レイ・ブラッドベリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レイ・ブラッドベリ
Ray Bradbury
Ray Bradbury (1975) -cropped-.jpg
1975年
誕生 Ray Douglas Bradbury
1920年8月22日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州ウォキーガン
死没 (2012-06-05) 2012年6月5日(満91歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 小説家、詩人
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル SF、幻想文学、ホラー、ミステリー
代表作 華氏451度火星年代記
公式サイト Ray Bradbury
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

レイ・ブラッドベリRay Bradbury, 本名:Ray Douglas Bradbury, 1920年8月22日 - 2012年6月5日[1])は、アメリカ合衆国小説家SF作家幻想文学作家、怪奇小説作家)、詩人

経歴[編集]

1938年から1942年まで新聞の販売をしており、その間にヘンリー・ハースとの共作の「振り子」が『スーパー・サイエンス・ストーリーズ』に掲載され、プロ作家になった。

1947年、処女短編集『黒いカーニバル』(Dark Carnival) をアーカム・ハウスから刊行した。続いてダブルディから刊行された『火星年代記』『刺青の男』で名声を得る。

1947年、1948年に、アメリカの年間短編傑作集(いわゆるO・ヘンリー賞)に2年連続して作品が収録された(1947年に「集会」が収録、1948年に「発電所」が第三席で入賞)[2]1954年アメリカ芸術文学協会賞、カリフォルニア・コモンウェルズ・クラブのゴールド・メダル賞を受賞した。

またハーマン・メルヴィル原作、ジョン・ヒューストン監督の映画『白鯨』の脚本を担当した。

晩年はロサンゼルスに在住し、著作活動を続けた。2012年6月5日に91歳で死去[3]

特撮監督のレイ・ハリーハウゼンとは高校時代からの友人である。

作品リスト[編集]

長編[編集]

  • 華氏451度』(Fahrenheit 451)
  • 火星年代記』(The Martian Chronicles)
  • 『たんぽぽのお酒』(Dandelion Wine)
  • 『ハロウィーンがやって来た』(The Halloween Tree)
  • 『何かが道をやってくる』 (Something Wicked This Way Comes)
  • 『死ぬときはひとりぼっち』 (Death is a Lonely Business)
  • 『黄泉からの旅人』(Graveyard for Lunatics: Another Tale of Two Cities)
    • 日暮雅通訳 福武書店、1994 のち文藝春秋
  • 『塵よりよみがえり』(From the Dust Returned)
    • 中村融訳 河出書房新社、2002 のち文庫
  • 『さよなら、コンスタンス』(Let's All Kill Constance)
  • 『緑の影、白い鯨』(Green Shadows, White Whale)
  • 『さよなら僕の夏』(Farewell Summer)
    • 北山克彦訳 晶文社、2007

短編集[編集]

