酒井昭伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

酒井昭伸(さかい あきのぶ 1956年 - )は日本の翻訳家。福岡県生まれ[1]早稲田大学政治経済学部卒業。在学中はワセダミステリクラブに所属[2]。蒼馬一彰名義も使用した。

柴野拓美に師事した後、翻訳家に。大手メーカー勤務から、地方公務員を経て、1989年から専業翻訳家に[3]

SF小説を多く翻訳している。主な訳書にデイヴィッド・ブリンダン・シモンズマイケル・クライトン作品がある。日本推理作家協会会員。

著書[編集]

  • が好きっ! K3ソフトウェア大研究』 酒井昭伸/K3ユーザーズグループ編 早川書房 1989年
  • 『やっぱり松が好きっ!楽しいワープロ便利帖 松Ver.5』 酒井昭伸/K3ユーザーズグループ編 技術評論社 1991
  • 『名人「」 : ここまでできる実践講座』酒井昭伸, 田村安史 編 技術評論社 1993 (技評ディスクブックス)

翻訳作品[編集]

デイヴィッド・ブリン作品

  • 「知性化」シリーズ
    • スタータイド・ライジング』 (ハヤカワ文庫 1985年)
    • 『サンダイバー』 (ハヤカワ文庫 1986年)
    • 『知性化戦争』 (ハヤカワ文庫 1990年)
    • 『変革への序章 - 知性化の嵐1』 (ハヤカワ文庫 2001年)
    • 『戦乱の大地 - 知性化の嵐2』 (ハヤカワ文庫 2002年)
    • 『星海の楽園 - 知性化の嵐3』 (ハヤカワ文庫 2003年)
  • 『ガイア―母なる地球』 (早川書房 1992年/ハヤカワ文庫 1996年)
  • 『キルン・ピープル』 (ハヤカワ文庫 2007年)

ダン・シモンズ作品

  • ハイペリオン」四部作
    • ハイペリオン』 (早川書房 1994年/ハヤカワ文庫 2000年)
    • ハイペリオンの没落』 (早川書房 1995年/ハヤカワ文庫 2001年)
    • 『エンディミオン』 (早川書房 1999年/ハヤカワ文庫 2002年)
    • 『エンディミオンの覚醒』 (早川書房 1999年/ハヤカワ文庫 2002年)
  • 「イリアム」
    • 『イリアム』 (早川書房 2006年/ハヤカワ文庫 2010年)
    • 『オリュンポス』 (早川書房 2007年/ハヤカワ文庫 2010年)
  • 『ヘリックスの孤児』酒井昭伸, 嶋田洋一 訳 早川書房 2009 (ハヤカワ文庫 ; SF)

マイケル・クライトン作品

  • ジュラシック・パーク』 (早川書房 1991年/ハヤカワ文庫 1993年)
  • ライジング・サン』 (早川書房 1992年/ハヤカワ文庫 1993年)
  • ツイスター』 (ハヤカワ文庫 1996年) アン‐マリー・マーティンとの共著
  • ディスクロージャー』 (早川書房 1993年/ハヤカワ文庫 1997年)
  • ロスト・ワールド―ジュラシック・パーク2』 (早川書房 1995年/ハヤカワ文庫 1997年)
  • 『エアフレーム―機体』 (早川書房 1997年/ハヤカワ文庫 2000年)
  • タイムライン』 (早川書房 2000年/ハヤカワ文庫 2003年)
  • プレイ -獲物-』 (早川書房 2003年/ハヤカワ文庫 2006年)
  • 『恐怖の存在』 (ハヤカワ文庫 2007年/ハヤカワ文庫 2009年)
  • 『NEXT』 (早川書房 2007年)
  • パイレーツ -掠奪海域-』 (早川書房 2009年/ハヤカワ文庫 2012年)
  • 『マイクロワールド』(早川書房 2012 Hayakawa Novels /ハヤカワ文庫 2015年)リチャード・プレストンとの共著

ジョージ・R・R・マーティン作品

  • 『タフの方舟1 禍つ星』 (ハヤカワ文庫 2005年)
  • 『タフの方舟2 天の果実』 (ハヤカワ文庫 2005年)
  • 乱鴉の饗宴 (氷と炎の歌4)』 (早川書房 2008年/ハヤカワ文庫 2013年)
  • 『星の光、いまは遠く』酒井昭伸 訳 早川書房 2011 (ハヤカワ文庫 ; SF)
  • 竜との舞踏 (氷と炎の歌 ; 5)』早川書房 2013/ハヤカワ文庫 2016年
  • 『七王国の騎士 (氷と炎の歌)』短編集 早川書房 2016

