年
  • タニス・リーほか 『死の姉妹』 扶桑社、1996年
  • ダニング 『幻の特装本』 早川書房〈ハヤカワ文庫〉、1997年
  • ヘレン・マクロイ 『ひとりで歩く女』 東京創元社〈創元推理文庫〉、1998年
  • マキューアン 『最初の恋、最後の儀式』 早川書房、1999年
  • C・W・ニコル 『スケッチの音』 エム・ピー・シー、1999年
  • メアリー・M.モーリス 『逃避行』 集英社〈集英社文庫〉、1999年
  • マキューアン 『黒い犬』 早川書房、2000年
  • ダグラス・プレストンリンカーン・チャイルド 『海賊オッカムの至宝』 講談社、2000年
  • マキューアン 『セメント・ガーデン』 早川書房、2000年
  • ウィリアム・J.パーマー 『文豪ディケンズと倒錯の館』 新潮社〈新潮文庫〉、2001年
  • ドロシー・L・セイヤーズ 『顔のない男—ピーター卿の事件簿〈2〉』 東京創元社〈創元推理文庫〉、2001年
  • グラディス・ミッチェル 『ソルトマーシュの殺人』 国書刊行会2002年
  • マグラア 『愛という名の病』 河出書房新社、2003年
  • ダニング 『失われし書庫』 早川書房〈ハヤカワ文庫〉、2004年
  • ハイスミス 『回転する世界の静止点-初期短篇集1938-1949』 河出書房新社、2005年
  • ハイスミス 『目には見えない何か-中後期短篇集1952-1982』 河出書房新社、2005年
  • マグラア 『失われた探険家』 河出書房新社、2007年
  • マシュー・ニール 『英国紳士、エデンへ行く』 早川書房、2007年
  • ジェイムズ・パウエル 『道化の町』森英俊 編 白須清美共訳、河出書房新社、2008年
  • ジーン・ウルフ 『ジーン・ウルフの記念日の本』酒井昭伸, 柳下毅一郎 共訳 国書刊行会 2015 (未来の文学)

出典[編集]

  • 日外アソシエーツ現代人物情報

外部サイト[編集]