  • 『黒いカーニバル』(Dark Carnival)
    • 伊藤典夫訳 早川書房、1972 のち文庫
  • 刺青の男』 (The Illustrated Man)
  • 『太陽の黄金の林檎』(The Golden Apples of the Sun)
    • 小笠原豊樹訳 早川書房、1962 のち文庫
  • 『十月はたそがれの国』(The October Country)
  • メランコリイの妙薬』(A Medicine for Melancholy)
  • 『よろこびの機械』(The Machineries of Joy)
  • ウは宇宙船のウ』(R Is for Rocket)
  • スは宇宙(スペース)のス』(S Is for Space)
  • 『キリマンジャロ・マシーン』(I Sing the Body Electric)
    • 伊藤典夫ほか訳 早川書房、1981 のち文庫
  • 『歌おう、感電するほどの喜びを!』(I Sing the Body Electric)
    • 伊藤典夫ほか訳 ハヤカワ文庫、1989
  • 『ブラッドベリは歌う』(I Sing the Body Electric!)
  • 『とうに夜半を過ぎて』(Long After Midnight)
    • 小笠原豊樹訳 集英社、1978 のち文庫、河出文庫
  • 『万華鏡 ブラッドベリ自選SF傑作選』 (The Vintage Bradbury)
    • 川本三郎訳 サンリオSF文庫、1978
  • 『十月の旅人』(The October Game and Other Stories)
    • 伊藤典夫訳 大和書房、1974 のち新潮文庫
  • 『火の柱』(Pillar of Fire and Other Plays)
    • 伊藤典夫訳 大和書房、1980
  • 『火星の笛吹き』(The Piper)
    • 仁賀克雄編訳 徳間書店、1979 のち文庫、ちくま文庫
  • 『悪夢のカーニバル』(A Memory of Murder)
    • 仁賀克雄訳 徳間文庫、1984
  • 『恐竜物語』(Dinosaur Tales)
    • 伊藤典夫訳 新潮文庫、1984
  • 『バビロン行きの夜行列車』(Driving Blind)
  • 『夜をつけよう』(Switch on the Night)
    • 今江祥智訳 BL出版、1998
    • 夜のスイッチ 北山克彦訳 晶文社、2008
  • 『二人がここにいる不思議』(The Toynbee Convector)
    • 伊藤典夫訳 新潮文庫、2000
  • 『瞬き(まばたき)よりも速く』(Quicker Than the Eye)
  • 『社交ダンスが終った夜に』(One More for the Road)
    • 伊藤典夫訳 新潮文庫、2008
  • 『猫のパジャマ』(The Cat's Pajamas)
    • 中村融訳 河出書房新社、2008
  • 『永遠の夢』(Now and Forever)
    • 北山克彦訳 晶文社、2010

ノンフィクション・エッセイ[編集]

  • 『ブラッドベリがやってくる - 小説の愉快』(Zen in the Art of Writing)
  • 『ブラッドベリはどこへゆく - 未来の回廊』(Yestermorrow)
    • 小川高義訳 晶文社、1996
  • 『ブラッドベリ、自作を語る』サム・ウェラー共著 小川高義訳 晶文社、2012

その他、短編多数

タイトル[編集]

  • 『太陽の金の林檎』(The Golden Apples of the Sun, 1953年)のタイトルは、アイルランドの詩人ウィリアム・バトラー・イェイツの詩『さまようイーンガスの歌』(The Song of Wandering Aengus )から採られている。
  • 『歌おう、感電するほどの喜びを!』(I Sing the Body Electric, 1969年)のタイトルは、ウォルト・ホイットマンの詩集『草の葉』に所収されている「アダムの子どもたち」(Children of Adam )内の一編の詩のタイトルから採られている。
  • 『何かが道をやって来る』(Something Wicked This Way Comes, 1962年)のタイトルは、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲『マクベス』の第4幕第1場において、洞窟の中に潜んだ3人の魔女のうちの一人がマクベスが近づいたことを察し、“By the pricking of my thumbs, Something wicked this way comes. Open, locks, whoever knocks.”(親指がぴくぴく動く、何か悪いものがこっちに近づいて来るな、抜けろ、かんぬき、誰でもいいぞ)と発した箇所からの引用である。ちなみに、アガサ・クリスティの推理小説『親指のうずき』(By the Pricking of my Thumbs, 1968年)も同じ箇所の台詞から採られている。

映画化された作品[編集]

漫画化された作品[編集]

備考[編集]

  • マイケル・ムーア監督の映画『華氏911』のタイトルはブラッドベリの長編小説『華氏451度』を元にしている。なお、このことについて、当のブラッドベリは「了解もなしに、数字だけを変えて題名を使った」とムーアを非難、映画の内容についても「わたしの意見とは何の関係もない」と難色を示した。
  • カート・ウィマー監督の映画『リベリオン』(原題:Equilibrium, 2002年)は『華氏451度』へのオマージュである。
  • 1992年に発見された小惑星9766番は「ブラッドベリ」と命名されている。
  • キュリオシティ火星軟着陸地点は「ブラッドベリ・ランディング(Bradbury Landing)」と命名された。

出典[編集]

外部リンク[編集]