エリック・ガルシア作品

  • 『さらば、愛しき鉤爪』 (ソニーマガジンズ 2001年)
  • 『鉤爪プレイバック』 (ソニーマガジンズ 2003年)
  • 『鉤爪の収穫』 (ソニーマガジンズ 2005年)

他作品

  • 『大破滅 : アジモフのカタストロフィー全研究』アイザック・アジモフ 著,小隅黎, 酒井昭伸 訳 講談社 1980
  • 『去りにし日々、今ひとたびの幻』 ボブ・ショウ 蒼馬一彰名義で訳 (サンリオSF文庫 1981年)
  • 『アジモフ博士の極大の世界・極小の世界』アイザック・アジモフ 著,酒井昭伸 訳 社会思想社 1982 (現代教養文庫)
  • 『迷宮惑星トイ(デュマレスト・サーガ3)』 E・C・タブ (創元推理文庫 1982年/創元SF文庫 2006年)
  • 『科学惑星テクノス(デュマレスト・サーガ7)』 E・C・タブ (創元推理文庫 1983年)
  • 『流血惑星チャード(デュマレスト・サーガ11)』 E・C・タブ (創元推理文庫 1983年)
  • 『ホーム・ワールド』 ハリー・ハリスン(創元推理文庫 1983年)
  • 『アジモフ博士の輝け太陽』アイザック・アジモフ 著,酒井昭伸 訳 社会思想社 1983 (現代教養文庫)
  • 『禅銃(ゼンガン)』 バリントン・J・ベイリー (ハヤカワ文庫 1984年)
  • 『プロテウスの啓示』 チャールズ・シェフィールド (ハヤカワ文庫 1984年)
  • 『SF作法覚え書 : あなたもSF作家になれる』ベン・ボーヴァ 著,酒井昭伸 訳 東京創元社 1985 (Key library)
  • 『アジモフ博士の宇宙の誕生』アイザック・アジモフ 著,酒井昭伸 訳 社会思想社 1985 (現代教養文庫)
  • 『アジモフ博士の地球の誕生』アイザック・アジモフ 著,酒井昭伸 訳 社会思想社 1985 (現代教養文庫)
  • 『次元がいっぱい』アイザック・アシモフ 著,酒井昭伸 訳 早川書房 1985 (ハヤカワ文庫. NF)
  • 『アジモフ博士のハレー彗星ガイド : 太陽系の長距離ランナー』アイザック・アジモフ 著,酒井昭伸 訳 社会思想社 1985 (現代教養文庫)
  • 『永劫』 グレッグ・ベア (ハヤカワ文庫 1987年)
  • 『宇宙の暗殺者(ファイティング・ファンタジー12)』 アンドリュー・チャップマン (社会思想社 1987年)
  • 『タマスターラー』 タニス・リー (ハヤカワ文庫 1987年)
  • 『電脳(コンピューター)破壊作戦(ファイティング・ファンタジー18)』 ロビン・ウォーターフィールド (社会思想社 1987年)
  • 『アーサー・C.クラークの2019年7月20日 : Life in the 21st century』アーサー・C.クラーク 著,酒井昭伸 訳 旺文社 1987
  • 『バトルランナー : バックマン・ブックス1』スティーヴン・キング 著,酒井昭伸 訳 扶桑社 1987 (サンケイ文庫. 海外ノベルス・シリーズ)
  • 『降伏の儀式』 ラリー・ニーヴンジェリー・パーネル (創元推理文庫 1988年)
  • 『ハードワイヤード』 ウォルター・ジョン・ウィリアムズ (ハヤカワ文庫 1989年)
  • 『バトルランナー』 スティーヴン・キング (扶桑社ミステリー文庫 1989年)
  • ブラック・レイン』 マイク・コーガン (新潮文庫 1989年)
  • 『ハイテク・トーキング』ハワード・ラインゴールド, ハワード・リヴァイン 著,酒井昭伸 訳 新潮社 1989 (新潮文庫)
  • 『ウィーヴワールド』クライヴ・バーカー (集英社 1989年/集英社文庫 1994年)
  • 『久遠』 グレッグ・ベア (ハヤカワ文庫 1991年)
  • 『マッカンドルー航宙記』 チャールズ・シェフィールド  (創元推理文庫 1991年)
  • 『ブリザードの死闘』 ボブ・ラングレー  (新潮文庫 1991年)
  • 『必殺の冥路』 ウォルター・ジョン・ウィリアムズ (ハヤカワ文庫 1991年)
  • 『灼熱の死闘』 ボブ・ラングレー  (新潮文庫 1994年)
