火星年代記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

火星年代記』(かせいねんだいき、: The Martian Chronicles)は、レイ・ブラッドベリにより書かれたSF小説。単行本としては1950年に出版された。日本語版は早川書房から出版されている。

解説[編集]

26の独立した短編を連ねて1つの長編とした作品である。1940年代に『ウィアード・テイルズ』、『スリリング・ワンダー・ストーリーズ』など数誌に発表された短編群に、書き下ろし作品を加えて成立した。年代記の題名にたがわず、個々の短編には1999年1月から2026年10月までの年月が付されてその順の構成になっている。

地球人の火星への探検、それを受け入れない火星人との対立。突然の火星人絶滅、地球からの火星への植民、地球における全面核戦争と引き揚げ、そして火星に残った人々の人間模様といった、さまざまなエピソードが語られる。火星という舞台と各種SF的小道具を駆使しながらも内容は文明批評、特に当時のアメリカ合衆国を風刺した作品である。

また、1997年には改訂版が発表された。ブラッドベリはこの改訂版のために前書きを新たに書き下ろし、幾つかのエピソードを入れ替え、年代設定を変更している。

ストーリー[編集]

アメリカ合衆国は火星探検隊を乗せた宇宙船を打ち上げるが、第一次から第三次までの探検隊はいずれも火星人の攻撃によって絶滅してしまう。そのことを踏まえ、武装を整えて火星に乗り込んだ第四次探検隊は、廃墟と化した都市を発見する。先行した探検隊が意図せず持ち込んだ伝染病(水痘)により、火星人はほぼ絶滅してしまっていたのだ。

やがて火星への植民が本格化し、大勢の地球人が移住するが、彼らのほとんどは火星人や古代文明には関心を持たず、地球の価値観をそのまま持ち込み、地球人の街を作っていく。ところが、地球で核戦争が勃発すると、ごく一部を除いて人々は地球に戻ってしまう。核戦争は長期化し、地球上の街は壊滅していく。長い時が経ち、地球からなんとか脱出して火星にたどり着いた家族が、新たな「火星人」として生活を始める。

各編の題名(1950年版)[編集]

日本語訳は1から16までを小笠原豊樹、17から20までを木島始、21から26までを森優がそれぞれ担当した。

  1. 1999年1月 - ロケットの夏 (Rocket Summer)
  2. 1999年2月 - イラ (Ylla)
  3. 1999年8月 - 夏の夜 (The Summer Night)
  4. 1999年8月 - 地球の人々 (The Earth Men)
  5. 2000年3月 - 納税者 (The Taxpayer)
  6. 2000年4月 - 第三探検隊 (The Third Expedition)
  7. 2001年6月 - 月は今でも明るいが (—And the Moon Be Still as Bright)
  8. 2001年8月 - 移住者たち (The Settlers)
  9. 2001年12月 - 緑の朝 (The Green Morning)
  10. 2002年2月 - いなご (The Locusts)
  11. 2002年8月 - 夜の邂逅 (Night Meeting)
  12. 2002年10月 - 岸 (The Shore)
  13. 2003年2月 - とかくするうちに (Interim)
  14. 2003年4月 - 音楽家たち (The Musicians)
  15. 2003年6月 - 空のあなたの道へ (Way in the Middle of the Air)
  16. 2004-05年 - 名前をつける (The Naming of Names)
  17. 2005年4月 - 第二のアッシャー邸 (Usher II)
  18. 2005年8月 - 年老いた人たち (The Old Ones)
  19. 2005年9月 - 火星の人 (The Martian)
  20. 2005年11月 - 鞄店 (The Luggage Store)
  21. 2005年11月 - オフ・シーズン (The Off Season)
  22. 2005年11月 - 地球を見守る人たち (The Watchers)
  23. 2005年12月 - 沈黙の町 (The Silent Towns)
  24. 2026年4月 - 長の年月 (The Long Years)
  25. 2026年8月 - 優しく雨ぞ降りしきる (There Will Come Soft Rains)
  26. 2026年10月 - 百万年ピクニック (The Million-Year Picnic)

改訂版[編集]

改訂版では、「ロケットの夏」の年代が「2030年1月」に変更されたことをはじめ、各エピソードの年代がすべて旧版より31年繰り下げられた。また、「空のあなたの道へ」が削除されたうえ、『刺青の男』収録の「火の玉 (The Fire Balloons)」が「2033年11月 - 火の玉」として、『太陽の黄金の林檎』収録の「荒野 (The Wilderness)」が「2034年5月 - 荒野」として、それぞれ挿入された。

日本語版[編集]

テレビドラマ[編集]

1979年NBCBBCの協力を得て短期連続テレビドラマ化が決定された。脚本はSF作家でもあるリチャード・マシスン、監督はマイケル・アンダーソンが担当した。主演はロック・ハドソン。上記の短編「火の玉」も含めて映像化されている。1980年には合計4時間以上の本編を3つのエピソードに分けてオンエアされ、日本でもTBS系列でスペシャルドラマとして放映された。

スタッフ[編集]

  • 監督:マイケル・アンダーソン
  • 脚本:リチャード・マシスン

キャスト[編集]