  • ウォーターワールド』 マックス・A・コリンズ  (徳間文庫 1995年)
  • 『衛星軌道の死闘』 ボブ・ラングレー  (新潮文庫 1996年)
  • インデペンデンス・デイ』 ディーン・デヴリンスティーヴン・モルスタッドローランド・エメリッヒ (徳間文庫 1996年)
  • 『女王天使』 グレッグ・ベア (ハヤカワ文庫 1997年)
  • 『神の目の凱歌』 ラリー・ニーヴンジェリー・パーネル (創元SF文庫 1998年)
  • 『虚しき楽園』 カール・ハイアセン (扶桑社 1998年)
  • 『リンク』 ウォルト・ベッカー (徳間書店 1999年)
  • スター・ウォーズ 崩壊の序曲』 アラン・ディーン・フォスター (ソニーマガジンズ 2002年)
  • 『太陽レンズの彼方へ(マッカンドルー航宙記)』 チャールズ・シェフィールド  (創元SF文庫 2005年)
  • 『アッチェレランド』 チャールズ・ストロス (早川書房 2009年)
  • 『都市と星』アーサー・C・クラーク 著,酒井昭伸 訳 早川書房 2009 (ハヤカワ文庫 ; SF)
  • 『ハンターズ・ラン』ジョージ・R.R.マーティン, ガードナー・ドゾワ, ダニエル・エイブラハム 著,酒井昭伸 訳 早川書房 2010 (ハヤカワ文庫 ; SF)
  • 『奇跡なす者たち』ジャック・ヴァンス 著,浅倉久志 編,酒井昭伸 訳 国書刊行会 2011
  • 『量子怪盗』ハンヌ・ライアニエミ 著,酒井昭伸 訳 早川書房 2012 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) のちハヤカワ文庫 2014
  • 『全滅領域』ジェフ・ヴァンダミア 著,酒井昭伸 訳 早川書房 2014 (ハヤカワ文庫 NV サザーン・リーチ ; 1)
  • 『監視機構』ジェフ・ヴァンダミア 著,酒井昭伸 訳 早川書房 2014 (ハヤカワ文庫 NV サザーン・リーチ ; 2)
  • 『ドリフトグラス = DRIFTGLASS』サミュエル・R・ディレイニー 著,浅倉久志, 伊藤典夫, 小野田和子, 酒井昭伸, 深町眞理子 訳 国書刊行会 2014 (未来の文学)
  • 『世界受容』ジェフ・ヴァンダミア 著,酒井昭伸 訳 早川書房 2015 (ハヤカワ文庫 NV サザーン・リーチ ; 3)
  • 『ジーン・ウルフの記念日の本』ジーン・ウルフ 著,酒井昭伸, 宮脇孝雄, 柳下毅一郎 訳 国書刊行会 2015 (未来の文学)
  • 『複成王子』ハンヌ・ライアニエミ 著,酒井昭伸 訳 早川書房 2015 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ )
  • 『デューン砂の惑星』フランク・ハーバート 著,酒井昭伸 訳 早川書房 2016 (ハヤカワ文庫 SF)
  • 『宇宙探偵マグナス・リドルフ (ジャック・ヴァンス・トレジャリー) 』ジャック・ヴァンス, 浅倉久志共訳 国書刊行会 2016
  • 『書架の探偵』ジーン・ウルフ 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 2017
  • 『三惑星の探求 人類補完機構全短篇3』コードウェイナー・スミス伊藤典夫共訳 ハヤカワ文庫SF 2017

アンソロジー

収録作品「焔の虎(タニス・リー)」翻訳
収録作品「ヘリックスの孤児(ダン・シモンズ)」「ナイトランド―「冠毛」の一神話(グレッグ・ベア)」翻訳
収録作品「ドッグファイト(ウィリアム・ギブスンマイクル・スワンウィック)」翻訳
  • 『楽園追放rewired : サイバーパンクSF傑作選』虚淵玄, 大森望 編 早川書房 2014 (ハヤカワ文庫 JA)
  • 『SFマガジン700 : 創刊700号記念アンソロジー 海外篇』山岸真 編 早川書房 2014 (ハヤカワ文庫 SF)

脚注[編集]

  1. ^ 日本推理作家協会会員ページ
  2. ^ http://www1.tcn-catv.ne.jp/mystery/Ph061-080.html
  3. ^ 大森望『新編SF翻訳講座』(河出文庫)P.206